探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

マンションは湿度が高く湿気でカビ発生?対策はクローゼットから?

マンションは気密性が高いので、冬でも暖かいし住むには最適という方もいますが、窓の結露が凄いのには驚いたという方もいます。

その結露の原因は湿気なのですが、その湿気のせいでクローゼットやトイレ、浴室や押し入れなどにカビが発生してしまうことが多いようです。

そのカビは放置しているとだんだん増えてしまい、やがてお気に入りの服などにカビが生えると大変です。

そうなる前にカビ対策を始めましょう。

【目次】

 

マンションの湿度が高い原因は?

 

水分が発生する原因は?

マンションの湿度が高いのは、何らかの原因で建物内部に発生した水分が 気密性の高い建物から外部へ出ることができないため、中にこもって湿度を高くするものです。

この水分が発生する原因には次の物があります。

①換気扇を回さずにお湯を沸かすことや、煮炊きをしている。

②部屋が乾燥するので、加湿器を使っている。

③暖房している部屋としていない部屋があり、暖房をしていない部屋が結露したままにしている。

④洗濯物を部屋の中で乾かしている。

⑤窓にできた結露を放置したままで、拭き取っていない。

⑥入浴後の浴室の湿気をそのままにして、換気を行なっていない。

⑦浴槽にお湯を入れたまま蓋を開けている。

⑧押し入れやクローゼットに物を入れているので、風通りが悪い。

⑨家具を壁に隙間なく置くことにより、風通しが悪くなっている。

⑩カーテンで閉め切っているので、結露が起きても気が付かない。

⑪欠陥工事などで、どこかで内部結露を起こしている。

⑫日当たりの悪い部屋の湿気が漂っている。

このように多くの原因が考えられるので、チェックしてみましょう。

 

マンションのカビ対策は?

 

結露対策はカビ対策!

外気温で冷やされた窓や壁などに部屋内部の水分が触れると、水滴になってやがて結露になってしまいます。

カビが発生しやすいのは、押し入れやクローゼット、浴室、台所などです。

そして結露はカビの原因の一つとなるので、結露を防ぐことはカビを防ぐことになります。

①湿気の発生を抑える・・・調理や煮炊きするときや、お湯を沸かすときは必ず換気扇を回す。

②部屋の換気をする・・・部屋の風通しや風の循環を促すため、窓を開けるか換気扇を回す。

③加湿器を使用しないで、除湿器を使用する・・・必要以上に暖房をしないこと。            

④洗濯物は部屋干ししない・・・洗濯物はなるべく乾燥機を使う。乾燥機が無い場合はエアコンや除湿器を使用して短時間で乾かす。ベランダなどで乾かすのも良いですね。

⑤入浴後は浴室を換気する・・・浴室の換気口で換気して、家族全員入浴した後は浴槽にお湯を溜めた状態にしない。

⑥家具は壁に付けない・・・家具と壁に隙間を作り、風通しを良くする。

 

カビ対策はクローゼットから始まる!

 

クローゼットから始めよう!

クローゼットには大事な衣服が保管されているので、カビが発生しないようにしましょう。

①クローゼットの扉はたまに開ける・・・冷暖房の時にクローゼットの扉を開けて、温度差が生じないようにします。日中に扉を開けておくのも良い方法です。

②衣服は余裕を持って入れる・・・入れすぎると風通しが悪くなります。

③除湿剤を入れる・・・除湿効果は常にチェックするようにします。

④脱いだ服は乾かしてから入れる・・・着ていた服は湿気を含んでいるので、乾かしてからクローゼットに入れましょう。

⑤服を適宜入れ替える・・・扇風機やエアコンの除湿機能を使いながら、入れ替えると湿気が取れます。

⑥長期間使わない衣類は圧縮袋を使用する・・・圧縮袋に入れると真空状態になります。カビは真空状態では発生しません。

 

まとめ

マンションでのカビ対策は湿気対策が重要で、継続して行わなければなりません。

対策については、日常的に行う生活習慣として行うと気持ちも楽ですよ。