探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

車椅子で段差を降りるときや上がるときの介助方法と注意点は?

最終更新

f:id:mikasako176:20220216082040j:plain

日常生活を過ごしている街中には、色々なところに大小の段差があり、車椅子利用者が一人でその段差を降りるときや上がるときは、バランスを崩してとても危険です。

そのような場合は、介助する人が車椅子を操作して、段差昇降する必要があります。

そこで、車椅子を介助する人が段差を昇降するときの正しい操作法や、注意するポイントをご紹介します。

車椅子利用者が不安にならないように、正しい操作法を身に付けましょう。

車椅子を介助するときの注意ポイントは?

f:id:mikasako176:20220216082414j:plain

(介助するときの注意ポイントは?)

車椅子の介助をするときに注意するポイントは、車椅子利用者を安全に移動させるということです。

そのためには車椅子について、普段から次の場所の安全点検をしてください。

①介助ブレーキ

・・・介助者が使用するブレーキです。ブレーキをかけた時に車椅子を押してください。タイヤが回らないことを確認します。

②駐車場ブレーキ

・・・ブレーキをかけて、立ち上がり動作をして車椅子が動かないことを確認します。これは車椅子利用者ではなく、介助者が代わりに行ってください。

③後輪の駆動状態

・・・タイヤに空気が入っているのを確認します。減っていると駐車場ブレーキも効きづらいので空気を入れてください。また後輪の駆動状態を確認します。

④キャスター(小車輪

・・・可動状態を確認します。ゴミが絡まっていないか確認してください。

⑤フットサポート

・・・足を置く部分です。フットサポートの固定部分がゆるくなっていないか確認してください。

⑥ネジ・ガタツキ・異常音

・・・全体を揺さぶってみて、ガタツキや異常音がしないことを確認します。ゆるんだネジがあったら、しっかり固定してください。

車椅子で段差を降りるときの介助と操作方法は?

f:id:mikasako176:20220216082232j:plain

(階段を降りるときの操作)

車椅子で段差を降りるときは、次のように行ってください。

①降りる前に一声かける

・・・周囲に目を配り、安全を確認して声をかけます。また操作している最中もこまめに「大丈夫ですよ」などの声をかけ、乗っている人が不安にならないように操作を始めてください。

②降りる時は後ろ向き

・・・前向きで降りると、乗っている人が前のめりになって落ちる恐れがあるので、後ろ向きで降ります。

③静かに後輪から降ろす

・・・グリップ(持ち手)を持ち上げて静かに後輪から降ろします。

④キャスターを浮かして後ろへ下がる

・・・ティッピングレバーを踏んで、キャスターを浮かした状態で後ろへ少しずつ下がってください。

⑤キャスターを静かに下ろ

・・・キャスターを下せる位置まで下がったら、キャスターを降ろします。

⑥車椅子の向きを変える

・・・段差を降りたら、車椅子の向きを前向きにしてください。

車椅子で段差を上がるときの介助と操作方法は?

f:id:mikasako176:20220216082106j:plain

(階段を上がるときの操作)

段差を上がるときは、降りるときとちょっと操作が違うので、気を付けてくださいね。

①上がるときに一声かける

・・・降るときと同じように、一声かけてから段差を上がります。

②キャスターを上げる

・・・グリップをしっかり握り、ティッピングレバーを踏んで、キャスターを上げます。

③キャスターを段差の上に載せる

・・・バランスをとりながら、しっかりキャスターを段差の上に載せます。

④後輪を持ち上げ、車椅子を押し出す

・・・後輪を持ち上げて、ゆっくり車椅子を前に押し出します。介護者がつまずかないように、気を付けて前に進んでください。