探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

野幌森林公園!10 将来百年記念塔は無い・オニノヤガラはどこ?

f:id:mikasako176:20210922141157j:plain

<春は桜が綺麗です>

野幌森林公園のシンボル「百年記念塔」は、高さがぴったり100mあります。

1970年7月に竣工したので、2021年で51年経ちました。

建った当時は、札幌テレビ塔の次に高い建物でした。

しかし、現在まで公園を訪れる人の目を楽しませていましたが、老朽化によって腐食が進み、金属片の落下などにより現在は立ち入り禁止になっています。

2019年に将来解体する方針が決まりました。

2022年の秋くらいから撤去が始まるそうです。

百年記念塔の周りは、北海道の四季が見れます

(野幌森林公園を代表するモニュメント)

野幌森林公園を訪れる人は、最初に見える巨大なモニュメントだと思います。

百年記念塔へ向かって水路と噴水があり、周りには広大な芝生広場があり、家族やグループが遊びに来ています。

芝生広場は結構広いので、テント遊びをしたりボール遊びなど、多少人がいても邪魔になりません。

百年記念塔の周りの植栽は、春の桜・ツツジから始まり、夏の深緑、秋の紅葉、冬景色など、四季を通じて色々な姿を見せてくれます。

(四季の写真)

f:id:mikasako176:20210922141303j:plain

<春のツツジ

雪解けが終わって、雪が無くなったころから徐々にツツジが咲いてきます。

だんだん写真撮影の季節になります。

赤い色がまぶしいですね。

f:id:mikasako176:20210922141345j:plain

<夏は深緑。休日には噴水が動くこともあります>

ここの芝生広場は障害物が無いので、天気の良い日は暑いです。

でも噴水でちょっとは涼しい感じがするかな。

f:id:mikasako176:20210922141436j:plain

<秋は当然、紅葉ですね>

百年記念塔の周りの樹木は、四季それぞれで花が咲いたり、紅葉したりするので、景色の良さには事欠きません。

紅葉も奇麗ですよ。

f:id:mikasako176:20210922141641j:plain

<冬は雪で周りは真っ白になります>

記念塔周りは冬でもある程度歩けるようになっていますが、歩くスキーやスノーシューを使って歩いている人も多いです。

展望台は、意外と低い!現在は入れません!

f:id:mikasako176:20210922141940j:plain

<塔の高さ1/4くらいに展望台があります>

(危険なので立入禁止です)

立ち入り禁止になる前には、内部に出入りでき、展望台からは札幌の風景を見ることができました。

展望台のイメージだと、高さ100m位のところからの展望を想像しますが、実際は25m?位の高さの展望台で、意外と低いと感じると思います。

はっきり言うと思ったほどに展望台から見る景色は、残念ながら大したことはありません。ちょっとがっかりするかも。

展望台には、階段を徒歩で上がりますが、低いので結構早く着いてしまいます。

今はこのようなことも、思い出になってしまいました。

f:id:mikasako176:20210922142045j:plain

<展望台かの札幌の景色。芝生も広いですよ。>

(展望台は以外に低い)

以前に展望台に入れたときの写真です。

手前の人は小さく見えますが、厚別区の景色はそれほど高い場所から見た景色には見えません。

新札幌の高層ホテルの展望室から見た景色の方が良いですね。

百年記念塔の下の秘密基地?

(以前は食堂施設もあった)

本当は秘密基地では、ありません。ごめんなさい。

百年記念塔の下には、お休みコーナーがあり、誰でも自由に利用できます。

長椅子とテーブル、自動販売機、トイレ、水のみ場があります。

20年くらい?前は食堂のようになっていて、うどんなどを食べることができましたが、現在はそのような施設は無くなってしまいました。

向かって左側には、「森の自然教室」というスペースがあります。

クマゲラを始め、10個くらいのはく製を飾っています。

f:id:mikasako176:20210922142255j:plain

<場所は真下ではなく、ちょっとずれています>

f:id:mikasako176:20210922142404j:plain

<夏は日陰なので、ちょっと涼しい>

お休み処として、利用できます。

自動販売機もあるので、夏の暑い日や雨が降った時にはここへ避難できます。

f:id:mikasako176:20210922142505j:plain

<ちょっとした勉強ができますよ>

f:id:mikasako176:20210922142547j:plain

<結構、クマゲラは大きいです>

剥製だと実際の大きさが具体的にわかります。

クマゲラはカラスより一回りちいさいですね。

高校生クイズの舞台にもなったよ

(朝から人が大勢いました)

2009年8月には、百年記念塔の下で、「高校生クイズ」のロケが行われました。

当時結構人気番組だったので、テレビで見た人もいるのではないでしょうか。

朝から準備は大変ですね。

f:id:mikasako176:20210922142644j:plain

<懐かしい番組です>

f:id:mikasako176:20210922142740j:plain

<朝から準備で賑やかでした>

始めは何事かと思いました。何か事件が起きたのか!

