探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

神棚封じとは?白い紙で隠す意味は?神棚封じを忘れた場合どうする?

f:id:mikasako176:20220205143947j:plain

神道には、身内が亡くなったときに家に神棚がある場合に、神棚封じをしなければなりません。

これは、神棚にいる神様に死という穢れを近づけないようにするためです。

この神様封じは、いつもあるわけではないので、どのようなものか知らない人も多いですね。

そこで、神棚封じをする必要のある身内の範囲はどこまでか、白い紙を貼る理由はなにか、封じる期間はいつまでなのという疑問にお答えします。

また忌中の期間中に、神棚封じをするのを忘れていたと気づいた場合に、残りの期間をどうするかについても併せて解説します。

 

神棚封じを行うのは、どの関係まで?

 

f:id:mikasako176:20220205144341j:plain

身内の範囲と神棚封じをするには、基本的に次を参考としてください。

・身内の範囲は同居か2親等・・・同居の家族のほか、同居でなくても2親等(両親・子供・兄弟・姉妹・祖父母・孫)が一般的です。

・配偶者の2親等も身内・・・配偶者の2親等(自分からみて義理)も身内です。忌中の範囲は、配偶者も直系として考えるのが自然です。

・同居ではない身内・・・同居ではなくても、その家で故人を葬儀に出すときは、その家が神棚封じの対象です。例えば長い間病院に入院していた義理の親とか、実家の親の葬儀を実家ではなく自宅でする場合は自宅の神棚が対象です。

・神棚がある場合のみ神棚封じを行う・・・当たり前ですが神棚封じをするのは、神棚がある場合です。

・身内以外に親密度で行う・・・2親等内でなくても、親密度によって行っても問題ないです。例えば、故人に大変お世話になって家族同様の付き合いがあった、特に仲の良い友人、兄弟同様に育った親戚などがあります。

・2親等内でも行わない場合・・・2親等内であっても日頃交流が全くない、葬儀に関して誰からも連絡がないなど、付き合いがとても薄関係など神棚封じを行わないこともあります。

 

神棚封じはいつまで?神棚を白い紙で隠す理由は?

 

f:id:mikasako176:20220205144747j:plain

基本的な流れは、次を参考にしてください。

①神様に身内の誰が亡くなったかを報告します。

②神棚から米や酒などのお供えものなど付属物を全て下げます。

③扉を閉めて、白い半紙をテープなどで神棚に貼ります。画びょうなど尖っているもので貼らないようにします。

④貼る場所は、正面から神棚を隠すような場所でも良いです。

⑤封じる期間は、故人が亡くなってから50日間(神道における忌中)。仏教の49日とはまったく関係ないので間違わないようにしてください。また、仏壇は封じる必要はまったくないので、普段通りお参りしてください。

⑥50日間は、神棚に対して何もしません。お参りもお供えもしなくて良いです。

基本的に神棚を封じるのは、故人との関係(穢れが深さ)が浅い葬儀屋さんや他人に行ってもらうのが良いのですが、近年では塩で穢れを落として、他人に頼まないでいち早く家族が行うのも多くなっています。

また、神棚に白い紙を貼るのは、神様に穢れを見せないためです。

白という色は、神道では穢れの無い色と言われていますで、白い紙であれば半紙やコピー用紙でも良いです。

 

神棚封じをするのを忘れたらどうする?

 

f:id:mikasako176:20220205145038j:plain

封じ期間は身内が亡くなってから50日間(地方によって祖父母は30日間)とされているので、その間は穢れから神様を遠ざけます。

神棚を設置している家では、本来は身内が亡くなったらすぐに神棚封じをしなければなりませんが、ついうっかり忘れていたということは、結構あることです。

でも、もう忌中に入ってから何日も経ったので、もういいのではと勝手に思ってはだめですよ。

50日間が過ぎていないなら、残りの期間だけでもしっかり封じましょう。

そのまま放置していると、神様がどんどん穢れていくだけで、そのため災いが起こらないとも限りません。

忘れていた場合は、神様に「失礼したしましたお許しください」と一言謝ってから、残りの期間の神棚封じを始めてください。