探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

雨の日の洗車は正解?拭き取りやコーティングしたい場合はどうする?  

 

f:id:mikasako176:20210830095827j:plain

イカーを洗車するときは、ほとんどの人は天気の良い日を選び、わざわざ雨降りの日に、洗車する人はいないと思っていませんか?

でも、晴れの日よりも雨の日に洗車をする方が、メリットがあると言って、あえて雨の中で洗車をする人もいるのですよ。

その人達が雨の日に洗車をするという、メリット・デメリットは何でしょうか。

また、雨の日洗車で拭き取りは必要か?またコーティングしたい場合はどうするか?についてご紹介します。

 

雨の日の洗車のメリット・デメリットは?

 

f:id:mikasako176:20210830095931j:plain

雨の日洗車のメリット・デメリットは、晴れの日洗車との比較になると思います。

(メリット)

・雨によって砂ホコリがある程度流される。

・鳥の糞や虫汚れなど付着した汚れが柔らかくなり、落としやすい。

・洗車前に水をかける必要が無いので、晴れの日よりも水道代がかからない。

・洗い流す水道水が少なくてすむので、水道水のカルキが原因の水垢が付きにくい。

・拭き取りをしなくても良い。

(デメリット)

・雨降り対策で長靴や傘、カッパを使うと、洗車の作業がしづらい。

・洗車後のワックスがけは出来ない。

・洗車をするときに合わせて、車内掃除をすることはできない。

・拭き取りすることはできない。

メリット・デメリットを考えると、単純に車の汚れだけを落としたい場合であれば、雨の日洗車の方にメリットがあります。

車の汚れ以外を考えると、個人の好みによるでしょう。

雨の日に自分で洗車するのがいやな人は、雨で汚れが落ちたあとに、スタンドなどの洗車機を使うという方法もあります。

 

雨の日に洗車したあと、拭き取りは必要か?

 

f:id:mikasako176:20210830100024j:plain

結論を言うと、雨の日洗車で拭き取りは必要ありません。

晴れの日に洗車をしたときは、洗い終わったあとの水滴をそのままにしておくと、空中のチリやホコリが付着してシミのようになってしまうことが多いです。

ところが、雨の日の空中にはチリやホコリは飛んでいません。

そのため、洗車をしたあとにシミになる恐れはほとんどなく、拭き取る必要は無いというのが理由です。

どうしても拭き取った方がスッキリするという人は、車庫に入れるときに、ホコリが付かないように車庫の中でサッと拭き取ったほうが良いでしょう。

屋外駐車場の場合は、雨が止んでからサッと軽く水で流してから拭き取ると良いですよ。

 

雨の日にコーティングをする方法は?

 

f:id:mikasako176:20210830100047j:plain

コーティングをすると、ボディ表面の小さな傷を被膜が覆い滑らかになり、花粉・鉄粉・ホコリ・などの汚れが付着しづらくなるので、水をかけるだけでも汚れを落とせるようになります。

しかし、コーティングは一度車を乾かさないとならないので、雨の日の屋外ではできません。

無理して雨の日にコーティングを行ったとしても、水と混ざってベトベトになってしまい、車表面の防護効果が低くなってしまいます。ワックスも同じですね。

どうしてもコーティングをする必要がある場合は、雨の当たらない場所や車庫の中で水分を拭き取ってから行うようにしましょう。