探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

アドレスホッパーの宿泊先は?納税・郵便物の受け取りは?

f:id:mikasako176:20210915114205j:plain

近年、「アドレスホッパー」という言葉を耳にする機会が増えました。

アドレスホッパーとは、特定の住所を持たずに、さまざまな場所を転々としながら生活する人々を指します。

ゲストハウス、シェアハウス、マンスリーマンション、ホテル、民泊などを拠点に、仕事や趣味、人間関係など、様々な側面で自由と刺激を求めています。

(アドレスホッパーとは?)

アドレスホッパーの生活スタイルは人それぞれですが、一般的には以下のような生活を過ごします。

①定住地を持たない

・・・定住地という概念はありません。

都市から田舎、国内から海外まで、居住地を自由に選び、短期間で転々とします。

これにより、多様な文化や生活環境を体験することができます。

②宿泊するのは有料施設

・・・ビジネスホテル、カプセルホテル、サウナなどの有料施設で宿泊し、サービスを受けます。

宿泊期間は、数週間から数ヶ月単位で滞在場所を決めます。

③職業を持っている

・・・無職ではなく、何らかの職業を持っています。

多くのアドレスホッパーは、インターネットを通じた仕事やフリーランスの仕事を中心に行います。

これにより、物理的なオフィスに縛られることなく、どこにいても仕事ができるという自由があります。

ミニマリストの傾向

・・・定住しない生活スタイルのため、持ち物は必要最低限に抑えることが求められます。これにより、シンプルで身軽な生活を実現しています。

旅行を楽しむ

・・・空いた時間は旅行に出かけ、観光を楽しんだり、新しい土地を探検したりします。

⑥税金も支払っている

・・・国民の義務である納税はしっかり行っています。

新しいライフスタイルと言われるアドレスホッパーですが、どんな生活なのか気になりますよね。

そこで今回は、アドレスホッパーの宿泊先、生活、職業のほか、住民税をどのように納税しているのか、郵便物の受け取りはどうしているのかなどをご紹介します。

アドレスホッパーの宿泊先、職業は?住民票はどうしてるの?

f:id:mikasako176:20210915114228j:plain

(宿泊先)

①基本的に有料施設

・・・アドレスホッパーは、定住する家を持たずに様々な場所を転々としながら生活するため、宿泊先は様々です。

一般的には以下のような施設を利用します。

基本的に有料施設がほとんどで、それらの宿泊施設などで暮らしながら仕事をするわけです。

シェアハウス・・・短期滞在が可能なシェアハウスは、費用を抑えつつ交流の場も提供してくれるため人気です。

ウィークリーマンション・マンスリーマンション・・・週単位や月単位で借りられるマンションは、安定した住環境を提供します。

民泊・・・個人が提供する宿泊施設で、様々な場所やタイプの宿泊先を選べます。

ホステルやゲストハウス・・・安価でコミュニティ感のある宿泊先です。

バックパッカーにも人気があります。

ホテル・・・短期間の滞在や特定の地域での仕事がある場合に利用されます。

(宿泊費)

①宿泊費はかかるが、光熱費はかからない

・・・宿泊費については、1泊3千円のホテルなどに宿泊すると、1か月9万円になりますが、光熱費などがかかりません。

そのため、都会の家賃の高いアパートに住むより、生活費が抑えられることもあります。

②1ヵ月の宿泊費

アドレスホッパーの宿泊費は、選ぶ滞在先や地域、滞在期間によって大きく異なります。

以下に、一般的な宿泊先ごとの宿泊費の目安を紹介します。

シェアハウスシェアハウス
他の住人と共用のスペースをシェアするため、比較的安価です。

・都市部(東京、大阪など): 月額30,000円〜80,000円

・地方都市: 月額20,000円〜50,000円

ウィークリーマンション・マンスリーマンション

週単位や月単位で借りられるため、短期間の滞在に適しています。

・ウィークリーマンション: 1週間あたり30,000円〜80,000円

・マンスリーマンション: 1ヶ月あたり80,000円〜150,000円

民宿

民宿は、宿泊先の種類や場所によって大きく料金が変動します。

・1泊: 3,000円〜20,000円

ホステルやゲストハウス

ホステルやゲストハウスは、安価でコミュニティ感のある宿泊先です。

・ドミトリールーム(相部屋): 1泊2,000円〜5,000円

・個室: 1泊4,000円〜10,000円

・月額料金: 月額40,000円〜100,000円

ホテル

ホテルは、短期間の滞在に適していますが、コストが高めです。

・ビジネスホテル: 1泊5,000円〜10,000円

・中級ホテル: 1泊10,000円〜20,000円

・高級ホテル: 1泊20,000円〜50,000円

(職業)

