探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

お墓参りに数珠は必要なの?数珠の持ち方や色のマナーを教えて?

f:id:mikasako176:20210817113044j:plain

お墓参りに行っていますか?

お墓参りは、ご先祖様の供養とともに、親しかった故人の冥福を祈り、お墓の前で近状報告や感謝を語ることができる行為です。

そして、お墓参りに行ったときは、一般的に定番のお花や線香、ご供物を供え合掌します。

でもそのときに、お墓参りで合掌するときに、数珠はいるのだろうかと悩んだりしませんか?

お墓参りに数珠は必要なのか?また、数珠についての持ち方、色について解説いたします。

 

お墓参りには数珠は必要?忘れたらどうする?

 

数珠は念珠とも呼ばれ、仏教の世界では、お経・お念仏を唱えるときに使用される仏具です。

お葬式やお通夜、法要、お寺の行事などに参列するときに、マナーとして持つものです。

数珠を持っていると、御仏と自分がつながり煩悩が消え魔除けや厄除けにもなり、合掌するときには心を込めて手にかけて持ちます。

そのように大切な仏具であるのでお墓参りも例外ではなく、持っていくのがマナーです。

しかし、現実にはお墓参りに持っていかない人も多いのが事実です。

元々数珠を持っていない人もいれば、お墓参りに持ってくるのを忘れたという人もいます。

数珠を忘れたからといって、周りがカンカンに怒ることもありません。

数珠はその人個人を守るものなので、持っていないとしても、他の人には害はないし、持っていない人の運が下がるだけのことです。

また、仏教徒でなければ数珠を持つ意味はなく、他のお守りを持っているでしょうね。

マナーとして、お墓参りに数珠を持っていくのは常識なのでおすすめしますが、持っていないとか忘れたとしても、そのまま合掌すればよいということです。

 

お墓参りで数珠はどのように持つの?

 

f:id:mikasako176:20210817113945j:plain

本式数珠は108個の珠となっていますが、一般的な数珠は略式数珠と言われ、持ち運びしやすい54珠、27珠など色々なタイプがあります。

合掌するときの持ち方は、各宗派によって違いがあるので、ピックアップした宗派の持ち方をご紹介します。

天台宗・・・両手の中指と人差し指の間に数珠をかけ、そのまま小指の外側に垂らします。

真言宗・・・手を開いて両手の中指に数珠をかけ、そのまま閉じて合掌します。

曹洞宗臨済宗・・・左手側の親指と人差し指の間にかけて、片手でそのまま垂らし、合掌します。

浄土宗・・・両手の親指と人差し指の間にかけて、房は親指側の手前に回して垂らします。

数珠を使わないときにも、各宗派共通のマナーがあるのでご紹介します。

数珠を直接バッグなどに入れない・・・数珠ははだかで入れないで、専用袋に入れます。

数珠の貸し借りはしない・・・数珠は持ち主のお守りなので、他人と共有することや貸し借りをしてはいけません。持っていない場合は、そのまま数珠なしで合掌してください。

数珠を置いたままにしない・・・葬儀や法要などで席をはずすとき、椅子の上や机の上に置いたままにするのはマナー違反です。バッグに入れるか、ポケットなどに入れて席を外します。

 

数珠の色はどんな色がいいの?

 

f:id:mikasako176:20210817113612j:plain

数珠は自分専用の物を持つようにしましょう。

自分の宗派では本式数珠を使い、他の宗派の行事に参列するときは略式数珠を使う方がいますが、本式数珠を持たず略式数珠だけでも良いとされています。

数珠の珠の材質には、青虎眼石、翡翠琥珀、ブラックオニクス、七宝などがありますが、女性に人気なのは水晶、マネジスト、ローズクォーツなどです。

色に関しては特に決まりはないので、お好みの色を選択できます。

一般的には、男性は黒、茶系を選びますが、女性はピンクや透明感のある明るい色を好むようです。