探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

高齢者一人暮らしのリフォーム費用を補助金で軽減?便利グッズとは?

f:id:mikasako176:20211106084031j:plain

高齢者の中には、経済的な心配がない、自分の持ち家から離れたくない、子供と同居したくないなど、一人暮らしでも不満がないという方がいます。

しかし、高齢者が一人暮らしをしていると、どうしても体力の衰えなどで生活が不自由になる場合があるため、自宅をバリアフリー化する検討をする人が増えています。

その高齢者がバリアフリーにリフォームする場合ですが、条件を満たすことにより改修費の助成金を受給できる制度があるので、利用すると経済的負担を軽減できます。

その「高齢者住宅改修費用助成制度」の利用条件と高齢者の一人暮らしをするときに便利なグッズをご紹介します。

 

 

高齢者住宅改修費用助成制度の利用条件は?

 

f:id:mikasako176:20211106084109j:plain

高齢者住宅改修費用助成制度とは、要介護者や要支援者が住宅をバリアフリー化に向けて工事をする場合、介護保険から工事費用の9割を限度として助成される制度です。

支給限度基準額は20万円なので、20万円×0.9=18万円が支給限度額となります。

工事費が20万円だったとしたら、18万円が補助で2万円は自己負担となります。

(受給対象となる人は?)

・高齢者で要介護、要支援(要支援1・2、要介護1~5)の認定を受けている人。

・要介護、要支援の認定を受けていない人は、先に認定の申請をして認定を受けなければなりません。

・リフォームする住宅の住所と被保険者の住んでいる住所が同一であること。

・対象住宅は、被保険者が実際に住んでいる場合、賃貸や分譲マンションでも助成を受けることは可能(大家や管理組合の許可は必要)です。しかし、一時的に身を寄せている家族の家は対象になりません。

 

高齢者住宅改修費用助成制度の受給対象となる工事とは?

 

f:id:mikasako176:20211106084216j:plain

受給対象となる工事は、あくまでバリアフリーのために行う工事です。

・手すりの取り付け・・・廊下、玄関、浴室、トイレなど、移動をスムーズにすることや転倒防止のための工事。

・段差解消・・・各部屋間の段差を解消するため、スロープを付けることや敷居を低くする、床を嵩上げするなどの工事。

・床材の変更・・・滑り防止、移動をスムーズにするため、滑りにくい床材に変更します。

・扉の取り替え・・・扉の構造をバリアフリータイプに変更することや、ドアノブや戸車の設置も該当します。

・トイレの構造変更・・・和式から洋式への取り替えや、洋式の暖房便座、洗浄機能への変更も該当します。

・その他、バリアフリーに付帯して必要な工事。

 

高齢者の一人暮らしにあると便利なグッズは?

 

f:id:mikasako176:20211106084246j:plain

・杖、ステッキ・・・折りたたみや伸縮するタイプだと、手元に置いて無くすことが少ないです。ホルダーと一緒に使いましょう。

・杖ホルダー・・・杖やステッキに付けて、テーブルなどにかけると、杖が倒れません。

・キーファインダー・・・置いた場所を忘れそうな物にキーホルダーを付け、場所が分からなくなったら、スイッチを押すと音と光で反応します。探し物発見器ですね。

・背中軟膏塗りステッキ・・・一人で手の届かない背中へ軟膏を塗ることや、湿布を貼ることができます。

・お風呂シャワーチェア・・・頭を洗う時に座ります。転倒する恐れがありません。

・缶ジュースキャップ・・・缶ジュースを飲みきれないときに缶に蓋をします。

・踏み竹・・・足がだるい時に踏むと気持ち良くなります。

・シルバーカー・・・四輪で散歩やウォーキングで体を支えることや荷物を積むこともできます。疲れた時は椅子替わりにもなり便利です。

・電動爪切り・・・安全にゆっくり爪を削ります。深爪の心配はありません。

・ペットボトルオープナー・・・蓋がきつくて開けにくくなったときに、簡単に開けることができます。