探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

暑中見舞い!取引先へのビジネス上の文例は!喜ばれる一言は?

 

暑中見舞いは、夏の時期にお世話になった人や知人、ビジネス上の取引先に対する季節の御挨拶です。

暑中見舞いの時期は、小暑77日頃)から立秋87日頃)というのが一般的ですが、夏の土用(立秋前の約18日間)や梅雨が明けた頃からという地域もあります。

いずれにしても、暑い時期に健康を気づかうものであり、送られた方も心が和むと思います。

その暑中見舞いについて、ビジネス上の取引先に対する暑中見舞いをピックアップして、文例と一言添えると喜ばれる言葉をご紹介します。

 

暑中見舞いの文章マナー(ビジネス版)は?

 

 

(暑中見舞いの時期は?)

 

一般的には77日頃から87日頃までに送ります。

この時期のあと88日頃から8月末頃までに送る場合は「残暑見舞い」になるので注意してください。

(文章作りのマナーは?)

 

暑中見舞い(ビジネス版)のマナーとして次のことを心掛けましょう。

①文章の構成は定型にする

 

・・・ビジネス文章の構成は、オリジナルの構成よりも定形の方が無難です。

お見舞い挨拶・感謝の言葉・時候の挨拶・主文・結びの言葉などの構成が良いでしょう。

個性的な文章だと、自分を軽く見ているとか、不真面目と誤解を受けることがあります。

②くだけた文章は避ける

 

・・・ビジネス上でくだけた文面は失礼だと考える人がいます。

③目上の人に対するような内容にする

 

・・・相手の健康を気づかう内容なので、相手を上位に考えましょう。

④別記で一言添える

 

・・・定型的な文章の他に相手(取引先や顧客など)に合わせた一言を添えると、好印象を持たれる可能性が大きいと思います。

 暑中見舞いの文例をご紹介

 

 

(ビジネス用文例1

 

①暑中お見舞い申し上げます。・・・定型の「お見舞い挨拶」

②日頃より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。・・・「感謝の言葉」

③厳しい暑さが続くなか、貴社におかれましてはますますご盛栄のことと存じます。・・・「時候の挨拶」

④例年よりも暑い日が続くようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

くれぐれも暑さで体調を崩さぬようご自愛ください。・・・「主文」相手の健康を気づかいます。

⑤今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。・・・「結びの言葉」

(ビジネス用文例1

 

①暑中お見舞い申し上げます。・・・「お見舞い挨拶」

②いつも格別のお引き立てにあずかり、心から感謝しております。・・・「感謝の言葉」

③連日の酷暑ですが、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。・・・「時候の挨拶」

④まだしばらくは暑さが続きますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。・・・「主文」

⑤今後とも一層の御哀願のほどお願い申し上げます。・・・「結びの言葉」

 暑中見舞いに一言添える文章は?

 

 

一言加えることで、より一層特別感や印象が良くなります。

主文の中に添える方法もありますが、定型的な文章のほかに別記(自筆)で添えると、より効果が増すと思います。

ぜひビジネス用暑中見舞いに使ってみましょう。

(一言添える文章例文集)

 

①夏バテに負けないようご自愛ください。

②猛暑のおり、健康には気を付けてくださいね。

③○○様、先日はご来店ありがとうございました。今後も店員一同お待ちしております。

④当分暑さがつづきます。くれぐれもお身体をお大事に。

⑤貴社の皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

⑥○○様、今後ともよろしくご指導お願いします。

⑦○○様、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。楽しみにしております。

⑧お疲れ様です。また一緒に仕事ができて嬉しいです。

⑨健康が一番です。くれぐれもご自愛ください。

⑩暑い中無理をなさらないように。夏風邪に十分気を付けてください。

 まとめ

 

暑中見舞いは定型的な文章になってしまいますが、ビジネス上の付き合いは友人などの付き合いではないので、くだけた言葉やオリジナル性は必要ありません。

丁重な言葉で、一言感謝の気持ちや気づかう言葉を伝えましょう。