探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

車椅子のブレーキレバー延長棒とは?手作りできる作り方は?

車椅子には利用者が座った位置から操作できるブレーキレバーと、その他に介助者が操作するブレーキレバーがあります。

介助者が操作するブレーキは、車椅子の背もたれ部分か、ハンドルのグリップ部分にあり、介護者がブレーキを操作する場合には、特に問題なくブレーキをかけることができます。

ところが車椅子利用者が直接ブレーキをかける場合は、ブレーキバーが小さいとか、腕の力が弱いのでうまく操作できない場合があるのです。

そのため、ブレーキレバーを楽に操作することができる「ブレーキバー延長棒」が市販されています。

しかし、このブレーキバー延長棒は構造が簡単なので、手作りできるのです。

車椅子のブレーキバー延長棒の作り方をご紹介します。

車椅子のブレーキレバー延長棒とは?

(ブレーキレバーに取り付ける)

ブレーキバー延長棒とは、車椅子のブレーキに取り付けることで、腕の力が弱い人でもブレーキを簡単に操作できる棒のことです。

延長棒は大きく分けると2種類あります。

①金属製レバーをつなげるタイプ

・既存のブレーキレバーのキャップを外します。

・市販の金属製の延長棒を(約20㎝~)をはめて、ネジを閉めます。

・既存のブレーキレバーが、約20㎝~延長するので、手も届きやすく使いやすくなります。

車椅子 ブレーキ延長棒(延長ブレーキ棒)1本(片側分)松永製作所(車椅子 車いす 車イス)

価格:2,035円
(2022/7/15 12:24時点)
感想(1件)

②筒状レバーをかぶせるタイプ

・ラップの芯のような筒状の棒を既存のブレーキレバーに直接被せます。

・約30㎝の棒ですが、長さが固定されているものや、長さを調整できるタイプがあります。

・材質はプラスチックや金属性のもの、色彩がカラフルなものがあります。

【ハーツエイコー】車椅子ブレーキ延長棒 延de棒(エンデバー) (花柄調・木目調) / HE-001【定番在庫】即日・翌日配送可【介護用品】車椅子用品/車いす用品/オプション/高齢者/便利/使いやすく/サポート【通販】

価格:4,296円
(2022/7/15 12:26時点)
感想(0件)

ブレーキ延長棒は手作りでも作れます

(筒状タイプが作りやすい)

前項のブレーキ延長棒のなかでも②の筒状の延長棒なら、市販されているものを購入しなくても手作りで作ることができます。

手作りといっても、ラップなどの芯や塩化ビニル管などの材料があれば、ブレーキレバーに差し込むことで簡単に延長できます。

延長してブレーキレバーを長くすると、てこの原理で腕の力が弱い人でも簡単にブレーキをかけることができます。

ただし、ラップの芯は紙製の物が多く耐久性が弱いので、塩化ビニル管やプラスチック管のように耐久力があるものを、お好みの長さに切って調整してくださいね。

 

ブレーキ延長棒の手作りの作り方

(延長棒の作り方)

塩化ビニル管を使ったタイプの作り方です。

①材料:塩化ビニル管(内径2.5㎝~)50㎝

・・・内径2.5㎝は既存のブレーキレバーキャップが入る大きさなので、キャップごと被せることができれば2.5㎝にこだわりません。

②長さ25㎝の管を2本用意する。

・・・長さ50㎝の管を切って2本にします。

③筒を使いやすい長さに調整する。

・・・アームサポートにぶつかることがないか、使いやすい長さに調整します。

④お好みのカラーテープを飾る。

・・・お好みのカラーテープやデザインテープで、管の飾りつけをします。

花柄や和風、洋風お好きなデザインで飾りましょう。

⑤レバーに差し込んで完成。

・・・キャップごと管をかぶせて、実際に使いやすさを確認してください。

しっかりブレーキがかかるか、ブレーキがゆるまないか、長さは丁度良いかなどを確認して支障がなければ完成です。


車椅子ブレーキ延長棒 延de棒(エンデバー) HE-001 ハーツエイコー車椅子用オプション 延長バー 延長ブレーキバー 車いす用 車イス用 部品 パーツ販売 高齢者 介護用品

まとめ

車椅子自体に元々付いているブレーキバーは、小さく短いものもあるので、車椅子利用者の中には使いにくいと感じている方がいます。

ブレーキは安全にかかわるものなので、坂道などしっかり車椅子を止めることができないと危険です。

ブレーキ延長棒は手作りで簡単に作れるので、作り方を参考にして車椅子を使いやすく安全な車椅子に改良しましょう。