探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

野幌森林公園は楽しい51!不発弾が出た!ゴールデンウイーク前の公園!

最終更新

近所の庭の桜も花が咲いているところもあるので、そろそろ野幌森林公園でも満開の桜が見られるかなと思い、他のコースを回った後に百年記念塔の周りに行ってみました。

記念塔の周りの桜は満開状態のとこともあれば、これから咲く桜もあってゴールデンウイークには観桜者が多く訪れるのではと思います。

またゴールデンウイークには混むので、その前に公園散策です。

ついでに、今年4月に不発弾が出た場所も見てきました。

カエル池は賑やかになった!

すこしづつオタマジャクシに

(オタマジャクシになってきた)

公園に入る前にカエル池に寄ってみると、エゾアカガエルの卵の中で、オタマジャクシが順調に育っていました。

もう少しで、卵から出て泳ぎ出します。

エゾサンショウウオの卵もあるので、カエルとサンショウウオで賑やかになりそうです。

今年は今のところペアでいます。

(今年のマガモは2羽来ています)

元気そうに仲良く泳いでいます。

この池に来るマガモは人に慣れていると見えて、人が寄っても逃げません。

積極的に寄ってくることもないですね。

この池のマガモを見る人は、ちょっかいを出さず写真を撮るだけなので、マガモも安心していると思います。

四季美コースを回ってみました

これからもっと大きくなります

水芭蕉が咲いてきました!)

四季美コースと大沢の池の末端は重複していて、その場所は毎年ミズバショウの群生を見ることができます。

通路を挟むような形でミズバショウがあるので、近くへ行ったときに見てくださいね。

今年もザゼンソウミズバショウが、散策をする人をお出迎えします。

途中にベニチャワンダケがありましたが、一冬越したのでしょうか。

ミズバショウの可愛い頃

黒いちょんまげキンクロハゾロ

(大沢の池)

大沢の池は今のところ水がたっぷりあって、まだ数は少ないですがキンクロハジロが泳いでいました。

夏に向けてカモの種類や数も増えていくと思います。

中央線のエゾエンゴサク

現地ではもっと白いで

(白いエゾエンゴサクを探そう)

今の時期はエゾエンゴサクが最盛期で、至るところに群生しているのを見ることができます。

紫色や青色系統の色が多い中でかなり少ない確率ですが、白いエゾエンゴサクが咲いていることがあります。

見つけると、何かとてもラッキーな気分になります。

ちょっと変わったエンレイソウ

(トイシノエンレイソウが咲いていた)

中央線にあるミズバショウが咲いている湿地帯の向かいに、毎年トイシノエンレイソウが咲きます。

エンレイソウの変種で、緑色のがく片に子房が黒く、葯が白いのが特徴です。

毎年同じ時期に写真を撮っていますが、通路沿いにあるので、誰かに盗られてしまわないか心配です。

いつまでもそのまま残ってほしいですね。

百年記念塔周辺の桜の状態は?

エゾヤマザクラと記念塔

(ゴールデンウイークに満開!)

何本かの桜は既に咲いていますが、これから満開を迎える桜もあるので、今年のゴールデンウイークはタイミング良く桜の満開が見られるでしょう。

桜と百年記念塔の写真を撮ろうと思っていたら、目の前をキタキツネが小走りで駆けていきました。

記念塔のふもとにいた!

軽快に走っていました

百年記念塔近くに不発弾が発見された!

爆弾っぽい形だけど、何か変。

(不発弾が発見された!)

2022年4月12日に不発弾が記念塔近くで発見されました。

朝に遊歩道を歩いていた人が見つけたみたいで、すでに自衛隊に回収され現在は問題もなく、近くを歩くことができます。

その不発弾は半分埋まっていた状態だったのですが、場所は遊歩道のすぐ脇でした。

不発弾?があった場所。何十年もこの場所にあったとは思えませんね。

(不発弾はいつからあったのか?

その不発弾について考えてみました。(探偵みたい)

①いつの時代の不発弾かわかない

・・・自衛隊はわかっているかもしれません。

②百年記念塔が出来たのは昭和45年(1970年)

・・・記念塔の周りも同じ時期に公園化しています。

③当時から不発弾はあったか

・・・芝生の中にあったのですが、当時芝生を植えるときは客土を入れ替えるので、半分出ている状態のまま放置することはあり得ません。

④管理業者が気が付かないわけがない

・・・昭和45年に竣工してから、この芝生の場所は毎年短く芝刈りするので、このような金属があれば気が付かないわけがありません。

この場所は人が良く通る場所で、今の時期だと芝生が短いので丸見え状態です。

私もこの場所はランの花が咲くことがある場所なので、よく花を探し回った場所でした。

⑤今までに花探し名人達の目に触れないことはない

・・・野幌森林公園では花を探して歩く人が多く、その人たちは他の人が気づかない花も見つけ出す人達です。

それらの人が、今までこの不発弾に気が付かなかったことはあり得ないでしょう。

(結果的にはいつ?)

これらから総合的に考えると「不発弾は、以前からあったわけではなく、秋(夏?)の芝刈りが終わって雪が降り始めの時期に誰かが故意に埋めた」と考えられます。

そして埋めた後は雪が降って見えなくなり、雪解けの時期に発見されたということです。

(形が爆弾として実用性が無い)

私も爆弾には素人ですが、素人の私から見ても、この不発弾の形は実用性が無いように見えます。

絵が下手な人が書いた、昔のロケットのような形をしていますね。

これだと羽が引っかかって大砲では飛ばせません。

また羽が大きすぎてバランスが悪い。これだと横に置くことができない。

立てて置けるかもしれないけど、爆弾が倒れるような危険な置き方はしないでしょう。

他の不発弾どの爆弾と比較しても、同じような形のものがありません。

ということで、この不発弾は素人が爆弾に似せて作った「ニセモノ」だと思います。

※その後自衛隊などから不発弾の正体の発表はありませんでした。

(理由は不明!)

誰が何のために埋めたのかはわかりません。

ひょっとすると、百年記念塔の解体に関係するかもしれませんが、それもはっきりしないですね。

謎の不発弾事件でした!

百年記念塔が老朽化していた

(壁が落ちていた)

遠くから見るとそれほど目立ちませんが、よく見ると壁が歪んでいるのと、所々鉄板が剥がれている場所があります。

このままだと、もっとひどい状態になっていくと思います。

展望台のそば

土台のほうですね。

穴が少し開いています。

残念ながら、鉄板も歪んでいて悪くなる一方なので、限界かもしれませんね。