探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

高齢者の餅の食べ方は?餅を食べられる工夫にはどんなものがあるの?

f:id:mikasako176:20211031071656j:plain

毎年お正月の時期になると、餅を喉に詰まらせて、救急車で運ばれたとか残念なことに亡くなったという報道を見ることがよくあります。

どのような人が餅を喉に詰まらせるかというと、90%以上は65歳以上の高齢者なのです。

でも、日本ではおめでたい時や年末年始、お正月などで餅を食べる習慣があり、高齢者の方も餅を食べたいと思うのは当たり前ですよね。

今回は、その高齢者でも餅を安心して食べられるように、ちょっと工夫した餅の食べ方をご紹介します。

 

 

高齢者の餅の食べ方で、喉を詰まらせない工夫とは?

 

f:id:mikasako176:20211031071727j:plain

餅は柔らかい食べ物と思う人がいますが、実際にかみ切るにはかなりの力がいります。

ところが、高齢者の方はかむ力が弱くなっているので、かみ切れないまま飲み込んでしまうことがあるのです。

そして、ある程度の大きさのまま飲んでしまうので、結果的に喉を詰まらせる方もでてしまいます。

餅を喉に詰まらせない工夫には次のものがあります。

・餅を小さく切る・・・あらかじめ一口サイズにしておくことで、食べるときにかみ切れなくても詰まる確率が低くなります。

・ゆっくり噛んで唾液を出す・・・食べることに集中し、ゆっくり噛みながら唾液を出し飲み込みやすくします。

・なるべく1人で食べない・・・高齢者が誰もいないところで餅を食べるのは危険です。常に誰かと一緒にいる時に食べるようにしてください。

・食べる時は飲み物を飲む・・・餅を食べるときは、常にお茶やドリンクなどを飲み、喉の通りを良くします。

・野菜と一緒に食べる・・・雑煮を食べるときも、野菜や汁物と一緒に食べる。喉の通りが良くなります。

・食べる時は集中する・・・話しながら食べるとか、食べることを急がせてはいけません。食べるのに集中して、話しかけるときも食べ終わってからにしましょう。

・背筋を伸ばして食べる・・・姿勢をきちんとして、猫背にならないようにします。餅が喉を通りやすい姿勢で食べましょう。

 

高齢者用に市販されているお餅は?

 

f:id:mikasako176:20211031071754j:plain

通販や市販されている餅の中には、高齢者でも安心して食べることができるものがあります。

・やわらか福もち・・・高齢者の介護用に開発された餅です。餅と言うよりだんごに近い食感です。かみ切りやすく、粘り気が少ないので喉を通りやすいです。

・介護もち・・・餅の大きさを20gにして、歯にくっつきにくく、喉ごしが良いように、粘度を低くした餅です。

・ソフトもっち~・・・1個15gサイズの小さく、薄く、ソフトな感覚の餅です。

・さっくりお餅・・・1個20gで介護食としても食べられます。もち風味を保ちながら柔らかく、歯茎だけでもつぶして食べることができます。

 

高齢者に餅を食べさせる場合の工夫は?

 

f:id:mikasako176:20211031071815j:plain

餅が、喉にべったり張り付くのを防ぐ工夫が必要です。

・食べる時は柔らかくする・・・お湯で茹でて、柔らかい餅を一口サイズにします。またはレンジや網で餅を焼いてお汁粉などに入れて、とろとろにして食べさせます。

・餅は汁物と一緒に食べる・・・餅単独ではなく、汁物と一緒に喉の通りを良くして食べさせます。

・餅を団子に代替えする・・・餅に似た白玉団子を食べさせ、餅を食べている気分になってもらいます。

・餅風米団子で食べる・・・普通のお米1合、山芋100g、水2合で炊きます。炊きあがったら塩をサッと振りかけ、すりこぎで団子状にこねます。こねた団子を餅の食べ方で食べさせます。