探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

車いすテニスとテニスルールの違いは?クアードとはなに?  

車いすテニスは、障がい者車いすに乗って行うスポーツですが、障がい者とは思えないようなスピードとテクニックには、ほとんどの人が驚くと思います。

見た目は車いすに乗っているだけで、一般のテニスと変らずラリーの応酬やサービスエースなどテニスの魅力を十分感じさせてくれます。

その車いすテニスと一般のテニスとの違い、また、車いすテニスで使われているクアードと言う言葉について解説します。

 

車いすテニスとテニスのルールの違いは?

(テニスとのルールで大きな違いは?)

大きな違いは、車いすに乗っていることと2バウンドでの返球が認められていることです。

そして、1バウンド目がコートに入れさえすれば、2バウンド目はコート外でも構いません。

その他のコートの広さや、使用するラケット、ボールも違いはありません。

ちなみに2008北京、2012年ロンドン、2021年の東京パラリンピックでシングル3つ目の金メダルを獲得した「国枝慎吾」は、ほとんどのボールを1バウンドで打ち返します。

 車いすテニスの車いす使用上のルールとは?

 

車いす使用上のルール)

大きなルールの違いは、前項の2バウンド制がありますが、車いす自体を使用する際のルールは存在します。

これは、一般のテニスとの違いというより、車いすテニス独自のルールになります。

①サーブを打つとき

・・・車いすを一度静止させ、そのあと車いすをひと漕ぎしてサーブを打つことができます。

ただし、ラインを踏むとフォルトになるので注意しましょう。

②ボールを打つとき

・・・打つときは、おしりを車いすから浮かせてはなりません。

③足を使って車いす操作はNG

・・・地面に足を付けたり、

足を使って車いす操作をすることや、地面に足を付けて車輪にブレーキをかけることは禁止されています。

ブレーキをかけるときは、手でかけるようにします。

車いすは身体の一部

・・・車いすは身体の一部とみなされ、ボールが車いすに触れると相手に点数が入ります。

 車いすテニスのクアードとはなに?

(クアードとは)

車いすテニスには、男子、女子、クアードという3種類のクラスがあります。

その中でクアードとは、下肢だけではなく四肢に麻痺(手指にも障害をもつ)のクラスをいいます。

(クアード選手ができること)

①手とラケットを固定

・・・障がいが比較的重たいので、握力不足を補うために手とラケットをテープで固定することができます。

電動車いすを使用

・・・車いすテニス用の車いす操作ができない選手は、電動車いすを使用することもできます。

③ワンバウンドでサーブ

・・・クアード選手の中には、第三者がワンバウンドした球をサーブとして打つことができます。

まとめ

車いすテニスの試合を見るとわかりますが、選手たちのスピード、テクニック、体力などは一般の競技テニスに引けを取りません。

その素早く車いすをコントロールするフットワークには、目を離せませんよ。