探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

エアコンのドライ温度設定は電気代がお得!温度設定できない場合は?

エアコンの機能に、冷房の他にドライ運転ができるタイプなら、どちらでも室温を下げることができるのをご存知でしょうか。

現在の日本で節電を考えた場合、冷房とドライのどちらも室温を下げることができるなら、電気代の安いのはどちらなのか、とても気になると思います。

そこで今回は、エアコンでドライの温度設定ができるタイプとできないタイプ、また一般的な冷房と比較してどの機能が一番節電できるかを解説します。

わかりやすく電気代を比較してみたので、猛暑を乗り越えるための参考としてくださいね。

 

エアコンのドライ機能とは?

 

エアコンの冷房とドライ機能は、簡単に言うと次のとおりです。

(冷房機能の目的は?)

 

お好みの温度設定(例えば25℃、28℃など)に合わせて室内の温度を下げるのが目的です。

室内空気に含まれている熱をエアコンが吸い込んで、室外機で室外に排出して、逆に冷却された空気を室内に戻します。

(ドライ機能の目的は?)

 

ドライは室内の湿度を下げることが目的です。乾燥させるということですね。

室内の水分を含んだ空気をエアコンが吸い込んで水分を減らすので、副次的に室内の温度は下がるということです。

(ドライ機能は2種類ある)

 

①弱冷房除湿タイプ

 

・・・室内の湿度を下げ、温度も下げます。

エアコンが吸い込んだ湿った空気を、弱めの冷房運転で冷やして湿気を取り、そのまま室内に戻します。

そのため、再熱除湿タイプと比較すると、肌寒いと感じることがあります。

②再熱除湿タイプ

 

・・・室内の湿度は下げるが、温度は下げません。

エアコンが吸い込んだ湿った空気を、冷やして湿気を取ったあとに温めて適温に調整してから、室内に戻します。

弱冷房除湿タイプよりサラッとして適温という感じがしますが、空気を暖め直すので若干電気代がかかります。

 ドライ機能の温度設定とは?

 

 ドライ機能には、温度設定ができるタイプとできないタイプがあります。

(ドライ機能の温度設定とは?)

 

ドライは湿気を取るのが目的であり、温度設定が無い場合はどんどん湿気を取ってしまうので、温度も湿度に合わせ適温以下に下がってしまいます。

そのため、ドライでも設定温度(例えば28℃)を決め、その温度までは除湿をして、28℃になったらそれ以上室温を下げるのを抑えるという自動運転ができるのです。

(なぜ温度設定のないドライもあるの?)

 

温度設定の無いタイプは、ほとんどが再熱除湿タイプです。

再熱除湿タイプは、温度を変化させないまま湿度だけを下げるのが目的なので、温度設定は必要ないのです。

(温度設定があった方が良いのでは?)

 

性能だけを考えると、弱冷房除湿で温度設定ができたほうが高性能のような気がします。

しかし、弱冷房除湿では温度はそのままで除湿だけを強力にするということができません。

その点、再熱除湿タイプだと除湿だけを強力にするのが可能なのです。

例えば梅雨時のように、温度はそれほど下げなくてよいが、湿気だけを強力に取り除きたいというときは、再熱除湿タイプ(温度設定なし)が適しているのです。

 ドライと冷房、どちらの方が節電に良いの?

 

 

ドライとはどのような機能なのかは、大体お分かりだと思いますが、やはり気になる最大のポイントは、ドライと冷房と比較するとどっちの電気代がお得かということですよね。

弱冷房除湿と冷房、再熱除湿を比較すると、強制的に冷風で室温を下げる冷房よりも、湿気をとりながら少しずつ室温を冷やす弱冷房除湿が、一番電気代がかからないのはご理解できると思います。

(電気代比較:概算)

 

細かい金額根拠は他のブログで公開され、また機種によって電気代も変わるので、冷房を100とした場合の弱冷房除湿・冷房。再熱除湿を比較してみました。

東京電力エアコンの冷房と除湿 コスト比較」によると、下記の割合になります。

①弱冷房除湿  37
②冷房    100
③再熱除湿  135

思った以上電気代の違いに驚いた人も多いと思います。

特にドライの二種類については、約3.6倍もの差があります。

(機能を使い分けて節電する)

 

節電を考えるなら、再熱除湿と弱冷房除湿を比較すると約3.6倍もの電気代の違いがあります。

どれか1種類を使い続けるというよりも、環境に寄って使い分けることをおすすめします。

一例を示すと次のようになるかと思うので、参考にしてくださいね。

①温度を下げるだけでよい・・・冷房

②温度と湿度を下げたい・・・ドライ(弱冷房除湿)

③温度は下げず、湿度を下げる・・・ドライ(再熱除湿)