探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

野幌森林公園は楽しい!30 意外と近くにいる黒装束のクマゲラ!

f:id:mikasako176:20211207135143j:plain

クマゲラは日本のキツツキでは最大種で、全長が50㎝前後あります。

ハシブトガラスより一回り小さくて細い感じでしょうか。

黒い体と頭のてっぺんが赤いのが特徴で、森の中でも意外と目立つ鳥です。

なんとなく、クマゲラは神聖な鳥で、森林の奥深くに住んでいて、コーンという木を突く響きが遠くから聞こえるようなイメージがありました。

多くの人もそのようなイメージを持っていると思います。

ところが、野幌森林公園では意外と身近なところにいる鳥で、運が良ければ1日に何回も出会うことがあるのです。

 

クマゲラは深い森だけにいるわけではない

 

f:id:mikasako176:20211207135221j:plain

野幌森林公園の中でも、比較的多くクマゲラを見かけるエリアがあります。

桂コース、四季美コース、瑞穂連絡線、モミジコースは、クマゲラの食痕も多く、実際に見かけることも多いです。運が良ければですが。

我が家も森にとても近いので、クマゲラの「キョーン、キョーン」と鳴く声が聞こえる時があります。

その日もキョーンという声が聞こえたので、とことこ森に近づく(家から歩いで10秒で森です)と、なんと道路から5m位の見えるところにクマゲラがいるじゃないですか。

慌てて、家に戻りカメラを持って来ました。

f:id:mikasako176:20211207135310j:plain

枝の隙間から姿が見えます。

 

 

クマゲラは結構長い間、木を突いている

f:id:mikasako176:20211207135602j:plain

虫のいる木を見つけた。

いつもではないにしろ、クマゲラは同じ木を長い間突いていることが多いです。

そのため、長時間にわたり写真を撮ることができます。

最初は珍しくて、写真をバンバン撮りますが、いつまでも同じことをしているので、そのうちこちらの方が飽きてくるのが多いですね。

結構、野幌森林公園のなかで出会っているので、今では5分程度写真を撮ったら「またね」と言って別れています。

その後でもコンコン穴を掘り続けています。

f:id:mikasako176:20211207135700j:plain

他の場所が気になるのかな。

 

クラゲらはアリが大好物なのです

 

f:id:mikasako176:20211207135830j:plain

アリを見つけたら、一生懸命です。

クマゲラの木を突く音は、特別大きくありません。

アカゲラが木を突く音とそれほど、変わらない大きさですね。

でも、アカゲラはコンコンと木を突く音が短いですが、クマゲラはしばらくの間「コンコンコンコン」と突いています。

目星をつけた木にいるアリや昆虫を食べるのに夢中で、長時間突いているのです。

そして、キョーンとよく鳴くので、近くにいるのがわかります。

よく鳴くので、アイヌの間ではヒグマの居場所を教えることや、道案内をしてくれる神と崇められていたそうです。

でも、眺めていると勝手に鳴いてどっかへ飛んで行くことも多いですよ。

f:id:mikasako176:20211207140027j:plain

首が柔らかいですねー。

f:id:mikasako176:20211207140208j:plain

f:id:mikasako176:20211207140243j:plain

狙いを定めて、コンコンコーン。