探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

石油ストーブとファンヒーター!違いや暖かいのはどっち? 購入するなら?

f:id:mikasako176:20211016071755j:plain

反射式ポータブル石油ストーブ

寒い冬になると、メインの部屋だけでなく個室の方も暖かくしたいですよね。

そのようなときに便利なのが、持ち運びできるポータブルストーブです。

ポータブルストーブと言えば、石油ストーブとファンヒーターが主流ですが、その違いや暖かさ、経済的にどちらが得かなど知りたくありませんか?

石油ストーブとファンヒーターを比較してみましたので、どちらかの購入を検討している方は参考にしてくださいね。

 

 

石油ストーブとファンヒーターの違いは?

 

f:id:mikasako176:20211016071849j:plain

温度調整機能があるファンヒーター

石油ストーブとファンヒーターの主な性能を比較すると、次のようになります。

(石油ストーブ)

・石油(灯油)など燃料を直接燃焼させて、その熱を放射、拡散することで部屋を暖めます。

・電源は乾電池で、停電時でも使用できます。災害時でも使えるのがメリットですね。

・燃焼した熱を直接出すので、紙や布など燃えやすいものが触れると火が付き、火事になる危険性があります。燃えやすいものを置かなければ解決します。

・ストーブ周辺を集中的に温めます。

・ストーブの天井盤に、やかんなどを載せると加湿ができ、お湯を沸かすことができます。

・ほとんど音がしないので、静かです。

・火力の調整は手動ですることが多いです。きちんと調整しないと、不完全燃焼を起こすことがあります。

・燃費は石油代(乾電池代を含む)のみ。火力調整を細かくしないと、省エネにはなりません。

(ファンヒーター)

・燃料をガス化して燃焼させ、その熱を送風ファンで対流により部屋内を暖めます。

・電源が必要で停電時は使用できません。災害時はほとんど使えません。

・燃焼した熱は温風にして出すので、火災の危険性は石油ストーブより少ないです。

・部屋中を暖めるのが得意です。

・上にやかんなどを載せても加湿することはできません。お湯も沸かせません。

・多少の音がします。

・火力の調整は自動で設定できます。

・燃費は石油代と電気代。タイマーや細かい温度調整ができるので、石油ストーブよりも省エネになることが多い。

 

石油ストーブとファンヒーターはどちらが暖かいか?

 

f:id:mikasako176:20211016072042j:plain

使用する場所や広さなどで、機種を選びましょう

暖かさの感覚については、部屋の大きさや人数など環境によって変わってきます。

・6畳以下で、ストーブを囲む・・・石油ストーブです。ストーブ周りをすぐに温めます。

・6畳以下で、全体を暖める・・・対流で全体を暖めるファンヒーターです。

・6畳以上は、どっちもあまり変わりません。ただし、ファンヒーターの方は省エネ機能があり熱を対流させるので、部屋全体を効率的に温めることができます。

 

石油ストーブとファンヒーターは、どっちを選ぶ?

 

f:id:mikasako176:20211016072234j:plain

災害時用か、普段使いか迷いますね

石油ストーブの最大のメリットは、災害などで停電時でも使用できることです。このことは大きいですね。

でも、普段使用するには、ファンヒーターの方にメリットが多いと思います。

それぞれメリット・デメリットがあるので、どちらを選ぶかは悩むところですね。

どちらを選ぶかは、次を参考としてくださいね。

・たまにしか使用しない・・・石油ストーブ。停電時も使用できる。

・普段も使用する・・・ファンヒーター。省エネで温度調整ができる。部屋を外しても、自動運転なので安全性が高い。

・災害時が心配な方・・・石油ストーブ。災害時は考えないという方はファンヒーター。

・2台購入の場合・・・石油ストーブ、ファンヒーターの両方を購入する。

これらのようにどちらを購入するかは、災害時のことを考慮するか、しないかによるところが大きいですね。

でも、どちらを選んでも間違いということではないので、自分の生活に合わせたストーブを購入することをおすすめします。