探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

パソコンは買い替え時にデータ引っ越し!外付けHDDで移行する方法は?

f:id:mikasako176:20211122071653j:plain

パソコンは古くなると動作が極端に遅くなることや、新しいソフトが使えなくなること、または故障することで、新しいパソコンに買い替えなければなりません。

そのとき、古いパソコンで使用していた大事な資料や、写真、音楽データなど、新しいパソコンに引っ越しをしなければなりません。

今回は初心者の方でも簡単にできる、外付けHDDを使用したデータ移行方法をご紹介します。

 

パソコンのデータ引っ越し、外付けHDDで移行する方法は?

 

f:id:mikasako176:20211122071745j:plain

まず、移行するデータ量よりも容量が大きい外付けHDD(ハードディスクドライブ)を通販や大型電気店から購入します。

通常のデータでは1~3TBの容量があれば十分でしょう。

現在では1TB~3TBの外付けHDDも5,000円~10,000円程度から販売しています。

全てのデータが引っ越しできるわけではなく、ゲームや様々なソフトウエア、システムファイルなどは、再インストールをしなければなりません。

引っ越しするデータは、メール、写真画像、動画、テキスト、ワード、エクセルなどのファイルです。

(移行する方法)

①古いパソコンのUSB端子に外付けHDDを接続し、必要データをまるごとバックアップします。

②新しいパソコンのUSB端子に外付けHDDを接続し、バックアップしたデータのうち必要なファイルを選んで、新しいパソコンのデスクトップに張り付けるか、エクスプローラーに貼り付けます。これで引っ越しは完了です。

あとは、自分で使いやすいようにファイルを整理してください。

 

外付けHDDを使用したデータ管理方法は?

 

f:id:mikasako176:20211122071805j:plain

外付けHDDは、データ移行の他にデータのバックアップ、データ保存の格納フォルダとしてデータ管理をすることができるので、購入しておくことをおすすめします。

外付けHDDがあると次のメリットがあります。

・普段使用しないデータを保存・・・必要なときにだけ、使用することができます。

・パソコン本体の容量不足をカバー・・・データ類を外付けHDDにおいていると、本体の容量が少なくて済みます。

・パソコンの動作を補助・・・本体の容量不足による動作遅延やOSが起動しないとき、故障したときにデータ消失を防ぐことができます。

 

外付けHDD以外にデータ移行する方法は?

 

f:id:mikasako176:20211122071832j:plain

・転送ツール・・・インターネットでデー転送ツールを検索し、自分の好みのツールをダウンロードしてWi-Fi環境かネットワークケーブルを新旧のパソコンに接続し、データ移行します。

ちょっと、初心者にはわかりにくいかもしれません。

・有料版移行ソフト・・・市販の有料ソフトを使用したデータ移行です。ソフトによっては移行するデータの制限があることや、OSのバージョンによっては移行ができないものもあるので、事前にしっかり確認することをおすすめします。

・パソコン店に依頼・・・パソコン店や販売店に、有料データ移行サービスを依頼します。

 

これらと外付けHDDを比較すると、簡単にデータ保存やバックアップができ、本体容量の空き容量圧迫を防ぐなど、同じ有料でも外付けHDDの方が有効活用できると思います。