探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

野幌森林公園は楽しい!3 エゾフクロウの樹洞の中はどうなってる?

<樹洞を除くと> 

f:id:mikasako176:20210823101938j:plain

野幌森林公園の中には数多くの樹洞があり、その中にはエゾフクロウが巣作りに利用しているものや、お休み場所にしているものもあります。

それらの樹洞は、遊歩道から外れているものが多く、また樹洞も高い位置にあるので、中々中を見ることができません。

ところが、過去に遊歩道を歩いていた時に、エゾフクロウがいたという有名な樹木が倒れているところに遭遇して中を見ることができたので、報告します。

 

 

エゾフクロウがアライグマに襲撃された樹洞が倒れた!

 

f:id:mikasako176:20210823102042j:plain

場所は、瑞穂園地から開拓の村へ向かう「瑞穂線」の途中の高台にあった樹木です。

この樹木の樹洞は、遊歩道から見ることができ、エゾフクロウが巣にしていたので有名でした。

しかし、いつしかアライグマの襲撃を受けたのが原因で、エゾフクロウの姿を見ることができなくなったらしいです。

でも、ひょっとしたらエゾフクロウが戻ってきているのでは?と近くを通ったときは、思わず見上げて確認してしまう樹洞でした。

ところが、ある冬遊歩道を歩いていると、あれ!いつもの樹洞が見えない!どうして?

周りをみると、なんと樹洞のある樹木がゴロリッと倒れているではありませんか。

 

樹洞の中身はどうなっているの?

 

f:id:mikasako176:20210823102158j:plain

これで、エゾフクロウのいた有名な樹木も無くなってしまった。

とボーッと眺めていましたが、よく見ると樹洞が丸見え状態なのに気が付きました。

そういえば、樹洞の中はどうなっているのだろう?と好奇心がわき、近寄って撮った写真が今回の写真です。

<上から覗くとこんな感じです>

f:id:mikasako176:20210823102230j:plain

なんと、中身はほとんど樹皮だけのような空っぽの状態でした。

まるで煙突のような樹洞ですが、ここで育った雛鳥は、時期が来るとうまく樹洞を上って巣立ちをしたようですね。

 <下から覗くと向こうに日差しが見えます>

f:id:mikasako176:20210823102457j:plain

住みやすい樹洞はアライグマもお気に入り?

 <同じ樹洞にアライグマとエゾフクロウ エゾユズリハコース>

f:id:mikasako176:20210823102754j:plain

野幌森林公園には、買いきれなくなったアライグマを捨てたことや、飼い主の元を逃げ出したアライグマが繁殖して、現在も多くのアライグマが住んでいます。

夜に私の家の庭にも表れたことがあり、びっくりしました。

このアライグマは狸のような姿をしていますが、気性は正反対で気は荒く、人にはほとんど懐きません。アニメの可愛いイメージとは程遠く、畑の作物などを荒らすという害獣です。

このアライグマも大きな樹洞が大好きで、かなり高い樹洞であっても上手く木を登ってねぐらにします。

空っぽの大きな樹洞がお好みと言う、エゾフクロウと巣争いで競合してしまいます。

でも10~15kgの体重がある雑食性のアライグマには、全長約50㎝のフクロウは負けてしまいます。

そのため、フクロウが居そうな樹洞でも、実際にはアライグマが住んでいることもあります。

しかし、同じ樹洞を利用しているからといって、アライグマがエゾフクロウを追い出したとは限りません。

エゾリスが巣を放棄したあとに、偶然アライグマが住むこともあるからです。