探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

乾燥しやすい暖房器具の湿度対策は?赤ちゃんに良い湿度と温度は?

最終更新

f:id:mikasako176:20220118151659j:plain

冬の寒い時期には、部屋をポカポカさせる暖房器具は手放せないです。

でも暖房器具によっては、部屋を乾燥させるものもあるので喉や肌に悪く、特に赤ちゃんがいるお家では心配ですよね。

そこで、部屋を乾燥させることに対する対策と、赤ちゃんに良い湿度や温度はどの位がよいのかをご紹介します。

乾燥しやすい暖房器具や乾燥が少ない暖房器具は?

f:id:mikasako176:20220118151848j:plain

湿度には相対湿度という温度が高くなると湿度は下がり、温度が低いと湿度は上がるという現象があります。

これから暖房器具を購入するという方は、始めから乾燥するのを抑える暖房器具を選ぶとよいですが、既に暖房器具を使用している方は、その暖房器具に対応する湿度対策が必要です。

(乾燥しやすい暖房器具)

①エアコン

・・・エアコンは暖房時に空気中の水分を減らしませんが、水蒸気を発生させることもしないので、温度が高くなるとそのまま湿度は低くなります。

②電気ストーブ

・・・熱源で水蒸気を発生しないので、温度が上がると湿度はさがります。

③床暖房

・・・エアコンほどではありませんが、部屋を乾燥させます。

これらの他の暖房器具で、水蒸気を発生しないものは、部屋を乾燥させます。

(乾燥が少ない暖房器具)

石油ストーブは天板にヤカンを載せることが多く、乾燥するイメージがありますが、実際は燃焼するときの排ガスの中で水蒸気も排出しているので、温度が高くても極端に湿度が下がりません。これは、他のガス、ファンヒーターも同じことが言えます。

ただし、部屋の空気が汚れるので、定期的に換気することをおすすめします。

①石油ストーブ
②ガスストーブ
石油ファンヒーター
④ガスファンヒーター

部屋を乾燥させる暖房器具の乾燥対策は?

f:id:mikasako176:20220118152550j:plain

(乾燥対策)

エアコンなど部屋を乾燥させる暖房器具で部屋を暖めたときの乾燥対策には、次のものがあります。

①加湿器を置く

・・・費用はかかりますが、適切な湿度を保つことができます。卓上タイプやタイマー機能、湿度調整機能の付いている製品があります。

②洗濯物の部屋干し

・・・洗濯を毎日のようにする方なら、洗濯物を部屋干しすることで加湿ができ、洗濯物が乾くのも早くなります。

③霧吹きで水を吹きかける

・・・部屋が乾燥しているかなと思ったら、スプレーボトルに入れた水をスプレーします。電気器具などは、吹きかけない。

④天板で加湿

・・・石油ストーブなど天板が付いていう暖房器具は、水を入れたヤカンなどを上に載せましょう。水が蒸発して湿度が上がります。

⑤れタオルを干す

・・・一般のタオルやバスタオルなどを部屋に干します。洗濯して干すのも良いです。タオルが小さい場合は、数枚数を多くして干します。

赤ちゃんに良い湿度と温度はどの位?

f:id:mikasako176:20220118154418j:plain

暖房して部屋が乾燥すると喉の粘膜も弱り、髪もゴワゴワし肌もカサカサしてきます。

そのような状態は、赤ちゃんにとっても良い環境ではありません。

体温調節がうまくできない赤ちゃんには、適切な温度と湿度が必要です。

赤ちゃんが快適な温度は、冬は19℃~23℃、夏は25℃~28℃です。

ただし、生まれたての赤ちゃんなら、冬は23℃~25℃と少し高めの室温にしましょう。

湿度は60%前後が適正と言われています。

またこれらの温度は暖房器具の設定温度ではなく、専用の温度計や湿度計で実際に部屋の中で計って調整してください。