探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

衣替えは収納ボックスと圧縮袋で整理整頓!防虫剤の上手な使い方は?

f:id:mikasako176:20211124074155j:plain

季節が変わると、それまで来ていた衣類の衣替えをしなければなりません。

あふれている衣類を見て、衣替えって面倒くさいし、どこに収納するか悩む人もいると思います。

そのような衣替えが苦手な方でも、収納ボックスや圧縮袋を活用することで、収納場所など効率的に整理整頓できる方法をご紹介します。

 

衣替え衣類は収納ボックスで整理!置く場所はどこがいい?

 

f:id:mikasako176:20211124074219j:plain

衣類を置く場所としては、クローゼット、押し入れ、壁際のスペースなどがありますが、衣類の量が多いと整理するのも大変です。

そのようなときは市販されている収納ボックスで、衣類を種類別に分けて収納するとよいです。

(収納方法)

・収納ボックスを用意する・・・クローゼット、押し入れ、壁際に重ねて置くことができ、収納スペースが少なくてすみます。また、収納ボックスには、引き出しタイプ、布製ファスナータイプ、多段タイプ、1個ずつ重ねることのできるものがあります。

・種類を分けて収納する・・・収納する衣類は靴下類、上着類、下着類、小物類、シャツ類など種類を分けてボックスに収納すると、後で取り出すときわかりやすいですね。

・シワが気になるものは丸める・・・シャツやジャケット、ズボンなどシワが気になる衣類は、たたまないで丸めるように収納します。

(置く場所)

・置く場所・・・収納ボックスの種類ごとに分けて置くと良いです。クローゼットや押し入れには引き出しタイプ、布製ファスナータイプを置くと良いです。クローゼットなどが無い場合は、壁際に多段式タイプを並べて置くと、見た目がインテリアのように見えます。

 

衣替えは圧縮袋で圧縮するとコンパクトになる?

 

f:id:mikasako176:20211124074246j:plain

通常の収納で整理できればよいですが、衣類が多くてあふれそうな場合は、圧縮袋で圧縮して収納することをおすすめです。

圧縮袋は袋の中に衣類を入れて、空気を抜くことで衣類が圧縮されるので、とてもコンパクトになります。

ただし、圧縮袋を利用するときは次のことに気を付けてください。

・収納前に洗濯して乾燥させる・・・汚れたままだと、カビやしみの原因になります。

・詰め込みすぎはNG・・・袋の端は1~2㎝の余裕をも持って収納しましょう。余裕なく詰めると圧縮することができない場合があります。

・平坦にたたむ・・・平坦にたたむと平面上になり、圧縮や整理しやすくなります。

・空気を抜きすぎない・・・空気を抜きすぎると衣類にシワがよることもあります。

・サイズに合わせて収納・・・衣類の大きさに合わせたサイズを使用しないと、シワの原因になります。

・ダウンに使用しないように・・・ダウンを圧縮すると、服の中の羽根が折れてしまい、ふんわり感が失われるので注意してください。

 

収納ボックス内の防虫剤の上手な使い方は?

 

f:id:mikasako176:20211124074315j:plain

せっかく収納ボックスに収納しても、虫に食われてしまったらガッカリですよね。

防虫には、防虫剤を適切に使用することが必要です。

・圧縮袋に防虫剤は入れない・・・1シーズンなど長期間圧縮するときは、圧縮袋に防虫剤は入れないようにします。衣類が変色することや、匂いが衣類に付くことがあります。

・防虫剤は衣類の上に置く・・・圧縮袋ではなく普通に収納した衣類の場合、防虫成分は上から下の方に広がるため、防虫剤は衣類の上に置いてください。

・防虫剤は入れすぎない・・・防虫剤は量が多ければ効果があるものではありません。説明書を読み、適量の防虫剤を使用してください。