探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

墓参りマナー!平服や手ぶらでとの言葉の本当の意味は?嫁はどうする?

最終更新

f:id:mikasako176:20211114065004j:plain

お墓参りは、近くに墓地があれば良いですが、遠く離れた実家のお墓参りになると、お盆や年末年始、お彼岸など限られた回数しか行けない人も多いと思います。

そのなかで、夫の実家のお墓参りに行くときに、平服で手ぶらで良いと言われたら、本当に普段着で何も持たないで行ってもいいのでしょうか?

言われた通りに行ったとき、自分だけが普段着を着ていて周りから浮いた服装だったとしたら、嫁としてちょっと恥ずかしいですよね。

そこで、お墓参りでの平服、手ぶらの本当の意味と、嫁としての対応方法をご紹介します。

【目次】

墓参りでの平服は普段着とは違う?本当の意味は?

 

f:id:mikasako176:20211114065148j:plain

墓参りでの平服の意味と、他の冠婚葬祭や日常での平服はちょっと違うので、注意しましょう。

お墓参りでの平服

お墓参り自体の服装はこうだという決まりはありません。

平服で良いということであれば、一般的な平服で良いです。

墓参りの場合は、お墓掃除をすることもあるので、動きやすいパンツスーツなどの服装の方が良いです。

避けたほうがよいのは、ミニスカート、タンクトップ、ショートパンツなど肌を露出している服装や、キラキラしたアクセサリーです。

虫にも刺されちゃいますよ。

また、ハイヒールやサンダルでは歩きにくい場所が多いので、動きやすい靴にしましょう。

冠婚葬祭などでの平服

本来は正装や準礼装のところを、ワンランク格式が下がった服装のことを言います。

例えば、留袖やフルドレスに対して、ワンピースやツーピース、スーツなどです。

ラフな服装や日常に来ている普段着や街に着ていく服装ではありません。

入園式、卒園式の平服

園の雰囲気に合った上品なイメージの服装です。

ワンピース、ツーピースの落ち着いた華やかさがあると良いですね。

一般的な平服

日常的な生活で着ている服装ですが、ジャージやパジャマは普段着とは言いません。

他人との集りでも、恥ずかしくない服装であれば良いです。

ただし、派手なデザインやラフな服装は避けて、カジュアルなものが良いでしょう。

 

手ぶらで良いと言われたら、本当に何もいらないの?

 

f:id:mikasako176:20211114065219j:plain

親が手ぶらで良いという言葉には、主に次のような意味があります。

手ぶらの意味

①墓参りの道具は全て実家で用意している・・・掃除道具、お供え、供花、線香、ろうそくなど墓参りに使用するものは、全て用意しているという意味です。

②お供え、供花などは持っていかない・・・線香は持って行っても、お供えや供花など持ち帰る物は始めから持って行かないという人もいます。

③霊園や納骨堂の規則でお供え、供花を禁止・・・墓参り施設の中には、お供えや供花を持ち込むのを禁止しているところがあります。

④お供えや供花が多すぎる・・・お供えや供花がたくさんになって供えることができないので、実際に何もいらないという意味です。

親の方で手ぶらで良いというなら、上記のような霊園の規則やその地方の慣習などがあるので、お墓参り用には何も持っていかなくても良いでしょう。

ただし、墓参り用ではなく、仏壇用のお線香や供物を持っていき仏壇に供えてもらうようにすると実家の親も喜ぶと思います。

 

墓参りに対して、嫁として何をするといいの?

 

f:id:mikasako176:20211114065252j:plain

お墓参りは服装に注意!

お墓参りの季節であれば、実家の近所の人も来ていることもあり、嫁の服装をしっかり観察していることもあります。

そのためお墓参りの服装には、次のことを心掛けましょう。

①控えめな服装でお参りする・・・派手な服装は避け、肌の露出を避けた落ち着いた柄の服装が良いです。

光沢の無い黒靴、パンプスを履いて行きましょう。

礼儀正しく思われたほうが、メリットが多いですよ。

②ミニスカートやラフな服装はしない・・・実家や墓参りなどはお年寄りが多いので、派手だとかだらしないと思われることがあります。

また、嫁と姑の仲が悪い場合、うちの嫁は派手な服装なので恥ずかしいなどと、近所に言われることもあります。

③始めは実家の言う通り・・・始めの頃は実家に合わせて言う通りにして、何回かお墓参りをしていくうちに、少しずつ自分の服装を好みのものに替えていくと目立たないと思います。

 

まとめ

実家のお墓参りは、年に何回も行かない方がほとんどだと思います。

また、お墓参りの仕方は、地域によって異なることもあるので、よほどおかしいことでなければ、実家の言う通りにするのが無難です。