探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

エアコンの除湿で温度設定の適温は何度に設定するのが良いのか?

家庭用エアコンで弱冷房除湿機能が付いているタイプであれば、除湿することで室内の湿気を取るのと同時に温度も下げる効果があります。

このことはエアコンとして優れた機能であり、単に冷房を入れるよりも除湿で室温を下げるほうが電気代の節約ができるということなのです

でもそこで気になるのが、除湿の温度設定を何度に設定すると良いのかということですよね。

電気代が節約できるといっても、室温が30℃以上あったらクーラーとしての意味がありません。

そこで室温を適温にする除湿の温度設定は、何度に設定するのが良いのか解説します。

 

エアコンの除湿機能は2種類ある

家庭用エアコンの除湿機能は、大きく分けると2種類あります。

(弱冷房除湿)

室内の湿度を下げると温度も一緒に下がるという副次的な現象を利用した除湿方法です。

梅雨時などで湿度を下げたいけど、温度は少し低くなる程度で良いというときには、ピッタリの除湿機能です。

温度も少し下げるので、温度設定がついています。

基本的に湿気とりだけなので、電気代は一般の冷房より安くなります。

(再熱除湿)

室内の湿度を下げるときに一緒に下がった温度を、機械で調整して温め直して室内へ戻します。

除湿はしますが室内の温度は低くならないので、湿度が高くてジトジトしている室内の湿気だけを取りたいときに良いです。

また室内の温度はそのままで湿度だけを下げるので、温度設定をする必要はありません。

湿気取りと温め直すのを両方行うので、冷房よりも電気代がかかります。

(コストが高いのは?)

これらの2種類の除湿機能と一般の冷房を電気代でコスト比較すると、コストが高い方から

「弱冷房除湿>冷房>再熱除湿」

の順番で電気代がかかります。

 

エアコン除湿は何度に設定すると良いのか?

(冷房の適正温度)

厚生省が発表している日常生活での温度は、次のとおりです©。

①注意温度 25℃

②警戒温度 25℃~28℃

③厳重警戒温度 28~31℃

④危険温度 31℃以上

これらを参考として、熱中症予防としてのエアコン冷房の適正温度は

28℃前後

としていることが多いです。

(除湿の適正温度)

除湿で温度設定ができるタイプであれば、冷房の適性温度28℃に合わせて、

除湿の温度も28℃

に合わせると良いでしょう。

ただし、室温に対しての感覚は人によって違うので、猛暑日などでは我慢しないで

25℃~28℃

に温度設定をして、快適な日常生活を送りましょう。

 

除湿の温度設定で、コスパを上げよう

エアコンで電気代を節約するには除湿(弱冷房除湿)機能を有効に使いましょう。

コスパを上げる使い方は?)

①弱冷房除湿の場合

温度設定を高くすると、湿気をとる能力が少し下がります。

・電気代を節約したいとき。

・湿度を下げて温度も下げたいとき。

②冷房の場合

弱冷房除湿より除湿効果は下がりますが、冷房能力は最高です。

電気代は弱冷房除湿の約2.7倍です。

・単に温度を下げたいとき。

・湿度より温度を下げたいとき。

③再熱除湿タイプ

再熱除湿タイプはコストが低く、除湿を優先するので、室内の湿気を取るには良いですが、冷房するときはほとんど使用しないことになります。

電気代は弱冷房除湿の約3.7倍、冷房の約1.4倍です。

・湿度だけ下げて温度は下げないとき。

まとめ

エアコンの除湿の温度設定は28℃前後が適正としていますが、使用者の温度感覚や体調などには個人差があるので、あくまでも参考にしてください。

コスパは高いに越したことはありませんが、熱中症予防のためには28℃以下に設定しても問題はありません。