探してみよう!知りたい情報!

ちょっと気になることや知りたい情報を調べてみよう!野幌森林公園のお話もあります!

試験の応援メッセージにはこの一言!励ましのおすすめメール例文は?

f:id:mikasako176:20220301171539j:plain

試験の応援メッセージの相手は、高校・大学の受験生に対するものが多いと思います。

しかし、社会人になってからもビジネス上必要な資格試験があり、またもや試験のプレッシャーが訪れることがあります。

社会人になってからの資格試験に備えて、勉強中の同僚や親しい友人などにも、応援メールを送って励ましたいですよね。

そこで応援メッセージについての例文と、相手によって使うことを避けた方がよい言葉をご紹介します。

 

試験の応援メッセージで心掛けることは?

 

f:id:mikasako176:20220301171747j:plain

応援メッセージには、特に気の利いた言葉を使いたいとか、オリジナリティな内容にしたいなどの考えは基本的に必要ありません。

受験者は勉強に集中しているので、他人からの言葉を深く考えないことが多いのです。

応援する方も自己満足するだけで、肝心の応援する気持ちが伝わらなければ何もなりません。

応援メッセージで心掛けることは、

①プレッシャーをかけないようにしましょう。

②不安な気持ちを和らげるようにしましょう。

③ストレスにならない言葉を選びましょう。

④リラックスできる内容にしましょう。

⑤応援している素直な気持ちが伝わる内容にしましょう。

 

応援メッセージ、励ましのメール例文は?

 

f:id:mikasako176:20220301171929j:plain

①努力してきた成果を発揮してください。応援しています・・・あなたが努力している姿をちゃんと見ていましたと気持ちを伝えます。

②努力してきたことは、あなたのスキルになります・・・試験のために勉強してきたことは、自分のスキルアップになるということです。

③落ち着いて実力を発揮するよう、試験のときはリラックスです・・・不安な気持ちを落ち着かせましょう。

④お守り買って、カツ丼食べた?神に祈って本番で実力発揮です!・・・親しい友人なら、軽いジョークでリラックスしてもらいましょう。

⑤目の前の壁は、君なら乗り越えられるはず、応援しているよ・・・実力発揮してほしいという気持ちを伝えます。

⑥受験者はみんな不安があります。落ち着いてスキルアップを目指しましょう・・・不安があるのはあたなだけではないことを伝え、落ち着かせることです。

⑦受験勉強お疲れ様です。頑張りすぎて身体を壊さないよう気を付けてください・・・身体の心配をしていることを伝えます。労わりと健康第一を伝えてください。

⑧今まで努力してきた成果を発揮してください・・・努力してきたことを知っているという内容です。

 

応援メッセージで使わない方がよい言葉は?

 

f:id:mikasako176:20220301172123j:plain

応援する本人は、悪気がなく単純に応援しているつもりですが、人によっては焦ることや余計にプレッシャーを感じることがある言葉です。

ほとんどの受験者は大丈夫だと思いますが、できれば別の言葉で応援した方がよいかもしれません。

①やる気を出して頑張ろう・・・勉強で疲れているに、追い打ちをかけるようで、余計疲れます。

②頑張れば頑張るほど目標に近づくよ・・・これ以上どう頑張ればいいのと思ってしまいます。

③君ならあんな試験一発だよ・・・他人ごとだと思って無責任な言葉と感じます。

④あなたの実力なら大丈夫・・・褒めているつもりでも、合否はわかりません。中には落ちたら恥ずかしいと思う人もいます。

⑤必ず受かる・・・結果は誰にもわからないのに根拠のない言葉です。プレッシャーが増してしまいます。合否に関わる言葉は使わない方がよいでしょう。

⑥大丈夫だから心配しないでいいよ・・・何が大丈夫かわかりません。不安が増してプレッシャーになり実力を発揮できないこともあります。

⑦絶対受かる・・・これも確証のない言葉の代表です。逆に負担になってしまいます。