探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

妊婦さんにオススメ!ビーツの栄養成分と効果とは?

近年、健康志向の高まりとともに、スーパーフードと呼ばれる食材が注目を集めています。

そのスーパーフードの中でも、ビーツは近年特に人気が高まっている食材の一つです。

ビーツには、栄養成分が豊富に含まれており、健康を維持するのに重要な役割を果たし、高血圧の予防や妊娠中の健康維持に大いに役立ちます。

今回は、ビーツとはなにか?栄養成分と効果、妊娠中の健康促進への活用方法について解説します。

栄養価満点のスーパーフード「ビーツ」とは?

(ビーツとは?)

ビーツとは、アメリカやヨーロッパでは日常的に食べられている野菜で、赤カブのような形態をしていますが、テンサイと同じアカザ亜目フダンソウ属の野菜です。

主にオランダやオーストラリアなどで生産されていますが、日本でも北海道や長野県、茨城県などで栽培されており、6月~7月頃と11月~12月頃が旬の季節です。

(ビーツの特徴は?)

①鮮やかな色

・・・ビーツは、その特徴的な赤紫色が印象的で、料理に彩りを加えるのに最適です。

皮も内側も鮮やかな赤紫色をしていて、輪切りにすると年輪のような模様があります。

ビーツの中には、赤紫色以外にも黄色や白、白地に赤紫の渦巻き模様があるものもあります。

甘みのある風味

・・・加熱すると自然な甘みが引き出され、サラダやスープ、ジュースなど幅広い料理に利用されています。

生で食べると大根やカブに似たシャキシャキとした食感であり、煮込むとジャガイモに似たホクホクした食感になります。

ビーツ 2kg Fresh Beet 農薬不使用 Pesticide-free 国産 農家 神奈川県産

ビーツ水煮 200g×2袋 いちょう切り ちえんのうえん 神奈川県 平塚産 無農薬 ビーツ

ビーツの栄養成分と効果!鉄分補給や高血圧予防にも効果がある?

(ビーツの栄養成分)

ビーツ(茹で)100g当り栄養成分 文部科学省食品成分データベース参照

①カロリー 42kcal

・・・生命活動に必要な栄養です。

②タンパク質 1.5g

・・・筋肉や臓器の構成成分、酵素・抗体・ホルモンの原料になります。

③炭水化物 10.2g

・・・糖質と食物繊維の総称で、糖質はエネルギー源になります。

④ナトリウム 38mg

・・・細胞内外のバランスを調整します。

カリウム 420mg

・・・体内の余分なナトリウムを排出し、高血圧予防に効果があります。

⑥カルシウム 15mg

・・・健康な歯と骨を作ることや血液の凝固や心機能・筋肉の収縮などに関ります。

マグネシウム 22mg

・・・筋肉の収縮・弛緩や神経伝達物質の生成に役立ち、筋肉の痙攣やストレスの緩和に効果があります。

⑧鉄 0.4mg

・・・ヘモグロビンを作るために必要な栄養素で、貧血予防に効果があります。

葉酸 110μg

・・・胎児の神経管閉鎖障害予防に効果があり、妊娠中の女性にとって重要な栄養素で、胎児の正常な発育をサポートします。

⑩ビタミンC 3mg

・・・抗酸化作用があり、免疫力向上に効果があります。

⑪食物繊維 2.9g

・・・腸内環境を整え、便秘解消やコレステロール値の低下に効果があります。

(ビーツの効果)

①鉄分補給

・・・ビーツに含まれる鉄分は、血液中のヘモグロビンの生成を助け、酸素の運搬を促進します。

これにより、貧血の予防や改善に効果的です。

②高血圧予防

・・・ビーツには硝酸塩が含まれており、体内で一酸化窒素に変わることで血管を拡張し、血圧を下げる効果があります。

③妊娠中の健康維持

・・・葉酸は胎児の神経管の発達を助け、先天性異常のリスクを低減します。

また、ビーツの栄養素は妊娠中の全体的な健康をサポートします。

④抗酸化作用

・・・抗酸化作用が、細胞の老化を防ぎ、全体的な健康を促進します。

⑤運動能力向上

・・・硝酸塩が筋肉の酸素利用効率を改善し、疲労を軽減する効果があります。

⑥認知機能向上

・・・ベタシアニンが脳の血流を改善し、認知機能を向上させる効果があります。

デトックス効果

・・・ベタシアニンが体内の有害物質を排出する効果があります。

ビーツ タブレット ビートルート 宮崎県産 無農薬 ビーツパウダー 47500mg 190粒 1ヶ月分 日本製 無添加 栄養成分分析済 LPLUXIA

ビーツ タブレット ビートルート 宮崎県産 無農薬 ビーツパウダー 47500mg 190粒 1ヶ月分 日本製 無添加 栄養成分分析済 LPLUXIA

ビーツで妊娠中の健康を促進!活用する方法とは?

妊娠中の健康を維持するためには、バランスの取れた食事が欠かせません。

ビーツは、その豊富な栄養成分から、妊娠中の女性に特におすすめの食材です。

ここでは、ビーツの健康効果と妊娠中に活用する方法についてご紹介します。

(ビーツの健康効果)

①鉄分補給

・・・ビーツは鉄分が豊富で、妊娠中の鉄分不足による貧血予防に効果的です。

鉄分は赤血球の生成を助け、母体と胎児に必要な酸素を供給します。

葉酸の供給

・・・ビーツには葉酸が多く含まれており、胎児の神経管の正常な発育をサポートし、先天性異常のリスクを減少させます。

③食物繊維

・・・腸内環境を整え、便秘解消やコレステロール値の低下に効果があります。

妊娠中は便秘になりやすいため、食物繊維を積極的に摂取することが大切です。

④抗酸化作用

・・・ビーツのベタレインは強力な抗酸化作用を持ち、母体の細胞を保護し、健康を促進します。

⑤血圧の安定

・・・ビーツの硝酸塩は血圧を下げる効果があり、高血圧のリスクを軽減します。

⑥ビタミンC

・・・ 抗酸化作用があり、免疫力向上に効果があります。

ビタミンCは、妊娠中の感染症予防にも効果があると言われています。

(ビーツを活用する方法)

①サラダに加える

・・・ビーツは生でサラダに入れることで、栄養をそのまま摂取できます。

薄くスライスして、レモンジュースやオリーブオイルで和えると美味しいです。

②スムージーやジュースに

・・・ビーツをスムージーやジュースに加えることで、手軽に栄養補給ができます。

リンゴや人参、オレンジなどと一緒にミキサーにかけて飲むのがおすすめです。

③スープやシチューに

・・・ビーツを煮込んでスープやシチューにすることで、温かい料理でも栄養を摂取できます。

特にボルシチ(ビーツのスープ)は人気です。

④ローストビーツ

・・・ビーツをオーブンでローストすることで、甘みが引き出され、美味しく食べられます。

オリーブオイルとハーブをまぶして焼くのがおすすめです。

⑤ピクルスにする

・・・ビーツをピクルスにすると、長期保存が可能で、サラダやサンドイッチのアクセントになります。

ビーツ レトルトパック 100g 5袋セット Sweet Beets Box 北海道産 ビーツ野菜 食品添加物不使用

熊本みなみピクルス 健康セット ビーツピクルス(和風)&玉ねぎと黒オリーブのピクルス

まとめ

ビーツは、その豊富な栄養成分と多くの健康効果で、日常の食事に取り入れる価値のある食材です。

積極的に取り入れて、健康な生活を目指しましょう。