探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

パラリンピックのパラって何?シンボルマークは何を意味しているの?

f:id:mikasako176:20210815190507j:plain

パラリンピックは、オリンピックと同じく、・・・リンピックと名付けられており、色々なスポーツをするオリンピック的な大会だというのは、皆さんご存知ですよね。

でも前段の文字「パラ」と「オ」の違いは何だろう?
シンボルマークもオリンピックとちょっと違うけど、由来と意味は何だろう?と思いませんか。

そのようなことに興味を持った方に、パラリンピックの「パラ」と言う文字と、シンボルマークについて、由来と意味などをご紹介します。

 

パラリンピックの起源はいつ?

パラリンピックの起源は、1948年にイギリスの公共病院であるストーク・マンデビル病院で行われたアーチェリー競技会と伝わっています。

この競技会は、ストーク・マンデビル病院でリハビリを受けている第二次世界大戦の負傷者で、脊髄を損傷して車椅子状態になった患者、男子14人、女子2人によって、ロンドンオリンピック開会式と同日(7月28日)に行われました。

このときは、負傷兵のリハビリを目的に始められたのです。

この競技会は、毎年開催を続けているうちに参加者も増え、イギリス以外の国も参加するようになり、1952年には国際大会として、「第1回国際ストーク・マンデビル競技会」が開催されました。

 

パラリンピックの「パラ」の語源と由来は?

 

パラリンピックという名称は、「paraplegia(パラプレジア:脊髄損傷による下半身麻痺)」と「Olympic(オリンピック:総合競技大会)」を合わせた造語です。

1953年頃にはパラリンピックという言葉が使用されていますが、名称の由来ははっきりしないようです。

そして、1960年のローマオリンピックが開催されたローマで、第9回国際ストーク・マンデビル競技大会が開催され、この大会が現在では、「第1回パラリンピック」と呼ばれています。

初めてオリンピックとパラリンピックが、同年、同都市で行われたということですね。

この国際ストーク・マンデビル競技大会では、各大会で「愛称」を付けることがあり、1964年東京オリンピック開催年の東京大会では「パラリンピック」という愛称が考案されました。

でもこの時は、第13回国際ストーク・マンデビル競技大会と他の障害者の大会は別でした。

1985年になって初めて「パラリンピック」が正式名称になり、併せて半身不随者以外の障害者も参加する現在のような障害者全体の競技大会になりました。

そして、パラリンピック(パラプレジアオリンピック)を「ギリシャ語のPara(パラ:平行)+オリンピック」として、もう一つのオリンピックという解釈をすることに決めたのです。

 

パラリンピックシンボルの由来と意味は?

f:id:mikasako176:20210815190518j:plain

1985年にパラリンピックが正式名称になり、1988年のソウル大会で使用されたシンボルは、青、赤、黒、緑、黄の五色でしたが、デザインはオリンピックのリングではなく、雲のような形のマークでした。

でもオリンピックシンボルと紛らわしいので、1994年リレハンメルパラリンピックから、赤、青、緑の三色に変更し、心(スプリット:赤)・肉体(ボディ:青)・魂(マインド:緑)を表すようにしたのです。

また、2004年アテネパラリンピックからは、雲形から現在の三つの三日月型に変更されました。