探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

車のバッテリーが上がるとどんな症状?エンジンが止まる?その対処法は?

最終更新

f:id:mikasako176:20211215152333j:plain

車を使っているときに起こる故障トラブルで多いのは、バッテリー上がり(約45%)、パンク(約20%)、脱輪・落込み(約7%)で、これらだけでも約70%を占めています。

パンクや脱離などは自分で何とかできる場合もありますが、バッテリー上がりはエンジンが止まるので、どうしようもありません。

もうレッカー車を呼ぶしかないかもしれませんね。

そうならないためには、常日頃からバッテリーの状態・症状、寿命を確認する必要があります。

車のバッテリーが上がるときの症状及び対処法について、ご紹介します。

バッテリーが上がる、または上がりそうな場合は、どんな症状?

f:id:mikasako176:20211215152354j:plain

(これらの症状がでたら要注意)

ディーラーや修理工場でバッテリーの点検や交換を行ってください。

①エンジンがかからない

・・・かけてもセルモーターの音がしない、またはカチカチという音がする。この場合は、バッテリーが上がっています。

②クラクションの音が小さい

・・・バッテリーが弱っています。

③メーター類のパネルや電装類が点灯しない、暗い

・・・パネルなどが暗くなっても、気づかないことがあります。

④ルームランプが暗い、点かない

・・・バッテリーが弱っているか、上がっています。

⑤ヘッドライトが点灯しない、暗い

・・・夜乗らない人は、気付かないことがあります。

⑥パワーウィンドウの開閉が異常

・・・ウィンドウの開閉が遅い場合は他の原因もありますが、バッテリーが弱くなっても起きる症状です。

車のバッテリーが上がるとどうなる?エンジンがかからない?

f:id:mikasako176:20211215152408j:plain

(バッテリーの役割は?)

車のバッテリーはエンジンをかけることで、次のことを行います。

セルモーターを動かします

・・・エンジンを始動させる電動機です。

②オルタネーターを動かします

・・・エンジンをかけることで、バッテリーを充電する発電機です。

オルタネーターが発電することで、電装類やラジオ、エアコン、カーナビなど電気を使用する機器が使用できます。

(バッテリーが上がったときの症状は?)

バッテリーが上がってしまうと、次のようになります。

セルモーターが動かない。
②オルタネーターが動かない。
③電装関係が作動しないので暗い。

結果的には、車が一切動かなくなります。

そのため常日頃バッテリーの症状には気を付けましょう。

車のバッテリー上がりを防ぐ、または上がった場合の対処法は?

f:id:mikasako176:20211215152425j:plain

(バッテリーの上がりを防ぐ方法)

①ライト類の付けっ放しをチェック

・・・車のエンジンを止めたときは、ヘッドライト、ルームランプの付けっ放しに気を付けましょう。

②エンジンをかけずに、エアコン、オーディオ、電装機器を使用しない

・・・常にエンジンをかけてから使用してください。

③バッテリーの症状に気を付ける

・・・バッテリーが弱くなったら、新しいバッテリーと交換する。

④定期的にエンジンをかける

・・・日常的に車に乗らない人は、最低でも5日以内で定期的にエンジンをかけて充電しましょう。

⑤たまに遠出でドライブします

・・・定期的に高速道路や郊外地で高速走行をして充電しま

⑥必要以上に電装品を付けない

・・・過度な電装品の使用を避けて、バッテリーを適正に使用します。

⑦市販の充電器でバッテリーを充電する

・・・合する充電器なのかしっかり確認してください。

(バッテリーが上がった時の対策は?)

JAFなどの救援車を依頼する

・・・日頃から緊急時の連絡先がすぐわかるようにします。

②他の車とブースターケーブルで接続し、電気を一時的に分けてもらう

・・・エンジンがかかったら、最低でも30分以上の走行か、整備工場などで充電してもらいます。

また、ブースターケーブルが必要なので、購入しておきましょう。

ハイブリットカーはできないので注意してください。

③バッテリーを交換する

・・・上がったバッテリーを新しいものと交換します。