探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!

モバイルバッテリーの使い方から捨て方!寿命を延ばすには?

スマートフォンタブレットなどのデジタルデバイスは、日常的に使われていますが、そのバッテリー寿命が限られているため、外出先でバッテリー不足になることがあります。

モバイルバッテリーは、そのようにバッテリー不足になったスマートフォンタブレットなどの電子機器を、外出先でも充電できる便利なアイテムです。

今回は、そのモバイルバッテリーの正しい使い方と、寿命延ばしのコツ、捨て方とリサイクル方法、信頼できるおすすめモデルなどを徹底解説します。

記事を参考に、モバイルバッテリーを賢く活用しましょう。

モバイルバッテリーの正しい使い方と寿命延ばしのコツ

 

モバイルバッテリーは、デジタルデバイスを充電し、移動中に便利な電源供給源ですが、正しい使い方を知らないと寿命が短くなることがあります。

以下に、モバイルバッテリーの正しい使い方と寿命を延ばすためのコツをいくつか紹介します。

(正しい使い方と寿命延ばしのコツ)

①適切な充電と放電

・・・モバイルバッテリーを使用する前に、バッテリーをフル充電してから使用しましょう。

充電が必要なときには、バッテリー残量が10%程度になるまで待ってから充電することがおすすめです。

また、充電が完了したら、過充電を防ぐためにすぐにコンセントから外しましょう。

②適切な温度

・・・モバイルバッテリーは過度の熱や寒さに敏感です。

バッテリーを長時間高温の場所に放置することや、極端な低温下で使用するのは避けましょう。

適切な温度範囲での使用が、寿命を延ばすのに役立ちます。

③定期的な充電

・・・モバイルバッテリーは、定期的に充電することが大切です。

長期間放置すると、バッテリーが劣化しやすくなります。

定期的な充電(おおよそ3ヶ月に1度)を行いましょう。

④品質の高いケーブルと充電器を使用

・・・安価な充電ケーブルや充電器は、バッテリーに悪影響を及ぼすことがあります。

信頼性の高いブランドのケーブルと充電器を使用し、バッテリーへの過剰電流を防ぎましょう。

過充電・過放電を防ぐ

・・・モバイルバッテリーは、過充電や過放電をすると、寿命が短くなるだけでなく、故障の原因になることもあります。

過充電を防ぐには、充電器のランプが消灯したら充電を終了するようにしましょう。

過放電を防ぐには、残量が10%以下にならないように、こまめに充電するようにしましょう。

 環境に優しいモバイルバッテリーの捨て方とリサイクル方法

 

モバイルバッテリーは非常に便利ですが、使い古したり故障したりした場合、適切に廃棄しないと環境への悪影響が懸念されます。

以下に、環境に優しいモバイルバッテリーの捨て方とリサイクル方法を紹介します。

(捨て方とリサイクル方法)

①リサイクルセンターへの持ち込み

・・・モバイルバッテリーを廃棄する際に、地元のリサイクルセンターに持ち込む(可能な場合)のが最も環境に優しい方法です。

多くのリサイクルセンターでは、バッテリーの材料を再利用し、有害な物質を適切に処理します。

自治体の回収ボックスに出す

・・・多くの自治体で、モバイルバッテリーの回収ボックスを設置しています。

回収ボックスは、家電量販店や自治体の清掃センターなどに設置されています。

③メーカーのプログラムを利用

一部のモバイルバッテリーメーカーは、古いバッテリーを回収し、リサイクルプログラムを提供しています。

メーカーのウェブサイトで詳細を確認し、バッテリーを返却できる方法を探してみましょう。

専用のバッテリーボック

・・・一部の小売店やショッピングモールには、使い古しのモバイルバッテリーを収集する専用のバッテリーボックスが設置されていることがあります。

これらのボックスにバッテリーを投棄できます。

⑤リサイクルショップの買取

・・・まだ使えるモバイルバッテリーであれば、リサイクルショップで買い取ってくれることがあります。

リサイクルショップによっては、リサイクルに協力すると、ポイントや割引などの特典がもらえるところもあります。

⑥安全な保管

・・・バッテリーを一時的に保管する場合、直射日光や高温を避け、物理的な損傷を防ぐために保護ケースや絶縁材料で包むことが重要です。

モバイルバッテリーを適切に廃棄することは、有害な物質の環境への漏れを防ぎ、バッテリー内の貴重な材料を再利用するために重要です。環境への配慮を忘れず、適切な廃棄とリサイクル方法を選択しましょう。

(リサイクルするときに注意するポイントは?)

①充電を完全に終わらせる

・・・充電が残っていると、発火や爆発の危険があります。

充電を完全に終わらせてから、捨てるようにしましょう。

②ケーブルや付属品は取り外す

・・・ケーブルや付属品をそのまま捨ててしまうと、他のゴミに混ざって発火や爆発の原因になることがあります。

ケーブルや付属品は取り外してから、捨てるようにしましょう。

③破損している場合は、注意して捨てる

・・・破損しているモバイルバッテリーは、発火や爆発の危険が高くなります。

破損しているモバイルバッテリーは、金属製の容器に入れて、しっかりと密閉してから、捨てるようにしましょう。

 モバイルバッテリー、信頼できるメーカーとおすすめモデルは?

 (信頼できるメーカーとおすすめモデル)

Anker(アンカー)

・・・Ankerは、高品質で信頼性のあるモバイルバッテリーを提供するメーカーとして広く知られています。

おすすめモデルとしては、「Anker PowerCore 200000」や「Anker PowerCore 10000」があります。

これらのモデルは大容量で、急速充電機能を備えており、多くのデバイスを充電できます。

②RAVPower(ラブパワー)

・・・RAVPowerも高品質のモバイルバッテリーを提供するメーカーで、特に充電速度と安全性に優れています。

おすすめモデルには、「RAVPower PD Pioneer 20000mAh」や「RAVPower Portable Charger 16750mAh」があります。

Aukey(オーキー)

Aukeyは、コンパクトで手頃な価格のモバイルバッテリーを提供するメーカーです。

おすすめモデルとしては、「Aukey 20000mAh Power Bank」や「Aukey USB C Power Bank 10000mAh」があります。これらのモデルはパフォーマンスが優れており、予算に優しい選択肢です。

Xiaomi(シャオミ)

・・・Xiaomiは、コスト効率に優れたモバイルバッテリーを提供する中国のブランドで、その信頼性と性能が認められています。

おすすめモデルには「Xiaomi Mi Power Bank 3 Pro 20000mAh」や「Xiaomi Mi Power Bank 3 10000mAh」があります。

Zendure(ゼンデュア)

・・・Zendureは頑丈で耐久性のあるモバイルバッテリーを専門に製造しており、

特にアウトドアや旅行用途に適しています。

おすすめモデルには「Zendure 100W 26800mAh」や「Zendure モバイルバッテリー 10,000mAh」があります。

これらのメーカーは、高品質なバッテリー製品と優れたカスタマーサポートを提供しており、多くのユーザーから高い評価を得ています。

ただし、モバイルバッテリーの選択は、使用目的や容量、充電速度などの要因に依存するため、自分のニーズに合ったモデルを選ぶ際に検討することが重要です。

 まとめ

モバイルバッテリーは、正しい使い方と寿命を延ばすことで、効率的に利用することができます。

またモバイルバッテリーを利用したあとに廃棄するときは、適正に処理することで環境への配慮も行いましょう。