探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

アルミホイルはどっちが表裏?光沢の差はなぜ?トースターに敷くのは?

f:id:mikasako176:20210817235005j:plain

アルミホイルは、ほとんどの家庭に常備されて、食品や調理品を包んだりする、とても便利なお台所アイテムです。

そのアルミホイルを箱から取り出すと、ピカピカ光る面と光らない面が出てきます。

どっちが表かというと、イメージ的に光る面のほうを表と思う人が多いでしょうが、本当にそうなのか確認したいですよね。

そこで、アルミホイルの裏表はどっちか、光沢に差がある理由は何かについて調べました。

また、トースターで調理をするときにどちらの面を敷くのかについても調べましたので、併せて解説いたします。

 

アルミホイルはどっちが裏表なの?包む時に使うのはどっちの面?

 

同じように、食材や調理品を包むアイテムにラップがあります。

ラップの場合は見た目で裏表の判断はできず、手で触った感覚も変わらないので、どちらが裏表かというような意識を持たないで使用しますよね。

でも、アルミホイルの場合はラップと違い、光っている面、光っていない面の二面があるのが、裏表はどっちだろう?と悩む理由です。

では、調べた結果を言いましょう。

アルミホイルの面は、光沢が有る、光沢が無いという差はありますが、どちらかが裏表という決まりはありません。

また、性能的にも優劣の差はないので、どちらの面を使っても、まったく問題は無いということでした。

 

アルミホイルには、なぜ光沢の差があるの?

 

アルミホイルの面に光沢の差があるのは、製造方法に理由があります。

アルミホイルを制作するには、薄いアルミ板を2本の大型ロールで挟み込み、回転させて薄く引き伸ばすことを何回も繰り返します。

この引き延ばすアルミ板は、重なる面が接着しないように油を塗った2枚重ねのものを使用します。

そして、1枚が約0.01mmになったときに2枚を引き剥がすと、極薄の2枚のアルミホイルが出来上がります。

このときに、ローラーが当たる面はピカピカツルツル、2枚が重なっていた面は、ごく小さな凸凹ができ、光を乱反射して光沢の無い面が出来上がります。

 

トースターを使う時は、どっちの面を敷くと良いの?

 

f:id:mikasako176:20210817235122j:plain

このことも結果は同じで、アルミホイルには裏表が無く、性能は変わらないのでどっちを敷いても構いません。お好きな面を選んでください。

意見として、光沢の無い面には小さな凸凹があるので、物が焼けるのに差があるのでは?と言う人もいないわけではありません。

でも、実際に目に見えないような凸凹なので、差はほとんど無いのです。

ところで、アルミホイルを使用するときは、光沢のある面を外側(見えるほう)にしたほうが、ピカピカして綺麗だと思いませんか。

料理も見た目が肝心なので、おにぎりやホイル焼きなど、何らかの物を包むときは、光沢のある面を外側に、光沢の無い面は内側にした方が美味しそうですよ。

どちらの面を使用しても変わらないのなら、ピカピカと光沢のある面を外側と自分で決めてしまいましょう。

これでどっちが裏表なの?と悩むことは無くなりますよ。おすすめします。