探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

イースターにうさぎが出てくるのはなぜ?理由と卵との関係は?

f:id:mikasako176:20211007083432j:plain

イースターのうさぎと卵

イースターキリスト教において、十字架にかけられて死んだキリストが、三日目に復活したことを記念・記憶する重要な祭日です。

神道・仏教国である日本では、それほど馴染みはなかったのですが、西洋の文化などに飛びつくのが得意な国なので、いつのまにか知られるようになりました。

イースターは、キリスト教の東方・西方教会で行われますが、西方教会だけになぜかうさぎが登場します。うさぎとカメではありませんよ。

イースターにうさぎが出てくる理由と、同じく登場する卵との関係についてお答えします。

 

 

イースターにうさぎが出てくる理由は?

 

f:id:mikasako176:20211007083528j:plain

西方教会イースターには、うさぎと卵が登場します。

イースターバニーと呼ばれるうさぎが、イースターエッグ(復活祭を祝う飾り付けられた卵)を運んでくるというのが、イースターの習慣なのです。

うさぎは、古代では雌雄同体で処女性を失わずに繁殖すると信じられており、聖母マリアの処女受胎と関連づけられることで、絵画や写本にマリアやキリストとよく一緒に描かれていることが多い動物です。

キリスト教では、うさぎは人気がある動物なのです。

マリア、キリストとの関連性もあり、うさぎは多産で豊穣のシンボルでもあるという理由で、イースターのキャラクターとして民間伝承に取り入れられていきました。

でも西方教会はうさぎと卵が登場しますが、東方教会ではうさぎは登場せず、卵だけが登場します。西方と東方では教えが違うのでしょうか。

 

イースターのうさぎと卵の関係は?

 

f:id:mikasako176:20211007083604j:plain

うさぎと卵はイースターのシンボル!

卵を飾り付けする習慣は、イースターが始まる前からあり、その起源ははっきりわかっていません。

キリスト教が生まれる前から、すでにうさぎと卵は豊穣のシンボルとされており、古代ユダヤ教では、塩水で味付けされたゆで卵が新しい命と信仰のシンボルとして食べられていました。

そして、時代を経るうちに卵も少しずつカラフルになってきたようです。

そのように祭壇に綺麗な卵を飾り食べる習慣は、イースターにも取り入れられ、同じようにゆで卵に色を塗ってイースターに使用します。

そして、うさぎと卵はともにイースターの重要なシンボルとして愛されて、イースターバニーが家の玄関の前にイースターエッグを置いていくなどの伝承につながったのです。

 

うさぎが卵を運ぶ言い伝えは、ここから始まった?

 

f:id:mikasako176:20211007083711j:plain

ドイツのキリスト教徒から広がったもので、のうさぎが裁判官になりイースターの季節になると、子供たちが良い子か悪い子かを評価していたという話があります。

また、イースターバニーはよく服を着た姿で表現されますが、服を着たうさぎが綺麗な色の卵やキャンディ、おもちゃなどをバスケットに入れて、イースターの前日に良い子供たちだけに届けるという伝承もあります。

このドイツの古くからある伝承が各地へ伝わり、さらにイースターバニーがイースターエッグを運んでくるという伝承になり、やがて北欧やアメリカなどへ伝わっていったのではないかと考えられています。