探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

石油ストーブの灯油が去年から入れっぱなし!使える?それとも危険?

f:id:mikasako176:20211228200654j:plain

そろそろ寒い季節になったので、ポータブル石油ストーブを出してきたところ、去年から灯油が入れっぱなしでした。

また、ポリタンクにも去年使い切れなかった灯油が残っています。

このように去年から灯油が入れっぱなしのポータブル石油ストーブの灯油と、ポリタンクの灯油は今年も使えるのでしょうか?
それらの疑問にお答えします。

 

ポータブル石油ストーブの灯油が古い場合はどうする?

 

f:id:mikasako176:20211228200840j:plain

ポータブル石油ストーブには、主にストーブの中央にある芯に灯油を浸み込ませて燃やすタイプ(対流・反射式)と、灯油を燃やしてその熱をファン(送風機)で送りだすタイプ(ファンヒーター)があります。

この二種類のタイプのストーブを使い、(独)国民生活センターで不良灯油の燃焼実験を行ったところ、次のような結果になりました。

・対流・反射式・・・一部のストーブで芯が動かない、消火しても種火のまま消えないという状態があった。

・ファンヒーター・・・一部のヒーターで、燃焼不良やエラー表示が出た、内部が錆びることがあったなどの症状があった。

これらは、灯油が不良や劣化した場合の結果なので、去年から入れっぱなしの灯油が劣化しているかどうかによります。

劣化のチェックは、次の項目を確認してください。

・色・・・元々透明なので、色がついているのは劣化しています。

・匂い・・・酸っぱい匂いや変な匂いがする場合、使用は避けましょう。

・見た目・・・二重に分離しているとか、不純物が入っている場合は使用してはいけません。

どれか一つでも該当する場合は、灯油の使用をしてはいけません。

 

石油ストーブに入れっぱなしの灯油を使うとどうなる?

 

f:id:mikasako176:20211228203526j:plain



去年の灯油なら、そのまま使用できるのではと思う方もいると思います。

実際に北海道などの寒冷地では、去年の灯油をそのまま使用することもあります。

ただし、北海道などでは灯油を使用しない期間が約半年程度であり、実際には劣化する前に使い切ってしまうのがほとんどです。

また、灯油の劣化が判断できない状態で使用した場合、対流・反射式の場合は芯が燃焼しているのを確認できますが、ファンヒーターの場合は燃焼状態が確認できない場合が多いので、より慎重な扱いが必要です。

ポータブル石油ストーブで一番多い事故は、不完全燃焼による一酸化中毒で、原因はストーブ本体の故障や、入れっぱなしなどで劣化した不良灯油です。

まだ、使えるのではと気楽に考えていると、思わぬ事故にもなりかねません。

気が付かないうちに一酸化中毒になっていることもあり、ポータブル石油ストーブの本体自体の点検や灯油の劣化の確認は、定期的にすることをおすすめします。

 

ポリタンクに入れっぱなしの灯油は、使用する?処分する?

 

f:id:mikasako176:20211228203056j:plain

灯油用のポリタンクは、紫外線による灯油の劣化を防ぐため、赤・青などの色が付いた高密度のポリエチレン缶で耐久性、耐寒性に優れており、JAS規格に合格しているものを使用します。

石油ストーブに入れっぱなしの灯油は、不完全燃焼のリスクがあるため、使用しない方をおすすめしていますが、ポリタンクはどうなのか気になりますよね。

ポリタンクの灯油は、必ず1年でダメになるものではありませんが、使用できるかどうかを判断するには、劣化チェック(色・匂い・見た目)を行うようにしてください。

もし、灯油の劣化が無くストーブに使用したとしても、暖かい日に換気を良くした状態でしばらく様子を見てください。

そして、少しでも異常を感じたら、使用するのをやめて灯油を処理しましょう。

灯油を処分するには、次の方法があります。

・ガソリンスタンドで処理・・・無料か手数料(500円程度)

・販売店に処理を依頼する・・・購入したレシートがあれば無料の場合あり。有料。

・不用品回収業者に依頼・・・有料。他の不用品も一緒に処理すると良い。

絶対行ってはいけないことには次の行為がありますが、基本的に灯油の処理は自分で行わないで、危険物を取り扱える業者に依頼してください。

・土に埋める・・・土壌汚染になります。

・下水に流す・・・下水道管内で気化して爆発する恐れがあります。また処理施設に損害を与えることがあります。

・ストーブ以外で燃やす・・・突然引火して、勢いよく燃えだすこともあり危険です。

・凝固剤で固めて処理・・・凝固剤は熱い油を凝固しますが、灯油を熱い状態にするのは危険行為です。火事になる恐れがあります。