探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

野幌森林公園は楽しい!6 珍しい植物をみつけた!(1)

6 <チョウセンゴミシ

f:id:mikasako176:20210829170518j:plain

野幌森林公園を散策していると、珍しい花や植物を見つけることがあるので楽しいですね。

ところが次の年に行ったら、今年は姿が見えないというものもあります。

その年だけ偶然に発生したものもあれば、ひょっとしたら盗掘されたのかな?というものもあります。

今回は、以前あったけど、現在は同じ場所にはないというものを、一部ですがご紹介します。

 

 

中央線のキツネノロウソク

 

これは8月7日に中央線を大沢口から基線方面へ歩いているうちに右側の林の中で見つけたものです。

キツネノロウソクは、スッポンタケ科のキノコで、直径2㎝位の卵状のものから生えていました。長さは約10㎝くらいですね。先端はこげ茶の粘液が2㎝位付いています。

確かにロウソクのように見えます。

キツネノエフデは先が赤く短いですが、キツネノロウソクの方が少し長いですね。

<キツネノロウソク>

f:id:mikasako176:20210829170810j:plain

 

大沢コースのチョウセンゴミシ

 

大沢コースの途中のベンチのそばにあります。現在は樹木が茂ってちょっと場所がわからない状態です。

チョウセンゴミシは、マツブサ科の植物で小さくて赤いぶどうのような実がなり、漢字で書くと朝鮮五味子になります。食べると5つの味がするといいますが、食べたことは無いです。

写真は10月26日に撮ったのですが、その時はまったく気がつきませんでしたが、後ろにでっかいスズメバチの巣があったのです。いやー危なかった。

秋だったので、スズメバチも巣から出て空っぽだったので刺されないですみました。

私は以前、富山県のアルプスでハチに刺されて、腕がポパイのように腫れたことがあるのです。

ハチに2度刺されるとアナフィラキシーショックで、大変なことになったかも・・・。

f:id:mikasako176:20210829170852j:plain

 

四季美コースのヤマハハコ

 

大沢園地から四季美コースを南方向へ向かい、大沢の池を超えた右側にありましたが、詳しい場所を失念してしまいました。通路からすぐの場所でしたよ。

過去の大強風で野幌森林公園の樹木が大規模に倒れてしまったので、目印が無くなってしまいました。そのうち思い出すでしょう。

ヤマハハコは、キク科で高さ30㎝~70㎝の多年草です。1個所に密生します。

ました。

ヤマハハコ>

f:id:mikasako176:20210829170928j:plain

 

瑞穂の池のネジバナ

 

瑞穂の池の高い階段のふもとに群生していましたが、現在は数本だけになってしまいました。

高さ10㎝から30㎝で、らせん状のピンクの花がとても可愛らしいですよ。

気が付かないで踏まれて、だいぶ無くなってしまいました。

ネジバナ

f:id:mikasako176:20210829171031j:plain

 

下野幌線のサンカヨウ

 

中央線から下野幌線に入ると道の両サイドに何カ所か咲いている場所がありましたが、毎年楽しみにしていた一番大きな株が盗まれてしまいました。

現在は、運が良ければ左右の側溝のそばに数株確認できるかもしれないです。

高さ30㎝~のくびれ状の切り込みの入った大きな葉が特徴です。

花が落ちてしばらくすると直径1㎝ほどの果実がなります。

サンカヨウ

f:id:mikasako176:20210829171124j:plain