探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

年末に大掃除してはいけない日がある?大掃除は順番と計画が大事?

最終更新

f:id:mikasako176:20211225100713j:plain

一年の中でクリスマスが終わると、年末に向けて大掃除をすることや、お正月の準備やら忙しい日々が訪れます。

早い人なら12月の中頃には、大掃除を終わらせている人もいるようです。

また、大掃除をするのはこれからで、年末ギリギリでもいいかなと思っている人は、注意しなければならないことがあるので、気をつけましょうね。

年末に大掃除をしてはいけない日がある?その理由は?

f:id:mikasako176:20211225101326j:plain

(大掃除を避ける理由は?)

縁起上の話にはなりますが、年末で大掃除を避けた方が良い日は29日・31日です。

・29日・・・1年で9(苦)の付く最後の日です。掃除を(苦の日)で終わらせるのは、確かに避けたいですね。

・31日・・・新年前日までバタバタ大掃除をすると、1年のギリギリまで慌ただしくホコリを立てるという、縁起の悪い1年だったということになります。縁起が良くありません。また、掃除する場所を忘れたとか、やり残したことがあると、家が汚れたまま新年を迎えてしまうことになります。

このような29日・31日を避けても問題のない大掃除をするように、心がけましょう。

年末大掃除は、順番を決めると効率が良く楽にできる?

(順番を決めて掃除しましょう)

大掃除を効率的にするには、二度手間にならないように順番を決めることです。

例としての順番をご紹介しますので、参考にしてください。

①不要な物の処理・・・使用する予定が無い、置いていると邪魔になるという物は処分してください。部屋の納戸や押し入れ内のスペースが空いて、掃除がし易くなります。

②始めは水回りから・・・キッチン、トイレ、浴槽、洗面所など汚れている場所から順番に掃除をします。

③掃除は上から下へ・・・上のホコリやごみは下の方へ落ちるので、下から掃除すると二度手間になってしまいます。上のごみは下の掃除のときに処理します。天井や照明の裏、エアコン、レンジフードなどを先にします。

④部屋は隅や奥から掃除する・・・部屋のごみやホコリは隅や奥の方に溜まりやすいので、そこから掃除をして綺麗にします。電化製品やタンス、机などの裏からごみを集めます。

⑤終わりは床から玄関・・・掃除がほとんど終わってきたら、床、廊下から玄関へ向けて掃除を進めていき、最後は玄関を綺麗にします。

大掃除のスケジュールは、計画表で分かりやすくする!

前もってスケジュールの計画を立て、計画表にして見やすい場所に貼っておきましょう。

計画表の内容は、掃除の順番といつ行うかです。

(大掃除計画表:例) 

・掃除の順番を決める・・・①不用品処分②キッチン③トイレ④浴室・洗面所⑤各部屋の中は上の方から⑥廊下・階段⑦玄関

・それぞれ日程を決める・・・1日でできない場合は、切りの良い場所で完了し、他の場所は別の日に行います。

・スケジュールは余裕を持つ・・・12月中頃から始めると、余裕で終わらすことができます。年末ギリギリを避けて、余裕のあるうちに行うように計画をたてると、天気の良い日に換気扇や窓を開けて落ち着いて大掃除ができます。