探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

甘酒を手作りしよう!酒粕と麹で作る簡単レシピは?

甘酒は白く混濁している日本の伝統的な夏の甘味飲料で、起源は古墳時代に遡ると言われています。

酒と言う文字が付いて見た目は「どぶろく」と似ていますが、アルコールはほとんど入っていないので、現在の日本ではソフトドリンクとして子供から大人まで飲まれています。

そして甘酒にはビタミンB群、葉酸、植物繊維、オリゴ糖ブドウ糖などが含まれているので、夏バテ予防の栄養剤としても人気があります。

今回はその甘酒を、自宅で酒粕と麹を使い簡単に作るレシピをご紹介します。

甘酒にはどんなものがあるの?

甘酒には酒粕と米麹をそれぞれ使う方法と、二種類を合わせた甘酒があります。

酒粕で作った甘酒)

酒粕は麹菌と酵母菌を発酵させているものなので、ビタミンB群やタンパク質、植物繊維が多く含まれています。酒粕自体の栄養価は高いですが、ほとんど甘味がないので、砂糖などの甘味を加えます。

(米麹で作った甘酒)

麹菌が分泌する酵素により、米に含まれているデンプンが分解しブドウ糖などに変化します。

このブドウ糖が甘味を、米のタンパク質から作られるアミノ酸がうま味を出し、自然な甘みを出します。

酒粕と米麹で作った甘酒)

日本で現在最も人気のある森永製菓の缶入り甘酒は、酒粕と麹の両方を使用し、砂糖、食塩、酸味料加えられています。

甘酒の栄養効果は?

甘酒には様々な栄養が含まれていますが、特に豊富に含まれているということではないので、過度に期待を持つことは控えましょう。

薬ではなく甘味飲料なので、少しくらいは効果があるかもと言う気持ちで考えてくださいね。

①腸内環境を整える

食物繊維により腸内の善玉菌を増やし、便通を良くすることでスムーズな排便を促します。

②高血圧・高コレステロールの改善

ビタミンB群が糖代謝、脂肪燃焼を促します。

疲労回復

アミノ酸の効果により、疲労回復、筋肉増量など体力増強が期待できます。

酒粕だけで作る甘酒レシピは?

材料:酒粕60g・砂糖大さじ2杯・水300cc・塩適量

①鍋に酒粕と水を入れ12時間ほど放置・・・放置して2時間ほど経ったら、軽くかき混ぜてください。

②放置している間、時々混ぜる・・・適当な時間ごとにかき混ぜて、ほろほろ崩れたら崩れたままにしておきます。

③12時間経ったら加熱し、砂糖と塩を加えてください。

④強火で沸騰したら、弱火にして全体をなじませます。

⑤火を止めて適当に放置して出来上がりです。

麹だけで作る甘酒レシピは?

材料:米麹200g・水200cc

①炊飯器の中に米麹と水を入れてください。

②蓋を開けたまま、湿った布巾を被せます。

③蓋を半開きのまま閉めて、保温ボタンを押します・・・蓋を完全に閉めないように、注意してください。

④4時間ほど経過した後、米麹と湯を均一にかき混ぜてください。

⑤さらに4時間保温すると出来上がりです。

カップなど容器に入れて、冷やして飲んでくださいね。

まとめ

甘酒は酒粕でも麹でも、どちらでも簡単に作ることができるので、あとはどちらの味が自分好みなのか比較してみましょう。

そして、あの白いトロトロ食感で元気を出して、暑い夏を乗り切りましょう。