探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

片思いの告白で中学生が成功率を上げるには?告白NGの言葉は?

中学校に入学すると、小学校の時よりも色々な人と出会うことや話すことも増えます。

そのような日常で、気になる人や好きな人ができることもあるでしょう。

そして自分は相手を好きだけど、相手は自分のことをどう思っているかわからない、という「片思い」の人も多いですよね。

今回は、片思いの女子中学生が相手に告白するときに、成功率アップさせる方法と、告白するときにNGな言葉をご紹介します。

告白すべきかどうか、悩む女子中学生

(片思いになると・・・)

片思いになると、主に次のような精神状態になることが多くなります。

①相手の行動や態度が気になる

・・・好きな相手がとても気になり、つい見とれてしまいます。

②相手が自分をどう思っているか知りたい

…自分に好意を持っているか、確認したい。

③彼女はいるのか知りたい

・・・相手に彼女かいるのか、好きな人は誰かも知りたいという感情です。

④告白したいけど迷う

・・・告白して結果を確かめたいけど、恥ずかしいとか結果を知りたくないという感情がある。

⑤告白して断られるのが嫌だ

・・・勇気を出して告白しても、断られるとショックを受けてしまう。

⑥結果によっては元の関係でいられない

・・・もし振られたら、今までのような関係ではいられない。会うのが恥ずかしい。割り切って前のように付き合えない。

これらの感情のほかにも、告白に失敗したときの嫌な思いをするなら今のままでいいやと考えてしまうことが多いですね。

でもやっぱり告白して、はっきり好きなのを伝えた方が良いのでは、すぐに考えなおして悩んでしまうのです。

それで結局、いつまでもモヤモヤした日が続いて相手が気になり、勉強も手につかず成績も落ちてしまうという悪循環を生むこともあります。

片思いは告白しないと成功しない!

(告白は1番の近道)

「片思いでいても、いつかは自分の気持ちが伝わり、相手が気づくのでは?」という希望を持つ人もいますが、現実に相手の方も何十人との出会いや付き合いもあるので、黙って待っていても気持ちは伝わらないし、関係も進展しません。

アニメやドラマのように、曲がり角でぶつかった二人が恋愛に落ちるということも無いし、単に怪我をしてしまいます。

もし相手が自分に好意を持ってほしいと考えるなら、告白することが一番の近道です。

(告白の結果は人生の経験)

告白して相手がOKであれば、願いが叶って新しい関係が生まれ、楽しい生活を送ることができるかもしれません。

告白して相手がNOだった場合、その結果を人生の経験にしてしまいましょう。

そのときは悲しいことだと思いますが、現実に中学校の時に好きだった人と結婚して幸せになっている人よりも、これからの高校、大学、社会人になってから出会った人と、幸せに暮らしている方が圧倒的に多いのです。

告白に成功しても経験、失敗しても経験です。

素直に自分の気持ちを相手に伝え、相手からの気持ちを聞くことができたことを最大の経験値アップと考えることが大切です。

告白で成功率アップをする方法と言葉は?

(成功率アップの主なポイント)

告白は人生の経験と言いましたが、成功させたいというのは当然の恋愛感情です。

少しでも告白の成功率アップを目指すなら、次のポイントを押さえてくださいね。

①告白のタイミング

タイミングとして、競技大会前のクラブ活動時やテスト前の勉強する時期は避けましょう。

カップルが生まれるタイミングで多いのは、競技大会やテストが終わったあとの学校のイベント、文化祭、地域のイベント前、花火大会などです。

②相手が1人のとき告白

相手の立場を考えて、周りに人がいないときに告白します。

返事をすぐに要求しないようにします。

相手からの返事を焦らせないように、考える余裕を与えるようにしてください。

③直接言葉で伝える

1番気持ちが伝わりやすく、ラインやメールより成功率を高める方法です。

④雰囲気に影響されない

周りの盛り上がりに乗っかった告白は、本気度が薄れるのでやめましょう。

相手とは1対1のほうが良いです。

⑤顔見知りでない場合

あまり会話をしたことが無いとか、直接相手と関係性が無い時は、第三者にラブレターなどを頼むこともありです。

また知らない相手にいきなり告白されても、びっくりすることもあるので、友人を介して気持ちを伝えてもらう方法もあります。

(成功率アップの告白の言葉は?)

成功率アップの方法+告白の言葉で、気持ちを伝えましょう。

①前から好きでした。付き合ってください

シンプルなわかりやすい言葉で、相手に彼女がいない場合に成功率が高い言葉です。

②彼女がいないなら、付き合ってください

シンプルな言葉で、気持ちが伝わります。

前もって相手に彼女がいるかどうかを調べておいたほうが良いです。

③他に好きな子がいないなら、彼女にしてください

代表的な告白の言葉です。

相手に彼女がいないときに伝えましょう。

④好きです。付き合ってください

告白するのに、余計な言葉は必要ありません。

自分の思っていることを素直に伝えるだけです。

告白が叶わないNGの言葉とは?

相手のことを考えない言葉はNGなので、使わないようにしましょう。

①ねえ、付き合ってみない

いまいち、相手に自分の気持ちが伝わりません。

②あの人より私の方が良いわよ

自己中心的な考えだと思われます。

③好きな人がいても良いから付き合って

相手は何と答えたら良いのかわからす、困ってしまいます。

④○○君なら楽しいかなって

相手のことを考えず、自分さえよければ良いのかと思われます。

⑤付き合ってあげてもいいよ

高飛車な態度は、嫌われることが多いです。一体何様と思われます。

これらのように、相手のことよりも自分のことばかり考えているような言葉では、相手に自分の言葉は伝わらないでしょう。

告白する言葉は、しっかり選んで使いましょう位。

まとめ

告白したあとの結果は、個人個人の関係性があるので、はっきり成功するとは言えません。

また、ドラマと違いいつかチャンスが巡ってくると思っても、実際には訪れてこないのがほとんどです。

良い思い出として残すのも個人の考えですが、思い切って告白し結果を受け止めるのも自分の人生です。

良いことに出会うため、1歩前に進むことを応援します。