探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

靴底の滑り止めシール・スプレー・かかとステッカーの使用方法と効果は?

f:id:mikasako176:20211125060244j:plain

雨の日や雨が降りやんだときに、タイルなどの床の上と歩くと、突然滑ったりして転びそうになることはありますよね。

そのように靴が滑ることが心配な方は、靴底の滑り止めグッズを使用してはいかがでしょうか。

今回は、靴の底やかかと部分など、滑りやすい場所に使う滑り止めグッズの、使用方法と効果についてご紹介します。

 

滑り止めシールの使用方法と効果は

 

f:id:mikasako176:20211125060308j:plain

夏用のビジネスシューズは、底面が平坦で模様の無いものが多いので、雨の日などはとても滑りやすいものです。

そのような平坦な靴底には、つま先面に滑り止めシール(素材:合成ゴム)を貼ると良いですよ。

(使用方法)

①靴底の接着面の汚れを取り、添付されている紙やすりで擦ってください。

②靴底に貼る大きさに合わせて、シールを切ります。

③シールから台紙を剥がすと、接着剤テープが付いているので、靴底に貼ります。接着剤テープの接着力の強さが不安な方は、ゴム用の靴修理用のボンドを使うと接着力が強くなります。

④貼ってからある程度時間を置くと接着します。剥がれなければ完成です。このとき履いたまま体重をかけて、じっと接着する方法も良いです。

(効果)

・シール側に模様が付いているのでグリップ力があり、雨の日も大丈夫です。

・雪道や凍っている場所では、効果が落ちます。

・耐久性が高いとはいえませんが、滑り止め効果とクッション性があります。

 

滑り止めスプレーの使用方法と効果は?

 

f:id:mikasako176:20211125060337j:plain

冬に急に雪が降ったときに、ノーマルタイヤに吹き付けると雪道走行ができるようになるというスプレーがあります。

そのタイヤ用のスプレーを靴に塗り、滑り止めに使うということです。

スプレー液は粘着性のある樹脂製です。

(使用方法)

①靴底の汚れを取り、スプレー缶を約30回よく振ってからスプレーしてください。靴の他の部分にスプレーすると、液が取れにくくなるので注意しながらスプレーしてください。

(効果)

・スプレーするだけで、簡単にグリップ力が増します。

・靴底が平坦でも、凸凹模様がついていても、スプレーできます。

・雪道や氷上では、ある程度グリップ力を発揮しますが、一般の雪の無い道路ではすぐに拭き付け部分が減るなど、商品によってグリップ力に差があります。

 

滑り止めかかとステッカーの使用方法と効果は?

 

f:id:mikasako176:20211125060401j:plain

靴のかかと部分が平坦で模様が無い場合は、かかと部分に滑り止めステッカーを使用する方法があります。

(使用方法)

①靴のかかと部分の汚れを取り、添付されている紙やすりで擦ります。

②キザキザになったかかとの接着面に、台紙を剥がしたステッカーを張ります。

③ある程度の時間をおき、十分接着すると完成です。

(効果)

・シールと同等の効果ですが、つま先用滑り止めシールと併用すると、より滑り止め効果が増します。

・雪道や凍っている場所では、効果が落ちます。

・耐久性が高いとはいえませんが、滑り止め効果とクッション性があります。