探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

ニッパー爪切りの使い方!介護で足爪や巻き爪を切るときの切り方は?

最終更新

f:id:mikasako176:20220119194944j:plain

(爪切りの種類は?)

爪切りを大きく分けると、次の3種類があります。

①グリップ型

・・・てこの原理で爪を切る一般的な爪切りです。主に手の爪を切るときに使用します。

②ニッパー型

・・・工具のニッパーの形をしている爪切りで、薄い爪から厚い爪まで切ることができます。医療や介護の現場でよく使われています。

③はさみ型

・・・赤ちゃんや幼児など専用で、柔らかくて薄い爪を切るときに使います。小さいハサミ状の爪切りで、先が丸いので安全に爪を切れます。

この中から、介護現場などで使われることの多いニッパー型の爪切りで、足の爪や巻き爪などの変形した爪を切るときの切り方をご紹介します。

高齢者や介護の現場ではニッパー型爪切りがおすすめ?

f:id:mikasako176:20220119202740j:plain

(ニッパー型が多い)

なぜ、高齢者や介護現場でニッパー型を使うのが多いのかというと、次の理由があります。

①爪が硬く手も切れる

・・・高齢になると爪が硬くなり、グリップ型では切りにくくなります。

ニッパー型は硬い爪も切ることができます。

②指に強い力がいらない

・・・グリップ式は親指に力が入りますが、爪を切ろうとすると手首が直角に近く曲がるため、指に力が入りにくくなります。

ニッパー型は、手首を曲げず5本の指全部を使うので、高齢者のように力が弱くても爪を切ることができます。

③深爪になることがない

・・・グリップ式は切るとき爪の先が良く見えませんが、ニッパー式は爪先が良く見え、少しずつ削るように切るので、深爪の心配がいりません。

④利き腕の反対の手でも使える

・・・力が弱くても切れるので、利き腕でない手でも爪を切ることが楽にできます。

介護でニッパー式爪切りを、使用する場合の注意点は?

f:id:mikasako176:20220119205022j:plain

高齢者など介護を必要とする方の中には、目が良く見えない、爪切りをうまく扱えないという方がいます。

(爪切りの仕方)

その場合、周りの人や介護職が、そのひとの爪を切ることになりますが、ニッパー式を使うときには次の注意点があります。

①爪の状態を確認する

・・・爪の周囲に炎症や化膿がないかを確認します。炎症や化膿がある場合は、爪をきらないで治療を優先します。

②爪切りは専用の物を使用する

・・・ニッパー型爪切りと爪切り用のヤスリを使用します。  

護士に相談してください。

④本人の同意をとる

・・・爪を切る人は、本人に説明して同意を得るようにします。

⑤入浴後に爪を切る

・・・入浴や足浴後の爪が柔らかいときに切ると良いです。

ニッパー式を使う足の爪の切り方は?

f:id:mikasako176:20220119185147j:plain

(切り方)

①爪の状態確認

・・・炎症や化膿が無いか確認し、無ければ切る前に爪と皮膚をしっかり離します。

また汚れや爪のカスは取り除きます。

②ニッパーを利き手で使う

・・・利き手で軽く握ってください。

③片方の手を固定する

・・・ニッパーを持たない方の指で、切る爪のある指をしっかり固定します。

④スクエアカットで切っていく

・・・切り方はスクエアカットで、親指の端の方から少しずつ無理をしないで切っていきます。他の指も同じように切ります。

変形している爪などスクエアカットができない爪は、無理しないで適当に整えます。

ニッパー式を使う巻き爪の切り方は?

f:id:mikasako176:20220119200129j:plain

(巻き爪の切り方)

巻き爪は、爪が湾曲して皮膚に食い込んでいるので、切る前に炎症や化膿していないか確認します。

もし、炎症や化膿している爪を治療しながら切る場合は医療行為になり、介護職の方のできる範囲を超えてしまうので切ることができません。

病院で診断を受け、医師に適切な処置をしてもらい爪を切ることになります。

炎症や化膿していない場合のみ、介護職が爪を切ることができます。

①ニッパーを利き手で使う。
②片方の手を固定する。
③少しずつ切っていく

・・・通常の爪と同じように、少しずつ削るように切っていきます。

④スクエアカットで切る

・・・爪の先端は直線上にして、角はヤスリで削りましょう。皮膚まで削らないように注意して、無理はしないように削ります。