探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

車椅子の種類と特徴は?スポーツによる車椅子の形の違いは?

車椅子は何らかの原因で歩行困難になった方が、移動するために使用する福祉用具です。

一般の車椅子の構造としては、移動するための車輪と利用者の身体を支える座席、介助用の手押しハンドルが付いています。

そして車椅子の種類を大きく分けると、次の三種類になります。

①介助・看護に使用する

②電動で移動する範囲を広げる

③スポーツなどを楽しむ補助用具として使用する

これらの車椅子の種類と特徴車椅子でできるスポーツは?スポーツで使用する特別な車椅子の形の違いについて解説をします。

車椅子にはどんな種類と特徴があるの?

(車椅子の性能別の種類)

①自走式車椅子・・・20~24インチの駆動輪(後輪)にハンドリムが付いており、利用者が自力で駆動させ移動する車椅子です。

利用者の背中側に介助者が操作できる手押しハンドルが付いているものもあります。

公共施設や病院、スーパーなどに用意されている一般的な車椅子です。

②介助式車椅子・・・自走式車椅子と似たタイプですが、自走式と異なり後輪は小さくハンドリムは付いていません。

車椅子を自走させることができない利用者が乗り、必ず介助者が後ろにいて操作するタイプです。

③電動式車椅子・・・車椅子に電動ユニットが付いており、車輪を駆動するのは電動モーターです。

利用者が手元のジョイスティックやハンドルを操作して移動します。

免許は不要で歩行者とみなされ、歩道を走ることができます。

④リクライニング式車椅子・・・一般の車椅子と似ている形ですが、背もたれの傾斜角度を変えることができます。

座っている姿勢を保つことが困難な方が利用します。

⑤ティルト式車椅子・・・・背もたれのリクライニングと一緒に座席も傾くので、起きて座っている姿勢のままで後ろへ倒すことができます。

スタンドアップ式車椅子・・・通常は一般の車椅子として利用しますが、利用者が立ち上がる姿勢が必要なときに、座席と背もたれが起き上がるような形で利用者の立ち上がりを補助します。

⑦競技用車椅子・・・スポーツの種類に合った特徴を持つ車椅子で、パラリンピックや多くの競技会で使用されている車椅子です。

競技に合わせて車椅子を特別仕様にすることもあります。

車椅子を使用して行うことができるスポーツは?

(車椅子を使用する障がい者の主なスポーツ)

①アーチェリー・・・四肢麻痺や胸・腰髄損傷の重度の障がい者の方は車椅子を使用します。

車椅子バスケットボール・・・八の字車椅子を巧みに捜査して攻防を行う、障がい者スポーツでも人気のあるスポーツです。

③車椅子ラグビー・・・車椅子が激しくぶつかり合うタックルが認められています。

また耐久力のある車椅子を巧みに捜査して、ゴールを目指します。

④車椅子テニス・・・ツーバウンドで返球が認められている以外は、一般のテニスと同じです。

⑤卓球・・・障がいの度合いによっては、車椅子を利用します。

⑥車椅子フェンシング・・・小型の動きやすい車椅子を使用します。

⑦車椅子カーリング・・・車椅子に乗ってカーリングを行います。スウィープが無い分、正確なショットが求められます。

⑧バドミントン・・・車椅子の場合、重度によって区分され、同じクラスごとに協議します。

陸上競技・・・車椅子を利用した者同士で競います。種目に合わせた特注のある車椅子を利用します。 

⑩ボッチャ・・・チームに分かれて車椅子を使用して行います。選手のテクニックが目を見張るものがあります。

一般の車椅子と競技用車椅子の違いは?

(形や強度が違う)

一般の車椅子と異なり、スピードや耐久性が要求されるので、駆動輪が八の字になっているものやフレームや車輪にカーボン、チタンを使用して軽量・高強度にしているものがあります。

(競技の特性に合わせる)

それぞれのスポーツに適した車椅子が用意されています。

陸上などでスピードを競う種目では、車椅子本体から前輪を伸ばした形の安定性の良い3輪車が使用されています。

(回転しやすく安定している)

小回りや安定性があり、使いこなせば身体の一部のように操作します。

まとめ

スポーツで使用する車椅子は特注のオリジナルが多いので、一般の車椅子よりも高価になります。

同じ車椅子と呼ばれていても、まったく別物と考えたら良いでしょう。