①テレワークができる職種が多い

・・・職業としては、デザイナー、エンジニア、プログラマー、ライター、webディレクターなど、リモートワーク、テレワークで仕事が完結できる職種が多いです。

(納税は?)

納税の義務は生じます

・・・アドレスホッパーといえども、納税の義務は生じます。

当たり前ですが、適切に納税は行います。

(住所は?)

①住民票は必要

・・・健康保険、貯金、キャッシュカード、運転免許証など、生活上これらの手続きには、住民票が必要となります。

(住民票は?)

①実家に住民票を置いているのが多い

・・・定住していないとしても、どこかに住民票を置かないと、何らかの申請や契約などができないのが現状です。

そこで、ほとんどのアドレスホッパーは、実家に住民票を置いているようです。

また、住民票を置くことのできるコリビングサービスやシェアオフィスなどを契約している方もいます。

Amazon.co.jp限定】旅行便利グッズ バッグとめるベルト ブラック×ブラック 48~64(調節可)×6cm
HomeFirst 圧縮バッグ 6点セット ファスナー スペース50%節約 トラベルポーチ セット 収納 衣類仕分け 旅行 出張 多機能 簡単 軽量 便利グッズ (ブラック)

アドレスホッパーの住民税は?支払いはどうしているの?

f:id:mikasako176:20210915114246j:plain

(税金の支払いはどうしている?)

納税の義務憲法で義務づけられており、納税によって公共サービスを受けているので、住所が定まっていないとしても課税されます。

納税の義務は守る)

課税は、税務署の公示によって本人通知されたことになるので、住所を転々としているから納税通知書を見ていないと言っても通用しません。

納税しないままだと、督促状が送付され、その後給料や財産の差し押さに発展することがあります。

アドレスホッパーの方は、居住場所を転々としがら仕事をしているだけで、納税から逃れようとしているわけではありません。

ほとんどの方は、実家などに住民票を置き、その土地の住民税率に基づき納税行っています。

住民票を安定した住所に置くことで、住民税の支払いがスムーズに行えます。

アドレスホッパーのアジア暮らし ペナン、ジョムティエン、ダナン ペーパーバック

スナフキンのライフスタイル: 憧れのアドレスホッパー Kindle版

アドレスホッパーの郵便物はどこで受け取るの?

f:id:mikasako176:20210915114302j:plain

一般の人が気になるのは、宿泊場所が転々としているので、郵便物の受け取りはどうしているのだろうということではありませんか?

郵便物だけではなく、宅配についても同じですよね。

実家に住民票を置いている場合は、実家に届くので後で取りに行くことができます。

でも、実家が遠い場合などは取りに行くのは大変ですよね。

(郵便物を受け取る方法は?)

アドレスホッパーの方は、主に次の方法を使い分けて郵便物や宅配を受け取っています。

①会社

・・・郵便物、宅配ともに会社に送ってもらう。

私書箱

・・・郵便物を郵便局の私書箱(6か月以上使用する方)を利用する。

③局留め

・・・郵便物を郵便局の局留めを利用する。

④日時指定で受け取る

・・・宅配を現居住場所で、日時指定で配達してもらう。

⑤宅配会社

・・・宅配を宅配会社の支店などで受け取る。

⑥コンビニ

・・・宅配を近くのコンビニで受け取る。

iHouse all 海外変換プフグ コンセ ント変換プフグ マルチ変換プフグ 2U SBポート 全世界対 応 経済産業省承認 正規保証1年
[New Trip] スーツケース キャリーケース キャリーバッグ 拡張機能付 耐衝撃 超軽量 大型 静音 ダブルキャスター TSAローク搭載 ファスナータイプ

まとめ

アドレスホッパーは、独身のときに経験するのであれば面白そうですが、家庭を持つとちょっと難しいと思います。

でもこのような生活があることは、勉強になります。