探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

マスクの暑さ対策はなに?ハッカ油のスプレーは暑さ対策として有効?

f:id:mikasako176:20210818164145j:plain

コロナ対策で、外出するときや人と会う時には、マスクを必ず着用することが推奨されています。

でも夏の暑い時期にマスクを着用していると、マスクが蒸れたり、暑くなったり、息苦しくなったりとか困りごとも増えてきて、いやになってしまいますよね。

そこで、ちょっとした工夫やアイテムで、マスクの暑さ対策を行ってみませんか?

マスクの暑さ対策としての着用方法、ハッカ油のスプレーによる暑さ対策や作り方をご紹介します。

 

マスクの暑さ対策、夏の暑い時期はどうする?

 

f:id:mikasako176:20210818164223j:plain

コロナ対策でマスクが有効だとしても、どこでもマスクを着用していると、口の中や顔の温度もたかくなり、あまりの暑さに熱中症になるかもしれないという心配もあります。

また、外気温が高くなると、マスク内で吐いた息や汗などで湿気がこもってきます。

そうすると、マスクがベトベトと口を塞いで息苦しくなることで、心臓や呼吸器系の疾患を持っている人などは、体調がわるくなるリスクも高まります。

そのようにならないため、次のような暑さ対策を行いましょう。

・屋外に出た時に周りに人がいない、人とは遠く離れているきは、マスクを外してみましょう。

・冷感素材の夏マスクや、通気性が良く吸湿速乾タイプのマスクを着用します。

・冷えたタオルや冷感シートなどで、首元を冷やします。
・小型扇風機や瞬間氷スプレーなどの夏対策グッズを使用します。

・体調管理を行い、調子が悪い時は外出しないようにします。

・小まめに水分を摂るようにします。喉が渇かなくても、少量ずつ定期的に飲みましょう。

・マスクにハッカ油のスプレーをして、清涼感を得ます。

 

マスクの暑さ対策にミントやハッカ油スプレーが効果的?

 

f:id:mikasako176:20210818164251j:plain

マスクの暑さ対策の中で、ハッカ油のスプレーが人気を集めています。

ハッカ油とは、シソ科ハッカ属の多年草の葉から抽出される油で、清涼感を感じるメントールが豊富に含まれており、お菓子などの食用品のほか、生活用品、タバコなどの香料として使用されています。

また、医療品としても清涼感、解熱、発汗、健胃などに効果があると言われています。

他にも、ハーブとしても防虫、防臭、除菌効果まであるというのが凄いですね。

そして、夏の暑い時にはこのハッカ油スプレーをマスクにシュッと一吹きすると、爽やかな香りと清涼感で、マスクの不満を和らげてくれます。

ネット界でもこの清涼感効果が話題になり、ハッカ油が店舗から不足気味になっているようです。

 

マスクの暑さ対策、ハッカ油スプレーの作り方は?

 

f:id:mikasako176:20210818164324j:plain

ハッカ油スプレーには市販されているものもありますが、簡単に作ることができるので試してみてはどうでしょうか。

(ハッカ油スプレーの作り方)

材料(100cc当たり):100均でも買える100cc以上入れることができるスプレーボトル、無水エタノール10cc、ハッカ油、水90cc

①スプレーボトルに無水エタノール10cc、ハッカ油5~10滴、みず90ccを入れかき混ぜます。

②試しにスプレーしてみてください。臭いや刺激を確認して、ハッカ油の量を調節します。

③マスクにシュッと一吹きして、お好みの清涼感を感じたら出来上がりです。
ただし、ハッカ油で熱中症を防ぐことはできないので、暑さ対策のほうもしっかり行ってくださいね。