探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

コンクリート壁の結露でカビ発生?打ちっ放しの結露対策はどうする?

f:id:mikasako176:20211116063848j:plain

コンクリート打ちっ放し壁は、コンクリートそのままの内装が、お洒落なデザインとして多くの人に人気があります。

街の中でもコンクリート打ちっ放しの壁のお店もよく見かけますよね。

しかし、このコンクリート壁の家に住んでいる人の中には、カビや結露がひどくて住みづらいという声も聞こえてきます。

コンクリート壁のカビが発生する原因と、メリット・デメリット、打ちっ放しの結露対策についてご紹介します。

 

 

コンクリート壁のカビは、結露が原因?

 

f:id:mikasako176:20211116063915j:plain

カビが発生しやすい条件には、次のものがあります。

・気温が20℃~35℃・・・25℃~30℃が得に繁殖しやすいです。

・湿度が70%以上・・・60℃位になると活動し始め、80%以上になると最も繁殖します。

・ホコリ、汚れ、垢、食べかすなど・・・カビの栄養分になります。

・換気が悪い・・・湿気が漂う場所がカビは発生しやすい。

これらの条件は、外気と内気の気温差や、湿度が高い場所に起きる結露によるものが多く、カビが活発的に繁殖する原因と言えます。

また、この条件を生じやすいのは、コンクリート壁や密閉された住宅です。

結露により発生したカビは繁殖することで、喘息や鼻炎、アレルギーなどの疾病につながる恐れがあるので、カビを見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。

 

打ちっ放しコンクリート壁のメリット、デメリットは?

 

f:id:mikasako176:20211116063940j:plain

(メリット)

・耐久性、耐火性、防音性に優れている・・・コンクリートの優れている面です。

・柱が無く部屋を広く使える・・・お洒落なデザインで、部屋に広い空間を確保できます。

・コンクリートには強度がある・・・見た目も頑丈で、住宅自体に安心感があります。

(デメリット)

・デザイン性の違いがない・・・どれも同じような壁なので、コンクリート特有の無機質で、冷たい感じがするという人がいます。

・結露が起きやすい・・・コンクリートは少なからず水分を含み、木造よりも高気密であるので、湿度が高くなると結露が起きやすい材質です。当然カビが発生しやすくなります。

・熱伝導率が高い・・・熱伝導率が高いので熱が伝わりやすく、外気の影響を受け、夏は暑く、冬は寒くなりやすいので、冷暖房費が木造よりも高くなります。

・汚れが目立ちやすい・・・シミやカビなど汚れが目立ってしまいます。

 

打ちっ放しのコンクリート壁の結露対策は?

 

f:id:mikasako176:20211116064007j:plain

結露対策をすることは、カビの対策にもなるので、しっかり行いましょう。

・窓の結露対策をする・・・二重窓やペアガラスに窓を取り換え、結露を防止します。

・換気をする・・・部屋の換気を定期的に行います。窓を時々開けることや、家具を壁から離して風の通りを良くします。

・洗濯物を部屋干ししない・・・部屋干しをやめて、乾燥機やエアコン、除湿器で洗濯物を乾かすようにします。

・防カビ剤を使う・・・壁に防カビ剤の散布または塗ることで、カビが発生しないようにします。

・煮炊きのときは換気扇を回す・・・煮炊きやお湯を沸かすときは、必ず換気扇を回します。

結露によるカビ発生を防ぐためには、温度、湿度、換気を調整して行い、カビの発生をシッカリするようにしてくださいね。

・壁に壁紙を貼らない・・・壁紙を貼っても、湿度が高めになった場合、剥がれることがあるので、換気や除湿をしっかりします。