探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

引越し時は事前に洗濯機の水抜きを!水漏れを防止する方法は?

最終更新

f:id:mikasako176:20220209110601j:plain

引っ越しする時に気を付けなければならないことに、洗濯機の水抜きがあります。

水抜きをしないまま洗濯機を運ぶと、場合によっては本体の中に残っている水で、床を水浸しにする方も少なくありません。

また床が濡れると足が滑ることもあり、とても危険です。

そうならないためには、引っ越しの当日か前の日にしっかり水抜きをしましょう。

引っ越し前にする、洗濯機の水抜きの方法をご紹介します。

洗濯機は、引っ越しの時に水漏れすることがあるので注意!

f:id:mikasako176:20220209110941j:plain

(洗濯機には水が残っている)

洗濯機は使用するときに、本体に水を大量に入れて洗濯したり脱水したりしますよね。

そして洗濯が終わった後には自動的に排水を行うのですが、本体の水の全てが排水されるのではなく、ある程度の水が残ったままの状態なのです。

そのため、洗濯機を傾けることや、引っ越しのように運んでいる最中に、この残っている水が排水ホースなどから流れ出て、床を水浸しにすることがあります。

(水が漏れると危険!)

床が水で濡れると足が滑ってしまい、転んでけがをすることもあり、運んでいる荷物をぶつけて破損する恐れもあります。

そうならないためには、しっかりと洗濯機の水抜きを行いましょうね。

引っ越し前に洗濯機の水抜きをする方法は?

f:id:mikasako176:20220209112716j:plain

(水抜きの流れは)

水抜きは引っ越し当日よりも、前日に行うと時間的に余裕があって良いと思います。

①洗濯機が空なのを確認します

・・・衣類などの洗濯物を全て取り出します。

②給水栓の蛇口を閉め、給水ホースを外す

・・・給水ホースは給水栓につながっています。

③電源を入れて、脱水コースを選んでスイッチを入れます

・・・15~30秒で電源を切ってください。

④本体を傾けて内部の水を抜きます

・・・傾けるときはゆっくりですよ。ドラム式は、本体の下部のドレン(排水用のつまみ)を緩めて排水します。

排水を受ける容器を用意して水を受け止めてください。

⑤排水が終わったら、排水孔から排水ホースを取り外します

・・・排水ホースの先端をビニール袋などで包んでおくと、水がこぼれません。

これで完了です。

引っ越し後に洗濯機を設置

f:id:mikasako176:20220209111806j:plain

(自分で設置する方法)

洗濯機の設置込みの引っ越し料金なら別ですが、ほとんどの引っ越し業者は、洗濯機置き場に洗濯機を置いていくだけで、その後の設置は自分で行うことが多いと思います。

その場合の一般的な設置方法は、次を参考としてください。

①コンセントにアース線を取り付ける

・・・洗濯機を置く場所のコンセントには、ほとんどアース線を取り付ける部分があります。また、電源もコンセントにつなげます。

②排水ホースを排水孔に取り付けます

・・・排水ホースが本体に固定しているのを確認します。そのあとに排水ホースを排水孔に取り付けます。排水孔から排水ホースが抜けないように、ガムテープなどで固定すると良いですよ。

③給水栓の蛇口に給水ホースをつなぎます

・・・外れないことをしっかり確認したあとに、給水栓を開きます。

④試運転をします

・・・試運転をして、周りに水漏れなどが無いのを確認して、異常が無ければ設置完了です。

まとめ

洗濯機の水抜きは、引っ越しする時の基本的な準備項目の一つです。

水抜きは簡単にできるので、引越しするときは忘れず行うようにしましょう。