探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

ホームヘルパーの仕事内容は?ヘルパー資格なしでできることは?

f:id:mikasako176:20220218200743j:plain

ホームヘルパーとは通称で、正式名称は「訪問介護員」であり、利用者の自宅で日常生活を援助する介護スタッフのことを言います。

よく介護関係の求人募集で、「ホームヘルパー資格者」や「ホームヘルパー資格なしでも可」などと書かれているので、見かけたことはあると思います。

今回は、ホームヘルパーホームヘルパーの資格なしの場合の仕事内容や違いなどを解説します。ホームヘルパーに興味のある方は、参考にしてくださいね。

 

ホームヘルパーの資格とは?

 

f:id:mikasako176:20220218200816j:plain

ホームヘルパーになるには、「介護職員初任者研修」の受講と筆記試験に合格することが最低限必要です。

・介護職員初任者研修・・・厚労省定めるカリキュラム(130時間の基礎知識・倫理・実務)を終了し、筆記試験に合格すると取得できます。受験資格は、経験者、未経験者は問いません。以前のホームヘルパー2級(2013年に廃止)に相当しますが、心と身体の仕組み、認知症や生活支援技術などについても学ぶので、より実践的な資格になっています。この資格は、ホームヘルパーだけではなく、介護職全般の資格になるので、介護職関係の仕事をしたい場合には、取得することをおすすめします。

 

また、必ず持っていなければならない資格ではありませんが、ホームヘルパーを続ける上で、役に立つ資格には次のものがあります。

・実務者研修・・・介護職員初任者研修の上位資格で、以前のホームヘルパー1級(2013年に廃止)に相当します。ホームヘルパー介護福祉士を目指すためには、必要となる資格です。介護実務の経験が無い方は全450時間、介護職員初任者研修修了者は全320時間の講義受講が条件です。

介護福祉士・・・介護関係の資格で唯一の国家資格です。主な仕事内容は、「身体介助」「生活援助」のほか、利用者の家族に対して介護のアドバイスや介護用具の指導、ヘルパーへの指導、助言をすることです。ホームヘルパーの方が介護福祉士の受験をする場合は、「3年間の実務経験」と「実務研修の修了証」が必要です。介護福祉士の受験資格については次を参考にしてください。

公)社会福祉振興・試験センター

公式HP:http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

 

ホームヘルパーの仕事内容は?

 

f:id:mikasako176:20220218201005j:plain



ホームヘルパーは施設での介護ではなく、利用者の自宅へ訪問して、次のような身体介助や生活介助を行います。

①身体介助・・・食事・服薬・排泄介助、入浴・清拭・身体整容、体位変換・移動・ベッドから車椅子への移乗・外出介助、起床・就寝介助、見守り的援助やそのための準備や後片付けがあり、利用者の身体に直接触れる介助です。

②生活援助・・・掃除、衣類の洗濯、衣類の整理・調理、食器洗いや後片付け、買い物代行、薬の受け取り、ゴミ出し、ベッドメーク、シーツの交換など体に直接触れない範囲の介助です。料理は介護の一端とした流動食などの調理であり、一般的な料理ではありません。

③通院介助・・・徒歩、車椅子、公共交通機関介護タクシーなどで通院する場合の乗降介助や付き添い、受診等の手続を行います。交通機関の料金は利用者の自己負担になります。また病院内の介助は、病院スタッフが対応するのが基本なので、ホームヘルパーの仕事として認められるのは、病院スタッフが対応できない場合で、認知症などで常に見守る介助が必要なときなどがあります。

 

ホームヘルパーの資格を持っていない人の仕事内容は?

 

f:id:mikasako176:20220218201151j:plain

求人案内で、未経験者やホームヘルパー資格なしでもOKという募集を見ることがありますが、どんな仕事なのでしょうか。

基本的にホームヘルパーとして訪問介護するには、最低でも介護職員初任者研修の資格を持っていないと、直接利用者の身体に触れることはできません。

ただし、身体に直接触れることが無い仕事であれば、ホームヘルパーの介護助手や補助員として働くことができます。

ホームヘルパーの資格が無くてもできる主な仕事は次のとおりです。

①身体介護・・・ホームヘルパーが行う訪問先では、直接利用者の身体に触れる介助を行えませんが、介助助手として身体介護の準備や後片付けはできます。また訪問介護ではなく、施設内では介護福祉士の指示に基づいて、身体介護をすることができます。

②生活援助・・・生活援助は利用者の身体に直接触れることがないので、ほとんどのことを資格がない人も行うことができます。資格を持っていない人が行う仕事は、生活援助が中心となります。

また、ディサービスなどで利用者の送迎など自動車の運転は、普通免許があればよいので、介護関係の資格は必要ありません。

 

始めは無資格でホームヘルパーの助手を行っている方が、さらに介護を幅広く行いたいと思ったときは、介護職員初任者研修を受講しましょう。

ホームヘルパーとして、身体介護など業務内容が大幅に広がりますよ。