探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

野幌森林公園は楽しい!27 アオサギはどこへ行った?

f:id:mikasako176:20211006160912j:plain

アオサギコロニー

江別市には現在アオサギコロニーがあり、アオサギの巣をたくさん見ることができます。

空を見上げればアオサギが飛んでいると言ってもいいぐらい・・・います。

このコロニー以外にも、アオサギは飛び回っているので、野幌森林公園の中にも、結構ボーっと立っていることがあります。

元々野幌森林公園の中にアオサギコロニーがあったのですが、アライグマの襲撃などが原因で他の場所(江別市・札幌市)へ引っ越ししたそうです。

今回は、野幌森林公園散策の途中で見かけたアオサギをご紹介します。

 

 

原の池の奥の広場に立っていた

 

f:id:mikasako176:20211006160958j:plain

ボーっと立っているアオサギ

アオサギは、いつもと同じ場所に立っていることがあります。

アオサギは全長1mぐらいある大型の野鳥で、羽をひろげたら1.5m以上あります。

日本のサギの中では、最大の大きさがあります。

確かに近くで見ると、かなり大きいのがわかります。

その大型で結構目立つアオサギは、一時期原の池の奥の方に立っている時期がありました。

その頃は、原の池にカワセミを見に来る人が多かったので、ちょっと奥の人がいないところで小魚を食べていたのでしょう。

アオサギは隠れているつもりだったかもしれませんが、原の池の広っぱからは丸見えでした。

f:id:mikasako176:20211006161052j:plain

たまに人に見えることがあります

 

瑞穂の池にも現れます

 

f:id:mikasako176:20211006161154j:plain

小島にぽつんと一羽

瑞穂の池は大きな池ですが、池の中央部には、人一人立てるくらいの小さい島があります。

この場所に、たまにアオサギが立っているのを見ることがあります。

遠くから肉眼で見ると、小島の上に立っている鳥がいるみたいと思ったら、アオサギがいるというのは定番です。

池の岸からはかなり離れているので、望遠カメラでないと写真は撮れません。

望遠鏡があれば、姿は見えます。

瑞穂の池では、アオサギが優雅に飛んでいる風景を見ることがあり、向こう岸の木の上にとまっているのも見かけます。

f:id:mikasako176:20211006161239j:plain

優雅な飛び方をします

 

日光浴をするアオサギ

 

f:id:mikasako176:20211006161323j:plain

変わったポーズの日光浴

アオサギに限らず、鳥をよく見ていると、天気の良い日に日光浴をしています。

変な恰好ですが、ユーモラスな姿を見ると、何かゆったりとした気分になり落ち着きますね。

どんなポーズかというと、翼を半開きにして翼先を下腹の前で合わせる、アオサギ独特の日光浴ポーズです。

飛ぶときに「ギャッ」と鳴く時もあるので。近くで飛んだ時はびっくりします。

ちょっと心臓に悪いですね。