探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

窓ガラスの熱割れの特徴と原因は?賃貸で保険を適用するには?

f:id:mikasako176:20220404200925j:plain

ガラスの熱割れとは、故意や過失以外にガラスが自然に割れてしまう現象のことを言います。

借主の過失で窓ガラスが割れたときは、借主が弁償(修理・修繕)しなければなりませんが、熱割れの場合は必ずしも借主が弁償するとは限りません。

そこで、窓ガラスの熱割れの特徴と原因賃貸では誰が窓ガラスを修理・修繕するのか、火災保険を適用できるのかについて解説します。

【目次】

 

窓ガラスの熱割れの特徴と原因は?

 

f:id:mikasako176:20220404211723j:plain

一般的に窓ガラスが割れる場合は、衝撃を受けた場所を中心としてくもの巣のようにひびが入り割れていきます。

しかし窓ガラスの熱割れには、ちょっと違った特徴と原因があります。

(特徴)

・ガラスのエッジ(縁、端)部分から、ほぼ直角にひびが入る・・・くもの巣状のひびは入りません。端の方から蛇行してひびが広がっていきます。

(原因)

・窓ガラスのワイヤーの伸びに耐えられない・・・ワイヤー入り窓ガラスに起きます。太陽熱でワイヤーが伸びたときに、ガラスの強度がワイヤーの引っ張りに耐えられず割れてしまいます。

・フィルムを貼ったことによる・・・結露防止や断熱として窓ガラスにフィルムを貼ったときに、室内と室外との温度差が大きくなり熱がガラス内部に溜まり膨張することで、ガラスが破壊されてしまいます。

・ガラスのエッジと中央部の膨張・・・エッジ部分が冷えているときに、直射日光が当たることで、膨張が少ないエッジと膨張しようとする中央部との引張応力が発生します。この引張応力がガラスの耐久強度を超えると、エッジ部分からひびが入ります。

このように、何らかの原因で温度差が生じ、ガラスが熱によって膨張する部分としない部分があるときに、限界を超えるとひびが入るということなのです。

 

窓ガラスの熱割れ、賃貸での対応は?

 

f:id:mikasako176:20220404214353j:plain

(借主の場合の対応は?)

熱割れは、ガラスの強度や日照状態、窓の位置などによって起きる自然現象的なものなので、借主の故意や過失ではありません。

借主が弁償することはありませんが、割れたガラスをそのままにしては置けないので、業者に修理を依頼することになります。

ただし、賃貸物件の場合はガラス会社が指定されていることがほとんどなので、借主として最初に行うことは管理会社かオーナーに、窓ガラスが割れたことの連絡です。

連絡内容は、次のことをまとめておくと良いです。

①窓ガラスが割れた日・・・窓ガラスが割れたことに気づいた日にちなど。

②割れた状態・・・故意や過失ではなく、自然に割れたことをはっきりしておきます。

③窓ガラスの情報・・・窓ガラスの場所、種類、大きさ、製品名、メーカー名、透明か曇りガラスか、ワイヤーが入っているかなどです。

④窓ガラスの状態を写真で撮る・・・全体、割れた部分、窓ガラス付近の状態など、必ず撮ってください。

⑤写真を撮ったあと・・・ガラスの破片などがあったら危険なので回収します。

掃除をして、ガラスが割れたところを応急処置します。

(オーナー・管理会社の場合は?)

ガラス会社への修理依頼については、管理会社・オーナーが行う場合と、修繕日の調整があるため借主が直接行う場合があります。

熱割れの場合の修繕費は、オーナー負担国交省の退去費用のガイドラインに明記)となります。

借主とオーナー(管理会社の場合もあり)のどちらが業者へ連絡するかを調整して、修繕費はオーナーサイドで支払ってください。

 

窓ガラスの熱割れ、賃貸で火災保険を適用するには?

 

f:id:mikasako176:20220404212756j:plain

(熱割れは保険対象?)

一般的に火災保険は「不測かつ突破的な事故」について支払われます。

窓ガラスが保険対象物であれば、「突然起きた」、「外部から衝撃を受けた」という理由なので、熱割れに対しても保険で修繕することができます。

保険からの支払い金額は、修理費用または買い替え費用になりますが、ほとんどの場合は買い替え費用になります。

(火災保険で注意することは?)

保険で支払いを求めるときは、免責(被保険者の自己負担額)があることを知っておきましょう

免責がどのくらいかは保険会社によりますが、考え方は次のとおりです。

例:修繕費(買い替え金額:18万円)-免責(15万円)=保険会社支払い額3万円

結果的には保険からは3万円の支払いになります。

 

まとめ

窓ガラスの熱割れでも火災保険が適用になりますが、免責金額がいくらになるかに注意しなければなりません。

修繕の支払いを受けることによって、火災保険の保険料が上がることもあるので、しっかり検討しましょう。