探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

男性の目の下のクマの原因は?クマやたるみによっては病気も心配?

f:id:mikasako176:20211110055804j:plain

目の下のクマが気になるのは、女性だけではありません。

男性でも目の下のクマが目立ってくると、体調が悪いことやストレスが多いのが気になり、ひょっとしたら病気ではないだろうかと思う人も増えています。

そのように、目の下のクマやたるみが心配な男性に、その原因と病気につながるのかどうかについて解説いたします。

 

 

男性の目の下のクマ、原因と対策方法は?

 

f:id:mikasako176:20211110055831j:plain

目の下にクマができると、実年齢より老けて見えるし、体調が悪そうに見えるので、決して良い印象は与えないようですね。

その目の下のクマの原因は色によって異なります。

・青クマ・・・血行不良により、皮膚下の血管の色が見える状態です。血行不良の原因には、疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどがあります。

・赤クマ・・・目の下が赤く腫れているように見える状態です。睡眠不足や目の疲れなどの原因が考えられます。

・茶クマ・・・色素沈着により、薄茶色に見えてしまいます。目元を擦ることで皮膚に刺激を与えるとか、紫外線などが原因で色素沈着を起こしてしまいます。

・黒クマ・・・目の下のたるみやへこみ、老化などが原因で目の周りの張りや弾力性が無くなり、目の下に影ができたように見えてしまいます。

(対策方法)

・青クマ、赤クマ・・・暖かく濡らしたタオルで目元を温めることやマッサージで血行促進をします。睡眠不足の改善や日頃の生活習慣も見直します。

・茶クマ・・・目元に刺激を与えないよう気を付けます。むやみに目元を擦ることは止めましょう。

・黒クマ・・・皮膚のたるみが大きな原因なので、たるみ対策を行います。

共通した対策方法は、生活習慣の改善と目元のマッサージ、暖かいタオルと保温・保湿です。

 

目の下のたるみの原因は?対策方法は?

 

f:id:mikasako176:20211110055914j:plain

目の下のクマも気になりますが、たるみについても原因があります。

たるみは肌の弾力や筋力の低下によるもので、目を擦りすぎ、日焼け、ストレス、乱暴な洗顔などのほか、加齢や皮膚の潤いの不足などから起こります。

(対策方法)

・眼輪筋を鍛える・・・目の周りの眼輪筋を鍛えるトレーニングをします。目をぎゅーとつぶって5秒間、そのあと目を大きく見開いて5秒間をワンセットとして、5セット行います。

・目元マッサージ・・・指で目頭、目の下など目元を優しくマッサージして、筋肉をほぐし血行促進を促します。

・保湿ケア・・・目の疲労を感じたら、暖かく濡らしたタオルで目の周りを暖めます。また保湿クリームを目の下に塗るのも良いですね。

 

目の下のクマと病気の関係は?

 

f:id:mikasako176:20211110055945j:plain

クマができる原因が、日常生活の乱れや疲労、睡眠不足などの一般的なものではなく、何らかの病気の症状だということもあります。

・鉄欠乏性貧血・・・鉄分不足で赤血球内のヘモグロビンが減り、貧血や血行不良になど、クマの原因になります。

うつ病・・・自律神経の乱れにより、目元の筋肉が自由に動かず、血液循環がうまくいかないことでクマができてしまいます。

アトピー性皮膚炎、花粉症・・・これらが原因で、炎症を起こして茶クマになることがあります。

・パセドウ病・・・甲状腺ホルモンの過剰分泌により、眼球が前に突出してきます。その影響で目の下の脂肪が盛り上がり、たるみ状態から黒クマの原因になります。

・肝臓、腎臓疾患・・・内臓の機能低下により、解毒作用や法廃物の排除機能がうまくいかず血流が悪くなり、目元のクマとなります。

クマに対する改善方法の効果がなく、健康上もすぐれない場合は、医療機関を受診して原因を確認し、適正な対応をすることをおすすめします。