探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

巻き爪が痛い場合のケアはどうする?爪切りには電動やすりがおすすめ?

f:id:mikasako176:20210905172801j:plain

巻き爪とは、爪が曲がって皮膚に食い込んでいる状態のことで、時には痛みが発生します。

そして、巻き爪による痛みをかばって歩くことで、姿勢も悪くなります。

ほっておくと爪の痛みだけではなく、歩き方のせいで膝や腰まで痛くなってしまいますよ。

そのような巻き爪には、日頃からのケアや爪の切り方が大事です。

また、巻き爪を切るには一般的な爪切りではなく、電動爪切り・やすりを使用することがおすすめです。

今回は、巻き爪のセルフケアと、巻き爪を切るために電動爪切り・やすりを使用するメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

巻き爪に対するセルフケアは?

 

f:id:mikasako176:20210905172832j:plain

巻き爪の痛みは、ほっておくと炎症から化膿してしまい、細菌感染などを起こし、痛みがどんどん増す恐れもあります。

巻き爪にならないように、日頃からのセルフケアを心掛けましょう。

爪切りはスクエアカットにする・・・爪切りを深爪することは、巻き爪になる原因の一つです。爪はある程度伸ばして、爪の角を残して四角い状態にカットするスクエアカットにします。

爪の角を切ると、丸くなって皮膚に食い込みやすくなってしまいます。

姿勢正しく歩く・・・爪を圧迫しない適正な大きさの靴を履きます。また、足指がしっかり地面に着くように歩きます。足指にしっかり力が入れば、爪は平な状態を保ちます。

 

巻き爪で痛い時の応急措置は?

 

f:id:mikasako176:20210905172927j:plain

巻き爪で痛い時は、爪の食い込みによる炎症がほとんどです。

痛みが軽度で炎症や化膿を起こしていないときの応急措置には、主に次の方法があります。

テーピングする・・・バンドエイドなどの伸縮性のある絆創膏を、爪の際から皮膚を引っ張るように巻いて、爪と皮膚の間を広げます。爪の食い込みが緩和され、痛みが和らぎます。

コットンでパッキングする・・・コットンを米粒サイズに小さく丸めて、爪と皮膚の間に挟みます。爪と皮膚の間が広まり、痛みが軽減されます。

セルフケアや応急措置でも痛みが軽減されず、炎症・化膿がひどい場合や、先天的に巻き爪になりやすく痛みが慢性的な方は、悪化する前に専門の医療機関で診断・治療してもらうことをおすすめします。

 

電動爪切り・やすりの爪の切り方は?

 

f:id:mikasako176:20210905172959j:plain

巻き爪の病院での治療などでは、ニッパーを使用することが多いです。

しかし、一般的な素人にニッパーを上手く扱える人は、多いわけではありません。

また、普通の爪切りでは、巻き爪を上手く切ることはできません。

そのような時は、爪切りを電動にしてみましょう。

電動で爪を切る器具には、ロータリータイプとやすりタイプがあります。

ロータリータイプ・・・刃がロータリー式で、回転することで爪を削ります。

やすりタイプ・・・刃先がやすり状で、平面、円柱、円錐、大小などの色々な形のやすりで、爪を削ります。肉厚、変形、巻き爪などの爪を削るのに適しています。

 

電動爪切り・やすりを使用するメリット・デメリットは?

 

(メリット)

電動なので力を入れる必要がない・・・お年寄りから女性、子供、力の弱い人でも爪を削れます。

深爪することは無い・・・切るというより少しずつ削るので、爪をいきなり深く切ることはありません。

爪を切る恐怖感がない・・・パッチンと切るのではなく静かに削るので、恐怖感はまったくない。

指を傷つけない・・・刃先が爪しか削れない構造なので、指を削ることや挟むことはありません。

刃が直接指に触れない・・・赤ちゃんや介護の爪切りにも安全に使用できます。

削った爪は飛び散らない・・・本体に収納され、後でまとめて処理できます。

スピート調整ができる・・・ゆっくりとマイペースで爪を削れます。

ライト付きもある・・・照明が暗くても使用できます。

(デメリット)

価格が高い・・・電池代、充電代など電気代もかかります。

時間がかかる・・・少しずつ削るので、一般の爪切りより時間がかかります。

 

普通の爪の方は、一般的な爪切りを使用することで全く問題は無いと思います。

しかし、多少の価格の高さはあったとしても、巻き爪の方、赤ちゃんやお年寄り、介護を必要とする方には安全に爪を削れる電動爪切り・やすりをおすすめします。