探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

和室の壁にカビが出来る原因は?カビと汚れの落とし方は?

       f:id:mikasako176:20210810223203j:plain

和室の壁に、いつの間にか出来てしまったカビや汚れを見て、ショックを受けたことはありませんか。
和室の壁がビニールクロスの壁であれば、濡れた布巾などで拭くことのできるので、洗剤などを使用して何とか落とすことができるかもしれません。
しかし、和室の壁が砂壁や塗り壁の場合は水気に弱いので、洗剤でゴシゴシ拭いたりすると壁自体が傷んで、ボロボロとなってしまう可能性があります。
カビや汚れが上手く落ちないで、壁の被害がひどくなり、壁自体の塗り替えが必要となったら大変ですよね。
ところが、そのような砂壁や塗り壁にできたカビや汚れでも、壁自体を傷めずに落とす方法があるのです。
和室の壁に出来るカビの原因と、壁を傷めずにカビと汚れの落とし方についてご紹介します。

 

 

<和室の壁にできるカビの原因は?> 

 

カビは、温度、湿度について、ある条件が揃うことが原因で発生します。

温度・・・温度は5~35℃の間であれば発生し繁殖します。最も活発に活動するのは、20~30℃なので、人間の過ごしやすい温度とカビのお好みの温度がほぼ同じですね。
湿度・・・湿度が70%を超えるとカビは活発になります。じめじめしている湿気のある場所がカビは大好きなのです。

条件としては特別なものではなく、一般の生活の中で湿度が70%を超えるのはよくあることで、部屋の中でホコリや食べ物のカスなどがあると、カビは栄養を吸収してどんどん繁殖してしまいます。
結果的には湿気があれば和室の壁だけではなく、押し入れや家具の裏、浴槽、キッチン、タンスの中、日当たりの悪い場所など色々な場所に発生するのがカビの生態なのです。

 

<和室の壁のカビの落とし方は?>

 

壁を傷めないようにカビを落とす方法です。

①100均やホームセンター、ドラックストアでエタノールを購入します。できればスプレータイプが良いのですが、なければエタノールと別にスプレー容器を購入しましょう。
②カビが繁殖している場所全体に、エタノールをスプレーしてください。壁にいきなりスプレーすると脱色することもあるので、壁の目立たない場所でスプレーして試してから行ってください。
③スプレーをした後に、エタノールを浸み込ませた布巾で、優しくトントン叩いてカビを取っていきます。丁寧に作業することが、カビ落としの秘訣です。

カビを拭き取ります。擦るよりも、トントン優しく叩くと取れやすくなります。


<和室の壁の汚れの落とし方は?>

 

壁の汚れがカビではない場合は、次のように落としましょう。

ホコリ・・・ハタキで軽く払う、掃除機で吸い込む、乾いた布巾や固く絞った布巾で軽く拭きます。基本的に水洗いや濡れた布巾などで拭くと、壁にシミが残ることがあるので避けてください。
手垢、部分的に汚れている・・・乾いたメラミンスポンジで軽く表面を擦って、少しずつ汚れを落としていきます。壁に残ったスポンジのカスは、ブラシ(歯ブラシでも良い)などで取り除いてください。スポンジの代わりに、消しゴムで擦ると落ちることもあるので、試してみましょう。
広い範囲で汚れている・・・スポンジに中性洗剤を浸み込ませて、汚れを浮かすように軽く叩きます。汚れが浮いてきたら、綺麗なスポンジなどで拭き取ります。ゴシゴシと擦ることは、壁を傷める原因になるのでやめましょう。