と思ったら、TVの番組ロケでした。

現在の百年記念塔は、こうなっています。

(現在は立入禁止)

百年記念塔自体は、立ち入り禁止になっています。

塔の周りも360度池のように、タプタプに水を張っていましたが、今は水も抜いています。

いつまで展望台に入れたかは忘れてしまいましたが、シルエット自体は今でも壮大な感じがしますね。

いずれ、残念ながら姿を消すと思いますが、いまのうちに記憶に残しておきましょう。

f:id:mikasako176:20210922142856j:plain

<以前はたっぷりの水がありました>

f:id:mikasako176:20210922142931j:plain

<現在は、水が抜かれ底が見えます>

f:id:mikasako176:20210922143037j:plain

<立ち入り禁止の看板があり、今はバリケードも張られています>

f:id:mikasako176:20210922143135j:plain

<それでもシルエットは、いつもの百年記念塔です>

オニノヤガラはどこにある?

f:id:mikasako176:20210924141946j:plain

オニノヤガラ(鬼の矢柄)は、ラン科の多年草で、花は咲きますが葉っぱがありません。

高さは、0.4m~1.0mくらいで、高さはまちまちです。

そして、先のほうの30~50個くらいの黄褐色の粒状の花が、下のほうから順番に咲いてきます。ばらけるような感じです。

野幌森林公園では、そのオニノヤガラを見ることができますが、図鑑では多年草と書かれていますが、同じ場所に咲くとは限りません。

どうも、咲く場所が特定できないという植物みたいですね。

オニノヤガラを初めて見たのは、いつだっけ?

f:id:mikasako176:20210924142113j:plain

<道路際で目立つオニノヤガラ!>

オニノヤガラを初めて見たのは?)

オニノヤガラを初めて見たのは、大沢口の方から瑞穂連絡線を百年記念塔へ向かう途中でした。

写真のように遊歩道のすぐ横にありましたが、当時オオタカの巣を見に行くのが目的だったので、オニノヤガラがこんなに大きくなっていたのに、気付かなかったという、お粗末な話です。

この遊歩道を通っている人が撮影しているのを見て、何を撮っているのかなと思ったらオニノヤガラだったわけです。

確かに地面に矢が突き刺さったようなランです。

2本並んでいて、大きい方は1.2mくらいありました。

今までで、一番観察しやすい場所にあったオニノヤガラでした。

この後、この位置では咲くことは無くなりましたが、このコースの草の中では一時期よく見かけました。

f:id:mikasako176:20210924142537j:plain

<結構、花が付いていました。綺麗ですね>

ちょっと先の方が、少し曲がっています。

素直に育ちませんでした。

オニノヤガラは、同じ場所に咲くとは限らない!

f:id:mikasako176:20210924142717j:plain

(目立つところに咲くのだけれど)

なかなかりっぱなオニノヤガラだったので、毎年育つ様子を写真に撮るのを楽しみにしていました。

しかし、翌年の同じ場所に、オニノヤガラは咲くことはありませんでした。

実際には、とても目立つので、公園の中の見かけることはあると思います。

ただし、葉緑素を持っていないので、光合成は行わず、花が咲いたあとは、徐々に枯れていくので、気が付いたときは無くなっていることがあるかもしれません。

枯れてくるのは下部の花からで、焦げ茶色になっていきます。

f:id:mikasako176:20210924142817j:plain

<下から枯れていましたね。>

下の方から少しずつ茶色にかれてきました。

f:id:mikasako176:20210924144155j:plain

<すっかり茶色くなりました。>

花が咲き終わったら、一足早く茶色に変身です。紅葉にはまだ早いです。

オニノヤガラは、どこに咲くかわからない!

f:id:mikasako176:20210924144251j:plain

<中央線にもあったオニノヤガラ

オニノヤガラはどこに咲く?)

今年は同じ場所に咲いていないなと周りを見たら、前とはちょっと離れた場所に咲いていることはありました。

でも、まったく同じ場所に咲いていたことは見たことがありません。

同じ場所に咲くと、毎年写真を撮るのも楽なのですが、なかなかそういうわけにはいかないのでした。

それでも、たまに色々な場所で見かけるので、それはそれで今年はどこに現れるかな、と想像しながら出会うのを楽しみにしています。

また、形も大きさも違うのが面白いですね。

f:id:mikasako176:20210924145819j:plain

<中央線のオニノヤガラ

このオニノヤガラは、周りに笹が少なかったので、途中から良く見えるところにありました。どれもこのように見やすかったら、良いですけどね。

隣の小さいのも、結局同じくらいの大きさになりました。

蘭のなかまみたいですが、大きさは段違いですね。

どこへ行ったら、見えるのかわかりません。