探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

乾電池の液漏れ!危険性があるのはアルカリ電池?液漏れは復活できるの?

f:id:mikasako176:20210914142029j:plain

乾電池式の電気器具がスイッチを入れても動かないので、蓋を開けたら電池が液漏れを起こしてボロボロになっていたということがありますよね。

そのような場合、電池を取り換えて、ボロボロになった部分を布切れなどで拭いて、そのまま使おうとする人が少なくありません。

でも、ちょっと待ってください。その行動には危険性があります。

乾電池の液漏れ、特にアルカリ電池の危険性、また液漏れした電池は復活できるのかについて、調査しましたのでご報告します。

 

 

乾電池の液漏れの危険性!触るとどうなるの?

 

乾電池は、長期間使用しないままだと、劣化したり錆びたり、ショートしたり、温度変化などで起きる化学反応で、乾電池内部に大量のガスが異常発生することがあります。

その状態で圧力が増え続けると破裂することや、発火する恐れがあるので、一定以上の圧力を超えると安全のため、乾電池内のガスが抜ける仕組みになっているのです。

そしてガスが抜けるときには、電池内部の電解質まで漏れてしまいます。

液漏れには、液体状になっているものや、粉末状になっているものがあります。

電池の種類によって電解質の種類が異なりますが、有毒性があるので素手で触ったり、目に入ったりすると、皮膚や目が傷つく恐れがあり危険なのです。

f:id:mikasako176:20210914142119j:plain

 

マンガン電池よりもアルカリ電池の方に危険性があるの?

 

水漏れに関しては、マンガン電池よりもアルカリ電池の方に危険性があります。

マンガン電池の電解質・・・塩化亜鉛水溶液。弱酸性で触れると皮膚が傷つくことや、目に入ると損傷する可能性があります。肌に触れたときは、大量の水で洗い流します。目に入ったときは、擦らないようにして大量の水で洗い流し、医師の診断を受けるようにします。

アルカリ電池の電解質・・・水酸化カリウム。非常に強いアルカリ性で、皮膚に触れると化学やけどや目に入ると失明する可能性があります。手や皮膚に触れた時は、大量の水で洗い流してください。目に入ったときは擦らないようして、すぐ大量の水で洗い流し、出来るだけ早く医師の診断を受けるようにします。

このようにマンガン電池もアルカリ電池も人体に有害ですが、アルカリ電池の方がより有害で、危険性が高いのです。

また、アルカリ電池の方が液漏れしやすいと言われています。

一般家庭では、マンガン電池よりもアルカリ電池の方が多く使われているので、素手で液漏れに触らないように注意してください。

f:id:mikasako176:20210914142147j:plain

 

乾電池の液漏れは復活できるのか?

 

結果から言うと、液漏れを起こした乾電池は再使用してはいけません。

すでに乾電池としての機能は無く危険なので、ティッシュなどに包んで、液や粉が周りに飛び散らないようにして処理してください。

復活とは、液漏れした電池器具の方の再使用のことだと思ってください。

ある程度の液漏れの場合は、主に次の方法で復活できます。

①電池を外す・・・液漏れが飛び散らないように注意して、ゴム手袋などを付けて電池を外します。

②端子を清掃する・・・端子が外れる場合は外して、水洗いしてやすりをかけます。外せない場合は、水に濡らした綿棒や布、歯ブラシなどで清掃し、こびり付いたさびは、ドライバーや小さいやすりで丁寧に落とします。

③清掃後、接点復活スプレーを使う・・・接点部分にシューとスプレーします。

④電池をセットします・・・清掃が完了したら、新しい電池を入れて復活を確認してください。

f:id:mikasako176:20210914142219j:plain