探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

車が浸水でエンジンをかけたらどうなる?浸水後はクリーニングが必要?

f:id:mikasako176:20211213071032j:plain

大雨や台風で道路が冠水し、止まっている車や走っている車にも水が浸水することがあります。

その場合、車の浸水はどこまで浸水するまで大丈夫なのか、心配ですよね。

また、ある程度浸水してもエンジンがかかるなら、そのまま運転しても良いのでしょうか。

そして、車が浸水してもやがて乾くと思いますが、クリーニングは必要なのでしょうか。

これらの疑問にお答えします。

 

車が浸水しても、エンジンがかかるのはどこまで?

 

f:id:mikasako176:20211213071100j:plain

車はエンジンにガソリンと空気を取り入れて、燃焼させることにより走行しますが、浸水したときの深さによってエンジンがかからなくなります。

そのエンジンがかからなくなる目安は、つぎのとおりです。

・車の床面以下・・・ドアの下くらいや、床面の下であれば浸水などに耐えられるように設計されているので、問題なくエンジンはかかります。

・マフラー以下・・・明らかに水が入らない場合であれば、まだ大丈夫です。ギリギリの場合でも、マフラーの有害物質を取り除く触媒が水を吸った程度であれば、乾かせるとエンジンはかかります。

・マフラーまで浸水・・・燃焼した排気ガスはマフラーから出て、エンジンには新しい空気が入ることを繰り返し、燃焼を続けます。マフラーまで浸水すると排気することができず、新しい空気も入らないのでエンジンが止まってしまいます。

・マフラーが水没・・・水没するとエンジンはかかりません。

 

車の床以上浸水したがエンジンがかかる。乗り続けたらどうなる?

 

f:id:mikasako176:20211213071132j:plain

かなり浸水してもエンジンがかかるなら、そのまま運転することが多いと思います。

しかし、床の上位まで浸水した場合は、エンジン以外の電気系統や電子部分まで、浸水した恐れがあるので注意が必要です。

・電気系統まで浸水・・・浸水したときは支障なく運転ができたとしても、やがて電気系統に異常が発生するようになるので、突然走行ができなくなる場合があります。電気系統は見た目ではわからないので、早めに点検をしてもらいましょう。

・他車は大丈夫だった・・・他車が良くても、自分の車が大丈夫と言う保証はありません。車種が異なると浸水に対する耐久性が違うので、あてにはなりません。

・車内まで浸水・・・ハンドル近くまたはそれ以上浸水したときは、水が引いたからといってエンジンをかけてはいけません。エンジンの破損や感電の危険があるので、絶対やめましょう。レッカー車を手配して、ディーラーや修理会社で点検して修理の判断をするようにしてください。

大雨などで道路が冠水していても、強硬に道路を走行する人がいますが、途中で深いところで止まったりすると、もうお手上げです。無理をしないで、冠水する恐れがある道路は避けるようにしましょう。

 

車の浸水後は、クリーニングに出しましょう!

 

f:id:mikasako176:20211213071222j:plain

車が止まっているときは、どの程度車に浸水しているかは目視でわかります。

でも車が走行しているとき水たまりに入ったりするときは、どの程度の浸水状態になっているか、運転席から確認することはできません。

明らかに浅い場合は良いですが、床まで水が入ってきた場合は不安ですよね。

浸水状態によっては、悪臭、カビ、錆びの原因となるので、早急にクリーニングが必要です。

自分でクリーニングをしても、見えない場所や手の入らない場所のカビやごみ、悪臭、錆びの抑制、室内の乾燥などはできません。やがて、車の走行にも支障が出ないとも限りません。修理業者やディーラーでしっかりクリーニングをしてもらいましょう。安心して快適な走行が楽しめます。浸水車のクリーニングの相場価格は30,000円~50,000円が一般的です。