探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

ホタルイカを生で食べるには?内臓の取り方やボイルでの食べ方は?

f:id:mikasako176:20211014060120j:plain

ホタルイカは、深海に住んでいる大きさが5~7㎝くらいの小型のイカで、触手の先にそれぞれ付いている3個の発光器により、暗い海の中でホタルのように青白く光るので、神秘的なイカとして知られています。

主に兵庫県富山県で漁獲され、食べ方にはつくだ煮や沖付け、酢味噌和え、天ぷら、刺身などがあります。美味しそうですね。

そのホタルイカを生で食べるときに注意すること、内臓の取り方、ボイルでの食べ方をご紹介します。

 

 

ホタルイカを生で食べる時に注意することは?

 

f:id:mikasako176:20211014060208j:plain

ホタルイカ傷むのが非常に早く、また旋尾線虫(せんびせんちゅう)という寄生虫が寄生しているので、生食だと寄生虫症を発症し、腸閉塞、眼球移行症、皮膚爬行症などを起こす可能性があるので、そのまま食べることはできません。

もし、この寄生虫に寄生されると、外科的摘出という体に切り目を入れて虫を引っ張り出す方法だけしかないのです。怖いですねー。

生食するには、厚労省の指定する方法(生食用ホタルイカの取り扱いについて、平成12年6月21日衛食第110号・衛乳第125号)で処理する必要があります。

1.生食を行う場合には、次の方法によること。

① -30℃で4日間以上、もしくはそれと同等の殺虫能力を有する条件で凍結すること。(同等の殺虫能力例:-35℃(中心温度)で15時間以上、または-40℃で40分以上)

なお、凍結処理を行った場合、製品にその旨表示を行うこと。

② 内臓を除去すること、または、内臓除去が必要である旨を表示すること。

2.生食用以外の場合には、加熱処理(沸騰水に投入後30秒以上保持、もしくは中心温度で60℃以上の加熱を行うこと。

3.販売者、飲食店等関係営業者に対し、生食用としてホタルイカを販売等を行う場合には、1.にある方法により処理したものを販売するよう指導すること。

4.一般消費者に対し、ホタルイカを生食する場合の寄生虫感染の可能性について情報提供を行うとともに、生食する場合には1.にある方法による旨を啓発すること。

 

ホタルイカの内臓の取り方を教えて?

 

f:id:mikasako176:20211014060230j:plain

ホタルイカに寄生している旋尾線虫は、長さ10mm×体幅0.1mmで、スルメイカやハタハタ、スケソウダラなどの内臓にも寄生し、その寄生率は2~7%と報告されています。

寄生率は低いと思う方はいるかもしれませんが、食べる時は何個も食べるので、食べれば食べるほど、かなり寄生率は上がります。

ホタルイカを生で食べる場合には、内臓(胃・腸)をシッカリ取ることで、寄生虫を防ぐことができます。

ホタルイカの内臓の取り方)

①胴を包丁で裂き、内臓と足を外してください。

②内臓と足から、目玉の上部の内臓を切り離します。

③足部分から目玉を包丁で切り取ります。両眼玉を取ります。

④足部分から足の内部にある口ばしを取ります。

⑤足と本体をサッと塩水で洗って完成です。

 

ホタルイカのボイルの食べ方は?

 

f:id:mikasako176:20211014060254j:plain

ホタルイカは、沸騰水に30秒以上入れるとボイルホタルイカになります。

(ボイルホタルイカの食べ方)

・酢味噌和え・・・市販の酢味噌にボイルイカを付けて食べます。一番多い食べ方ですね。

酢醤油和え・・・ボイルイカお酢と醤油を適当に和えるだけです。

・天ぷら・・・通常のてんぷらの作り方と同じです。

・醤油漬け・・・水と醤油、みりんを同じ量で合わせ、2~3時間イカを漬けます。

・辛子酢味噌・・・ボイルイカ100g、白味噌10g、酢大さじ1杯、砂糖小さじ半分を和えて出来上がりです。