探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

保証人なしの学生一人暮らしの場合、賃貸契約で必要なものは

最終更新

f:id:mikasako176:20211209073354j:plain

賃貸契約で部屋を借りる場合、申し込みの時には本人の氏名や住所の情報や連帯保証人が必要となるのが一般的です。

そのため、学生一人暮らしなら、親や親類などが連帯保証人になることが多いです。

しかし、親や親類がそばにいないなど、周りに保証人になってくれる人がいない場合、契約が結べず困ってしまいますよね。

でも近頃は、学生一人暮らしで保証人なしでも、賃貸契約する方法があります。

その場合、賃貸契約に必要なものは何かについて解説します。

賃貸契約で連帯保証人が必要な意味は?

f:id:mikasako176:20211209073426j:plain

(なぜ連帯保証人が必要か)

というと、次の理由があります。

①入居者が家賃滞納

・・・入居者が家賃を滞納して大家さんに損害を受けても、借地借家法による保護があるため、大家さんは一方的に契約解除ができません。

②入居者に代わり家賃を払う

・・・入居者に代わって家賃を支払ってもらいます。

連帯保証人は入居者と同等の義務を背負うので、入居者に代わって家賃を払わなければなりません。

(連帯保証人になれる人)

連帯保証人は、滞納した家賃を払う義務があるので、次のような人物でなければなりません。

・継続的な収入がある

・反社会的な人物ではない

・連絡先がはっきりしている

・社会的に信用がある

・高齢ではない

学生が一人暮らしを始めるとき、賃貸の大家さんにより連帯保証人が必要と言われたら、誰かに連帯保証人になってもらわないと賃貸契約が結べないということになります。

そのようになると、連帯保証人のいない学生はいつまでも一人暮らしはできないことになりますが、実は学生で保証人なしでも、賃貸契約をする方法があるのです

が保証人なしでも賃貸契約できる方法は?

f:id:mikasako176:20211209073505j:plain

保証人なしでも賃貸を借りることができる方法には、次のものがあります。

(保証会社が利用できる)

保証会社に定められた保証料を支払うことで、保証会社が保証人の代わりになってくれる物件を探します。物件によって保証会社が異なることや自分で保証会社を選択することはできません。

保証金には、主に次のような費用(例)がかかります。

①初回のみ・・・家賃の100%を支払う。

②初回に家賃の50%+月額(毎月)家賃の1%、更新料あり。

③初回金なし、毎月家賃の2%を支払う。 

(保証人なしの物件)

不人気やワケありなので、保証人なしでも入居してほしい物件です。借りる本人の気持ち次第ですね。

学生が一人暮らしで賃貸契約する場合、一般的に必要なものは?

f:id:mikasako176:20211209073536j:plain

(賃貸初期費用)

賃貸料金(1か月分)、敷金、礼金、仲介手数料、損害保険加入金など。物件が同じようでも、契約内容が異なることもあるので、確認してください。

(本人書類等

住民票、印鑑、印鑑証明等、身分証明書など。

(連帯保証人の同意書・印鑑証明)

連帯保証人がいる場合です。保証人の印鑑証明書が必要なこともあります。

(保証会社への保証金)

連帯保証人なしの場合で、保証会社に支払います。